日本の人事部「HRカンファレンス2018 -秋-[東京]」 人の採用・育成・マネジメントに携わる皆さまが集う、日本最大のHRイベント
2018年11月13日(火)・14日(水)・15日(木)・16日(金)開催 [主催]『日本の人事部』(株式会社アイ・キュー)
[後援]厚生労働省 経済産業省(予定) [会場]大手町サンケイプラザ

プログラム

受付状況
日付

ジャンル

スタイル
フリーワード
<11/13(火)>
11/13(火)
13:00 -
14:00
特別講演[B-4] 受付中

競争が激化するグローバル市場で勝ち抜く人材とは

世界で戦える能力を擁した人材の育成が追い付かず、グローバル人材の育成に成功した日本企業はそれほど多くはありません。日経FTラーニング社の日本代表・坂東治忠が、日本企業が抱えるグローバル人材育成の課題や英語教育の問題点、今後の日経FTラーニング社の展開などを通して、世界市場で勝つための新しいグローバル人材開発(手法)について講演いたします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

●海外展開を見越した自社の人材育成モデルを構築したい


日経FTラーニング 日本代表

坂東 治忠氏

【坂東 治忠氏プロフィール】
(ばんどう はるただ)大手総合商社に入社後、大手外資系日本法人代表や数々の外資系IT/ソフトウェアベンダーにおける要職を歴任。 米国タレントマネジメントソリューションの大手コーナーストーンオンデマンド社の日本法人社長を経て、KPMGコンサルティングの人事コンサルティング部門ディレクターに就任。 現職に至る。
11/13(火)
13:00 -
14:00
特別講演[B-7] 受付中

最新のトレンドから考える アルバイト採用を成功させるためにできること

有効求人倍率もバブル期以来の高水準となり、アルバイト採用も一層困難な時代に突入しています。このような環境の中で人事の方は、どんなことに取り組めばいいのでしょうか? 当日は歩留まりの改善にフォーカスを当て、最新の採用トレンドや、事例・数値などをまじえながら、アルバイト採用を成功させるためにできることをお伝えします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

●アルバイト採用の最新トレンドをつかみたい
●アルバイト募集における歩留まりの改善に困っている


株式会社エスプール 採用支援事業部 営業第1グループ グループ長

原 慎之介氏

【原 慎之介氏プロフィール】
(はら しんのすけ)大学を卒業後、株式会社エスプールに入社。当時新規事業であった採用支援事業部に配属となり、一年目から圧倒的な営業成績で新規事業であった『Omusubi』の立ち上げに大きく貢献し、社で最年少管理職となる。現在300社以上のアルバイト領域の採用支援を手がける。
11/13(火)
15:40 -
16:25
HRアワード[AW-1] 受付中

日本の人事部「HRアワード2018」表彰式

日本の人事部「HRアワード」は、人事、人材開発、労務管理などの各分野において、積極的な活動・挑戦を続けている企業人事部やHRビジネス企業、また、人事担当者にとって有益だと評価されている書籍やサービスを表彰することで、人事や人材開発に関わる全ての企業や個人のレベルアップと、人フィールド全体の活性化を実現することを目的としています。
企業の経営者や管理職、採用・育成ビジネスや人事サービスを展開する企業の皆さまによる投票結果を基に各賞を決定する選考方式が「透明性・公平性が高く、信頼できる」と、ご好評の声をいただいている本賞。注目度は年々高まっており、HR関連では最も権威のある賞と言われています。
2018年のHRを代表する顔ぶれがそろう表彰式に、ぜひご参加ください(事前にエントリーが必要です)。

11/13(火)
15:40 -
16:40
特別講演[C-3] 受付中

Disney & USJで学んだ 現場を強くするリーダーの原理原則

人財が育ちにくい。社内がマイナス思考。部下が指示待ち状態になり仕事が回らない。離職率が高く、社員が流動的で定着しない。次世代リーダーが育たない。人財育成の方法がわからない。一つでも当てはまる課題を持っていらっしゃる方は必見です。ディズニーでの教育・育成経験、USJのV字回復時の人財育成・開発の経験を基に、リーダーシップの原理原則をお伝えします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

