日本の人事部「HRカンファレンス2018 -秋-[東京]」 人の採用・育成・マネジメントに携わる皆さまが集う、日本最大のHRイベント
2018年11月13日(火)・14日(水)・15日(木)・16日(金)開催 [主催]『日本の人事部』(株式会社アイ・キュー)
[後援]厚生労働省 経済産業省(予定) [会場]大手町サンケイプラザ

講演者インタビュー

日本の人事部「HRカンファレンス2018-秋-[東京]」トップ講演者インタビュー> 辻 達諭氏(L&Cトレーニング株式会社 代表取締役)インタビュー

講演者インタビュー一覧

多様性や異なる価値観に直面する職場。効果的なリーダーシップに必要なスキルとは?

辻 達諭氏 photo

L&Cトレーニング株式会社 代表取締役

辻 達諭氏

部下を励ませばパワハラに。傾聴すればストレスに。マネジャーが板挟みに悩み、苦労する姿を見て管理職やリーダーになりたがらない若手層。多様性を増し、混沌とする職場や対立にうまく対処するにはどうするか? 多様な人材、異なる価値観のメンバーと人間関係を築くスキルは効果的リーダーシップに欠かせません。国内だけでなく、海外でも通用するスキルを身につける研修プログラムをご紹介します。

―― 今回の講演のポイントについて、お聞かせください。

今回の講演の前半は、正解のない時代のリーダーシップに欠かせない「考え方」への変化を体感するゲームをご紹介します。後半では、そういった考え方を影響力として発揮する「具体的方法」についてご紹介します。

子供のころからネットワークがある世代のコミュニケーション。グローバリゼーションによる多様な人材の存在。中高年世代と若いマネジャーの関係、女性管理職の増加などなど、「話せばわかる」「共通の価値観」に適した日本のリーダーシップスタイル、マネジメントのあり方は通用しなくなっています。社会状況、会社の置かれた状況も従来とはまったく異なってきています。

次々とニュースになるハラスメント問題はそういった変化の一端でしかありません。多くの人は、「考え方」「あり方」を変え、すでに実践されているでしょう。しかし、そのように「わかっている」人でもハラスメント問題に巻き込まれることが起きています。社内、社会で起きているこれらの問題をよく見ていくと、当事者が具体的にどのような「言葉」を発したかが要因になっています。

「考え方」の研修も必要ですが、具体的な言動の訓練も必要なのです。特に、多様な人材、異なる価値観のメンバーと人間関係を築く「心理的安全性」を生み出すコミュニケーションスキルは「考え方」だけで「できる」ようにはなりません。「考え方」と「具体的方法」の両輪を身につける機会が必要なのです。

―― 貴社の強みや特徴について、お聞かせください。

弊社名のL&Cとはリーダーシップとコミュニケーションです。それらを効果的に実践するためのトレーニングを提供する会社としてL&Cトレーニングと掲げました。
 「リーダーシップはトレーニングすれば誰でも身につけられます」
 「コミュニケーションはトレーニングしないと誰も身につけられません」

若手から役員クラスまで効果的なリーダーシップ、影響力を発揮するコミュニケーションのトレーニングを提供しています。多様な人材とのかかわり方、価値観の異なる部下・メンバーとのかかわり方、また課題に部下・メンバーを巻き込む方法のトレーニング、実践経験が豊富です。対人スキルを苦手とするエンジニアの参加者にも納得いただいているプログラムをご提案しています。
効果的なリーダーシップに必要な「考え方」にとどまらず「聞く」「話す」「話し合う」トータルなコミュニケーションの「具体的方法」の提供が弊社の強みです。

―― 講演に向けての抱負や、参加される皆さまへのメッセージをお願いします。

 「知る」「わかる」と「できる」の間に大きな差があるのが、リーダーシップ、コミュニケーションです。特に、効果的な方法は、ほとんどの人の場合、普段とは異なる方法にチャレンジしなければならず、当初はおぼつかない状況が続きます。まるでテニスやゴルフの動作を覚えるように繰り返しが必要なのです。効果のある方法が身に着けば良いのですが、繰り返しの中で勘ちがいや「自己流」に陥ることも起こります。

今回の2時間の講演は、何が効果的なのか、どんな勘ちがいや「自己流」があるのか、何が「最小限」必要なのか、全体像をご理解いただくことをゴールとしています。

  • この記事をシェア
講演者インタビュー一覧へ
講演者プロフィール
辻 達諭氏(つじ たつや)
L&Cトレーニング株式会社 代表取締役
ソニーの半導体子会社の人事課長として人事・人材育成を担当。退職後「L&Cトレーニング株式会社」設立。

「日本の人事部」「HRカンファレンス」「HRアワード」は、すべて株式会社アイ・キューの登録商標です。
当社はプライバシーマーク取得事業者です。類似のサービスやイベントとの混同にご注意ください。

pagetop