日本の人事部「HRカンファレンス2016-秋-」 人の採用・育成・マネジメントに携わる皆さまが集う、日本最大のHRイベント
2016年11月15日(火)・16日(水)・17日(木)・18日(金)開催 [会場]大手町サンケイプラザ [後援]厚生労働省

講演者インタビュー

日本の人事部「HRカンファレンス2016-秋-」トップ講演者インタビュー> 高橋 偉一郎氏(株式会社バークレーヴァウチャーズ 営業部長)インタビュー

講演者インタビュー一覧

従業員満足度向上へのアプローチ
コミットメントを高め、不満足要素を最小化する方法

高橋 偉一郎氏 photo

株式会社バークレーヴァウチャーズ 営業部長

高橋 偉一郎氏

社員を取り巻く生活環境や価値観・就労観が大きく変化する中で、継続的な人材確保のため、従業員満足度の重要性は高まっています。ただ、「人」そのものへの施策だけではなく「風土改革」への取組みも必要です。
本講演では満足度に関する要素を2つの視点(動機づけと衛生要因)に分け、海外事例や、意外と見落としがちなキーポイントと共に、改善のための必要なアプローチをお伝えします。

―― 今回の講演のポイントについて、お聞かせください。

社員を取り巻く生活環境や価値観・就労観が大きく変化する中で、企業が継続的に人材を確保していくために、従業員満足度の向上や愛社精神を育んでいくことの重要性が高まっています。

従業員満足度や愛社精神を向上させるには、「人」に対する施策だけではなく、「風土改革」に関する取組みも必要です。本講演では、満足度に関する要素を二つの視点(動機づけと衛生要因)に分け、海外事例や意外と見落としがちなキーポイントと共に、風土改革に必要なアプローチについてお話しします。特に、多くの従業員が日々感じている就業時間内でのストレスや、会社・仕事に対する不満要素を、いかに予防的なアプローチで最小化していくか、企業の立場に立って考えていきます。

企業の人事・総務ご担当者にとっては、これらの人事課題にまつわるさまざまな施策を、いかにシンプルに、高い費用対効果で推進していくかもポイントになると思います。今回の講演では、従業員の皆さまに対するメリットもカバーしつつ、企業、人事・総務ご担当者からの視点から、どのようなアプローチが費用対効果として高いのかについても、触れたいと考えています。

―― 貴社の強みや特徴について、お聞かせください。

バークレーヴァウチャーズは、フランスに本社を置くEdenred(エデンレッド)社 の完全子会社・日本支社として、福利厚生用の食事補助ソリューション『チケットレストラン』を発行代行している会社です。2000社を超える導入顧客に支えられて運用してきた約30年のノウハウ、世界42ヵ国で展開している実績をもとに、就業中の食事補助のソリューションをご提供しています。

チケットレストランは地域・性別・職種に関係なく、全ての従業員が公平に利用でき、その利用率は99%以上を誇っています。さらに税制優遇もあり、企業・従業員の双方にメリットがある、お得なソリューションです。

このような画期的なソリューションにより、多くの導入企業が従業員満足度の向上に成功するなど、人事・総務の課題を解決するためのサポートを行っています。

―― 講演に向けての抱負や、参加される皆さまへのメッセージをお願いします。

人に対する、仕事に対する、働き方に対する「考え方」がダイナミックに多様化する近年、人事・総務の課題も、これまでのオーソドックスな施策では対応が難しいケースが増えてきました。

企業が直接従業員にしてあげられることとは何か――。本講演が、流行のキーワードに惑わされることなく、考え直してみる機会になればと考えています。

従業員と企業の関係性を見直す際は、どのようにして、日々、愛社精神を育んでいくのかが重要になってきます。人事・総務ご担当者の方々の従業員に対する、「何かしてあげたい」という思いを具現化するきっかけになればと思っています。

  • この記事をシェア
講演者プロフィール
高橋 偉一郎氏(たかはし いいちろう)
株式会社バークレーヴァウチャーズ 営業部長
外資系半導体会社、通信機器向けソフトウェア会社にて事業開発、マーケティング、営業に携わった後、大手外資系オンラインショッピング企業において、国内のギフト券事業を統括。その後バークレーヴァウチャーズ(Edenred Japan)に入社し、日本国内における福利厚生向け食事補助ソリューションの営業を統括。

「日本の人事部」「HRカンファレンス」「HRアワード」は、すべて株式会社アイ・キューの登録商標です。
当社はプライバシーマーク取得事業者です。類似のサービスやイベントとの混同にご注意ください。

pagetop