●リーダー育成の体系を再構築しなければならない
●今の会社の雰囲気に相当な危機感を感じている


コミュニケーションエナジー株式会社 取締役 人財開発トレーニング部 部長

今井 千尋氏

【今井 千尋氏プロフィール】
(いまい ちひろ)小学生の頃の夢「ジャングルクルーズの船長になりたい!」を見事実現し、ディズニーの精神である「夢は願うものではなく叶えるものである」を体得。現在はディズニー、USJでの人財育成・開発の経験を基に、質の高いコミュニケーションや場の大切さを、エンターテインメント性あふれる講義で伝えている。
11/13(火)
15:40 -
16:40
特別講演[C-4] 受付中

“わが社”で活躍する人財を採用する方法

自社で活躍する可能性が高い学生“だけ”がエントリーし、説明会をしても、面接をしても反応がよく、「通したい」と思いやすい。「通過したよ」と伝えると、喜んで次の選考に進んでくれる。内定も出やすいし、内定承諾もしやすい……。こんな選考をしたいですか? 新卒採用ではなく、ピンポイントに“自社にとって良い学生”とだけ会う新卒採用手法をご紹介します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

●新卒採用フローを抜本的に見直したい
●採用する現場が疲弊している


株式会社ジェイック 代表取締役社長

佐藤 剛志氏

【佐藤 剛志氏プロフィール】
(さとう たけし)2000年にジェイック代表取締役に就任後、企業向けの教育研修事業を展開。2005年開講の20代の若者向けの教育研修・職業紹介事業「営業カレッジ」は310以上のテレビや新聞に取り上げられる。2016年、企業と学生との「適合度」を軸に採用を支援する「フューチャー・ファインダー」をリリース。
11/13(火)
16:55 -
18:05
特大会場[C] 受付中

人材不足時代の人材戦略

経営環境と戦略が大きく変わる中、こうした変革を乗り切る人材を確保し、活用することが人材マネジメントのミッションとなっています。また働き方改革は、わが国の働き方に大きな変化を要請しています。現在求められているのは、ビジネスリーダーに新たな戦略を担う人材を迅速に供給すること、また、働く人にエンゲージメントと充実した人生の両立を可能にする働き方を提供することです。今回は、こうした役割に向けて必要な人材マネジメントと人事部門の変革を考えます。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

●人材不足時代に人事部には何が求められてるのかを知りたい
●新たな戦略を担う人材を採用・育成したい
●従業員のエンゲージメントを高めたい


学習院大学 経済学部経営学科 教授

守島 基博氏

【守島 基博氏プロフィール】
(もりしま もとひろ)人材論・人材マネジメント論専攻。1980年慶應義塾大学文学部卒業、同大学院社会研究科社会学専攻修士課程修了。86年米国イリノイ大学産業 労使関係研究所博士課程修了。組織行動論・人的資源論でPh.D.を取得後、カナダ国サイモン・フレーザー大学経営学部助教授。90年慶應義塾大学総合政策学部助教授、98年同大大学院経営管理研究科助教授・教授、2001年一橋大学大学院商学研究科教授を経て、2017年4月より現職。主な著書に『人材マネジメント入門』『人材の複雑方程式』『21世紀の“戦略型”人事部』『人事と法の対話』などがある。
<11/14(水)>
11/14(水)
9:30 -
11:30
ワークショップ[WS-5] 受付中

