• トップ
  • 開催概要
  • プログラム
  • 講演者インタビュー
  • 交流ラウンジ
  • アクセス
  • 前回の様子

講演者インタビュー

講演者インタビュー一覧

わかりやすく、楽しく、夢中になる!ゲームメソッドを活用した研修プログラムとは

株式会社ノビテク 代表取締役

大林 伸安氏

バンダイナムコゲームスが持つ科学的な知見(ゲームメソッド)を従来の研修プログラムに有機的に融合させ、従来の研修をさらに「覚えやすく」「集中できる」ものにしました。ビジネスマナー研修、リーダー研修、財務研修など、研修の構築・見直し、社内講師用のツールなどをお探しのご担当者様に、ゲームメソッドを活用したツールを体験していただけるワークショップです。皆様のご参加をお待ちしております。


ゲームメソッドを採り入れた研修ツールや、
受講者を夢中にさせる仕掛けを実際に体験

―― 今回の講演のポイントについて、お聞かせください。

大林:研修を実施・運営する際、参加者(受講者)の取り組み意欲や集中度合いによって、同じカリキュラムでも研修効果は大きく異なります。教育研修のご担当者様は、どうすれば受講者が研修に集中し、意欲的に取り組み、研修効果が高まるかを常に試行錯誤されているかと存じます。これまで数多くの企業研修を実施してきた研修会社の知見(受講者を集中させて学習を促進させるノウハウ)に加えて、バンダイナムコゲームスが持つ科学的な知見(人間工学・認知科学・発達心理学・医学分野で、研究者や大学などの研究機関との長年にわたる共同研究によって得られたノウハウ=【ゲームメソッド】)を、従来の研修プログラムに有機的に融合させました。

このゲームメソッドには「使いやすくする」「わかりやすくする」「楽しくする」「夢中にする」「とっつきやすくする」ための仕掛けが詰まっており、従来の研修をさらに「現場で使いやすく」「覚えやすく」「能動的姿勢になり」「集中できる」ものにすることを実現いたしました。

本ワークショップでは、各種研修で使用されているゲームメソッドを採り入れた研修ツールや受講者を夢中にさせる仕掛けの一部を実際にご体験いただき、その効果を実感していただきます。研修構築や見直し、また社内講師用のツールをお探しのご担当者様は、ぜひ参考にしていただければと存じます。

―― 貴社の強みや特徴について、お聞かせください。

大林:ノビテクが数多くのお客様から選ばれ、バンダイナムコゲームスが共同開発パートナーとして選ばれた理由(強みや特徴)は、以下の3点です。

1)研修実績と講師力
日本一大きな研修実施プロジェクトを運営した実績をはじめ、大規模研修から個別ニーズに応じた研修まで対応可能なノウハウと講師力を評価いただいております。
2)新たなものに挑戦する姿勢と柔軟性
現場や経営層を巻き込んだリフレクションラーニング型リーダーシップ開発、ドラマ仕立ての映像を活用したCS力向上プログラム、階層(横軸)の研修に階層を越えた(縦軸)要素を入れたトレーナー&トレーニー合同研修など、研修効果を高めるための研修を柔軟に企画しています。
3)「仕事を楽しく、研修も楽しく」という基本姿勢
楽しい=「らく」という考えではなく、達成感や成長感、メンバーとの一体感を通じて感じられる「楽しさ」を追求しています。

―― 講演に向けての抱負や、参加される皆さまへのメッセージをお願いします。

大林:脳器官の中で記憶をつかさどる海馬は、面白さや楽しさを感じたり、物事に夢中になったりすることで開くと言われています。記憶に残り効果を持続させるためには、海馬が開くような研修プログラムを構築・運営することがとても重要だと考えます。本ワークショップでは、その海馬を開かせるためのゲームメソッドを活用したツールや仕掛けを実際に体験していただきます。これから自社の研修を構築・改定する、研修効果を上げたい、社内講師として効果的なファシリテーションをしたいとお考えのご担当者様のご参加をお待ちいたしております。

講演者プロフィール
株式会社ノビテク
代表取締役
大林 伸安氏(おおばやし・のぶやす)
日本最大規模の研修実施プロジェクトを講師側総責任者としてプロデュースし完遂させた実績を持つ研修のトータルプロデューサー。講師としても大手企業を中心に100社以上、経営幹部から新入社員まで何万人もの研修実績がある。仕事が楽しくできる組織づくりと仕事を楽しくできる人材育成に取り組んでいる。

本カンファレンスに関するお問合せ
  • 日本の人事部「HRカンファレンス」事務局
  • 〒107-0061東京都港区北青山2-7-9 日昭ビル 7F
  • E-mail:hrc@jinjibu.jp