日本の人事部「HRカンファレンス2017-秋-」 人の採用・育成・マネジメントに携わる皆さまが集う、日本最大のHRイベント
2017年11月20日(月)・21日(火)開催 [主催]『日本の人事部』(株式会社アイ・キュー)
[後援]厚生労働省 経済産業省 [会場]ブリーゼプラザ

プログラム

選択してください
<11/21(火)>
11/21(火)
11:10 -
12:20
基調講演[OC] 受付中

人事が知るべき「生産性向上」と「イノベーション」

グローバル競争を乗り切るための人材育成、働き方改革の推進など、人事が解決しなければならない課題は増える一方です。先の見えない状況を乗り越えていくために、人事は今、何をすべきなのでしょうか。イノベーション研究の第一人者である米倉誠一郎氏が「イノベーション」「生産性向上」をキーワードに、その解決策について語ります。

【この講演に期待できること】

●イノベーション研究の第一人者である米倉氏がイノベーションの類型について語る
●「イノベーション」と「生産性向上」の関連性がわかる


法政大学大学院イノベーション・マネジメント研究科 教授/一橋大学イノベーション研究センター 特任教授

米倉 誠一郎氏

【米倉 誠一郎氏プロフィール】
(よねくら せいいちろう)1981年、一橋大学大学院社会学研究科修士課程修了後、ハーバード大学にてPh.D.(歴史学)を取得。1997 年〜2017年一橋大学イノベーション研究センター教授。1999年~2001年、2008年~2012年3月同センター長。2012年3月よりプレトリア大学ビジネススクール (GIBS) 日本研究センター所長を兼務。2017年4月より法政大学教授。現在、法政大学の他に、Japan-Somaliland Open University 学長も務め、2001年より『一橋ビジネスレビュー』編集委員長を兼任している。イノベーションを核とした企業の経営戦略と発展プロセス、組織の史的研究を専門とし、多くの経営者から熱い支持を受けている。著書は、『創発的破壊 未来をつくるイノベーション』(ミシマ社)、『脱カリスマ時代のリーダー論』(NTT出版)、『経営革命の構造』(岩波新書)、『2枚目の名刺 未来を変える働き方』(講談社)『イノベーターたちの日本史:近代日本の創造的対応』(東洋経済新報社)など多数。

※プログラムは予告なく内容などを変更することがございますので、予めご了承ください。

参加お申込み

※一次募集期間(10/18(水)まで)は、一部の方を除き4講演まで申し込むことができます。
※一次募集期間終了後、お申し込み状況をふまえ、席数等の調整を行った上で、10/23(月)から二次募集を開始いたします。
※既に『日本の人事部』に会員登録されている方は、必ずログインの上、お申し込みください。
※お申し込みが一定数に達した講演は順次受付を締め切ります。

「日本の人事部」「HRカンファレンス」「HRアワード」は、すべて株式会社アイ・キューの登録商標です。
当社はプライバシーマーク取得事業者です。類似のサービスやイベントとの混同にご注意ください。