日本の人事部「HRカンファレンス2018 -秋-[東京]」 人の採用・育成・マネジメントに携わる皆さまが集う、日本最大のHRイベント
2018年11月13日(火)・14日(水)・15日(木)・16日(金)開催 [主催]『日本の人事部』(株式会社アイ・キュー)
[後援]厚生労働省 経済産業省 [会場]大手町サンケイプラザ

講演者インタビュー

日本の人事部「HRカンファレンス2018-秋-[東京]」トップ講演者インタビュー> 吉井 しのぶ氏(株式会社インターネットインフィニティー 介護相談チーム)インタビュー

講演者インタビュー一覧

突然の介護離職、どう防ぐ? ~取組み企業の事例からみる「仕事と介護の両立支援」~

吉井 しのぶ氏 photo

株式会社インターネットインフィニティー 介護相談チーム

吉井 しのぶ氏

突然の「介護離職」、その原因の一つは、事前の準備不足にあります。いざ介護が始まった時、何から始めたらよいか分からず、一人で抱え込んでしまった結果、耐え切れず介護離職してしまうケースが多く見受けられます。本講演では、突然の介護離職を防ぐため、仕事と介護の両立支援に取り組む企業の事例をもとに、企業として従業員へ事前に周知しておくべき介護のポイントをお伝えいたします。

―― 今回の講演のポイントについて、お聞かせください。

介護は育児と異なり、「突然始まり、終わりが見えない」という特徴があります。また、介護保険制度のしくみは煩雑で、事前に情報を得ていないと、いざというとき、何から始めればよいかすらもわかりません。その結果、介護の負担を一人で抱え込んでしまい、「介護離職」せざるを得ない人が出てくるのです。

「介護離職」を防ぐためには、企業から従業員へ向けて事前の情報発信が大切です。本講演では、介護に直面した従業員を支えるため、自社制度をどう整備しておくか、また、従業員へ向けてどのような方法で情報発信を行っていくかを、仕事と介護の両立支援に力を入れている企業の取り組み事例をもとに解説いたします。

また、そうした企業の従業員がどのように自社の制度やサービスを活用して両立しているかについても、あわせて紹介いたします。

―― 貴社の強みや特徴について、お聞かせください。

医療や介護に頼らず、いつまでも健康に年齢を重ねることができる社会へ。インターネットインフィニティーは、健康寿命を延伸する社会の実現に向け、さまざまな事業を展開してきました。だからこそ、介護をしながら仕事を続ける従業員をサポートするための多様なサービスを、企業・団体に対して提案することができます。

「従業員には介護と両立しながら仕事を続けてほしい」。私たちは、そんな企業・団体の声にお応えします。特に、私たちのサービス「介護コンシェルジュ」では、介護状況の変化に応じて長期的にご相談をいただくことが多いため、お困りごとに対して単なる相談・アドバイスではなく、介護現場の情報を活用した専門的な視点から相談者のニーズ(潜在的なものも含め)に合わせた課題解決のための支援を行っております。可能な限り、相談者の介護にかかわる負担を私たちが代行することで、仕事と介護の両立支援を目指しています。

―― 講演に向けての抱負や、参加される皆さまへのメッセージをお願いします。

繰り返しになりますが、介護は「事前の準備」が大切です。とはいえ、実際に介護の経験がないと、やはり「ひとごと」と感じてしまいがちです。しかし、少子高齢社会において仕事をしながら介護をするというのは誰にでも起こりうることで、こうした準備不足による突然の介護離職を防ぐためには、従業員に介護への「当事者」意識をもっていただく必要があります。また、企業としても積極的に情報提供の機会を作り、従業員へ自覚をうながすことが大切になります。

本講演での企業の取り組み事例の紹介を通じて、みなさまの今後の仕事と介護の両立支援への取り組みにお役立ていただければ幸いです。

  • この記事をシェア
講演者インタビュー一覧へ
講演者プロフィール
吉井 しのぶ氏(よしい しのぶ)
株式会社インターネットインフィニティー 介護相談チーム
慶應義塾大学を卒業後、介護福祉士を取得後に介護支援専門員を取得。現役のケアマネジャーとして働きつつ、仕事と介護の両立を支援するため、大手企業の従業員向け介護セミナーにて講師を務める。また、介護コンシェルジュとしても活躍。従業員の介護に関する悩みに対し、自身の現場経験を活かした個別相談も担当。

「日本の人事部」「HRカンファレンス」「HRアワード」は、すべて株式会社アイ・キューの登録商標です。
当社はプライバシーマーク取得事業者です。類似のサービスやイベントとの混同にご注意ください。

pagetop