社員の行動に変化をもたらす新スキーム! ~ 目標達成率90%の科学的英語施策

語学学習のモチベーション維持に悩んでいませんか。TOEIC平均190点アップの実績あり、村田製作所、サントリー、ハウス食品(敬称略)などでも成果が出ている「受講者の自発的な学習継続とチームビルディング」をコンセプトにした研修“English Wiz Heart”を用いて、「規模」「場所」「英語力」を問わず、ターゲットとする人材の学習熱を絶やさない秘訣を体感いただきます。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

●昇格要件のスコアをクリアできない社員が多くいるがサポートの施策が打てていない
●対象者はたくさんいるのに予算が限られていて大人数への研修が実施できない
●対象者が各地に点在しているため研修クオリティの担保と工数管理が難しい


株式会社WizWe 代表取締役社長

森谷 幸平氏

【森谷 幸平氏プロフィール】
(もりたに こうへい)早稲田大学卒業、オハイオ大学社会人類学修士、帰国後、大手小売を経て語学系ベンチャーでフィリピン、中国ビジネスを経験。09年株式会社WEICに参画し中国法人立上げ、グローバル人材育成事業役員を経て18年7月にマネジメント・バイアウトによりWEIC語学事業を継承し株式会社WizWeを設立。
11/14(水)
15:40 -
18:00
HRアワード[AW-2] 受付中

「HRアワード2018」受賞者 事例発表会

HR領域において積極的な活動・挑戦を続けている企業人事部や人材ビジネス、人事担当者にとって有益な書籍やサービスなどを表彰する、「HRアワード」。その受賞者がそれぞれの取り組みについてプレゼンテーションを行う、事例発表会を開催いたします。2018年のHRを代表する顔ぶれがそろう本セッションをどうぞお見逃しなく!
※各賞が決定次第、登壇者を決定いたします(6~8名が登壇予定)
※事前エントリーの上、ご参加ください。
※開催中は自由に入退出が可能です。
※席数に限りがあるため、場合によってはお席をご用意できない場合もございます。予めご了承のうえ、ご参加ください。

11/14(水)
15:40 -
16:40
特別講演[F-3] 受付中

部下育成の重要性を理解し、チームで改革を成し遂げるリーダー育成のための研修手法

組織開発、働き方改革にはリーダーの意識改革が最重要課題です。この研修では部下育成の重要性に気づき、価値観の違いを理解する人間力で向き合い、安心安全でやる気の出る会議運営と、決定事項の行動を応援するコーチング、これらを統合した実践的なCAFメソッドによってチームメンバーと信頼関係を築き結果の出せるリーダーを育成します。組織開発で2億円の削減を達成した導入例を交え解説します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

●チーム運用についてのノウハウが社内に言語化して蓄積されていない
●若手やメンバークラスから管理職との人間関係についての相談が多い


コンティニュウ株式会社 代表取締役社長/コーチアプローチファシリテーター連盟 理事長

大山 裕之氏

【大山 裕之氏プロフィール】
(おおやま ひろゆき)パイオニア、カシオ計算機、大前研一のコンサルタント会社を経て、グローバルでの体験から人財育成の本質を発見。この重要性を伝えたく独立。心理学、脳科学にも精通し人間力がベースのコーチアプローチファシリテーションメソッドを開発。2万5千人以上の指導経験から生まれる濃い研修にファンも多い。笑顔の講演が魅力。
11/14(水)
15:40 -
16:40
特別講演[F-4] 受付中

2.5%時代の企業の障がい者雇用の姿とは? 三菱地所グループとの協業とその未来

4月より2.2%となった法定雇用率。3年以内には2.3%への上昇が決定しており、5年後に更に引き上がることが確実視されています。障がい者の安定雇用に向けて、今までの方法にとらわれない総合的な仕組み構築が急務となってます。本講演では、課題に応じた多様な方法で企業の障がい者雇用を実現してきたスタートラインと三菱地所グループ様の成功事例、今後の取り組みをご紹介いたします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

