日本の人事部「HRカンファレンス2018-秋-」 人の採用・育成・マネジメントに携わる皆さまが集う、日本最大のHRイベント
2018年11月21日(水)・22日(木)開催 [主催]『日本の人事部』(株式会社アイ・キュー)
[後援]厚生労働省 経済産業省 [会場]グランフロント大阪

プログラム

選択してください
<11/22(木)>
11/22(木)
10:00 -
11:00
特別講演[OSC-1] 受付終了

ダイバシティマネジメントの指針としての適応力診断活用
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

ダイバシティマネジメントが重要になる一方で「職場で想定以上のコンフリクトが起きている」という声をよく聞きます。弊社ではこのような課題を解決するための「環境変化への適応力診断」をご提案しています。この診断では感情の適応を測定し、改善できることが大きな特徴です。本講演では、単なる商品のご説明だけでなく、実務での課題解決につながる適応力を向上させる方法についてもご紹介いたします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

●D&Iの取り組みが形骸化している
●ダイバシティマネジメントについて定量的に把握したい
●組織の環境変化への適応力を高める手法を知りたい


コベルコ・キャリア・ディベロップメント株式会社 営業部 研修コンサルティング室 

板東 徹氏

【板東 徹氏プロフィール】
(ばんどう とおる)2008年コベルコ・キャリア・ディベロップメントに入社。神戸製鋼グループを主要顧客とし、人材育成コンサルティングを業務とする。階層別教育、職能別教育、事業所毎の育成計画、ライン、スタッフ別の教育などの、企業に必要な育成体系の総合的な企画提案を行っている。
11/22(木)
10:00 -
11:00
特別講演[OSC-3] 受付終了

管理職・人事に必要な知識
障がい者雇用「定着・活躍」のための「4つのポイント」
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

障がい者の法定雇用率が上昇する中、企業は自社の成長とともに雇用拡大が求められる一方、
人材活用が思うように進まないというジレンマに陥ってしまうという課題も多く聞かれます。
また働く障がい者も、評価や処遇に対する不満を抱えて離職するケースが見られます。
これからの障がい者雇用において、企業や人事はいかにして「定着と活躍」を実現するか?
本講演ではそのポイントをお伝えします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

●障がい者を受け入れる職場環境や意識を醸成したい
●企業成長につながる障がい者雇用を行いたい


パーソルチャレンジ株式会社 事業推進部 ゼネラルマネジャー

大濱 徹氏

【大濱 徹氏プロフィール】
(おおはま あきら)パーソルキャリアへ入社後、障がい者の人材紹介サービス「DODAチャレンジ」に参画。2013年より、同サービスの責任者。のべ1,500社以上の採用支援と雇用アドバイザリー業務に従事。現在は、パーソルグループで障がい者雇用支援事業を展開する、パーソルチャレンジの事業企画やマーケティング業務を担当。
11/22(木)
13:30 -
14:30
特別講演[OSD-1] 受付終了

仕事と介護の両立支援のいま~介護離職0に向けて、企業ができる事前対策とは~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

いま、従業員が介護を理由に退職しているケースが年々増加しており、企業にとって大きな課題となっています。企業の経営者や人事が、従業員に「仕事と介護を両立」しながら安心して働いてもらうためには、事前の準備と両立できる雇用環境の整備、従業員の状況に応じた支援に取り組むことが重要です。本講演では個々の実情に応じた「介護支援プラン」の策定方法と重要性について解説します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

●介護離職のリスクが高い40~50代の社員が多い
●自社における介護両立支援策の定義づくりに悩んでいる


株式会社パソナ 育児・介護支援プロジェクト事務局(厚生労働省委託事業)/中央介護プランナー

継枝 綾子氏

【継枝 綾子氏プロフィール】
(つぐえだ あやこ)2000年から12年間、介護支援専門員・主任介護支援専門員として多くの高齢者のケアプランを作成。現在は、官公庁より介護関連の研修や就労支援研修を受託し介護講師として従事。その他、仕事と介護の両立支援サービスの新規事業にも関わり、企業向け仕事と介護の両立セミナーの講師や介護相談デスクの窓口も兼務。

※プログラムは予告なく内容などを変更することがございますので、予めご了承ください。

「日本の人事部」「HRカンファレンス」「HRアワード」は、すべて株式会社アイ・キューの登録商標です。
当社はプライバシーマーク取得事業者です。類似のサービスやイベントとの混同にご注意ください。