●障がい者雇用のためのノウハウが足りない


三菱地所プロパティマネジメント株式会社 総務部 部長

前田 正之氏

【前田 正之氏プロフィール】
(まえだ まさゆき)三菱地所プロパティマネジメント株式会社にて、オフィスビル運営・管理・受託営業等を担当。現在、総務部として働き方改革を目指し、ICTの推進や社内業務の生産性向上策を立案・実践。

三菱地所株式会社 街ブランド推進部 統括/不動産鑑定士

大谷 典之氏

【大谷 典之氏プロフィール】
(おおたに のりゆき)三菱地所株式会社にて、オフィスビル開発・運営・売却等を担当。現在、丸の内就業者を支援するサービス等を担当。

株式会社スタートライン 取締役

白木 孝一氏

【白木 孝一氏プロフィール】
(しらき こういち)福岡県出身。関西学院大学卒業後、未成熟だった人材サービス業界に可能性を感じベンチャーに就職。マネージャーとして規模拡大に貢献しIPOを経験後、企業の障がい者雇用課題解決、障がい者の職住近接を実現するサテライトオフィス事業を展開するため株式会社スタートラインを創業。セールス、マーケティング担当役員。
11/14(水)
15:40 -
16:40
特別講演[F-5] 受付中

離職率1%のES向上企業事例も学べる ―従業員に選ばれる職場をつくるES経営手法―

人手不足が深刻化していく経営環境の中、人的資源の蓄積と採用力強化を図っていくため、ESをマネジメントしていくことは常識となりつつあります。一方で、ESへの効果的な取り組みがイメージできない、また現在推進しているもののうまくいっていない企業が多いのが実態でもあります。どうすれば成果の出るESマネジメントにつながるのか、ESの専門コンサル会社が事例をもとに解説します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

●従業員および社員満足度アップに繋がる経営戦略を学びたい
●人手不足や採用難への抜本解決に必要な経営手法を学びたい
●ESのサーベイを行っても成果が出ない落とし穴が何かを知りたい


株式会社ヒューマンブレークスルー 代表取締役/ESコンサルタントグループ 代表

志田 貴史氏

【志田 貴史氏プロフィール】
(しだ たかし)上場大手メーカー、経営コンサルタント会社を経て、ESに専門特化したコンサルティング会社を設立すべく、現在の会社を設立。中小企業から大企業まで様々な規模及び業種で豊富なESの支援実績を持つ。主な著書として、『ES経営の鉄則』(中央経済啞社)、『ESで離職率1%を実現する人繰りの技術』(太陽出版)などがある。
11/14(水)
15:40 -
16:40
特別講演[F-6] 受付中

導入1,000社から見えた、採用現場の働き方を変えるWEB面接や採用管理システムの活用法

「応募が少ない」「選考中の離脱が多い」「日程調整に時間がかかっている」等リクルーティングに多くのお悩みを抱えられている人事の方は少なくないと思います。
本講演ではそんなお悩みを解決する方法の一つとして、WEB面接を用いた人事担当者の業務効率化を、導入事例を交えながらご紹介します。採用業務に1つでもお悩みをお持ちの人事の方はぜひお越しください。何かしらのヒントをご提供できると思います。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

●対応すべき採用業務量過多で現場が疲弊している
●採用面接のための人員・時間・場所確保が困難になっている


株式会社ブルーエージェンシー 執行役員

熊本 康孝氏

【熊本 康孝氏プロフィール】
(くまもと やすたか)大学卒業後、株式会社リクルートに入社。主にホットペッパーグルメの法人企画・営業に7年間従事する。その後、経験を生かし2015年5月から現職。現在では事業責任者としてインタビューメーカーの普及に努める。クライアントの人事・採用の課題解決の提案、またWEB・スマホ面接の新たな価値を世の中に創出している。
11/14(水)
16:55 -
18:05
特大会場[F] 受付中

働き方改革、多様性、AI+IoTの時代に求められる「社内コミュニケーション」とは

人材の多様化、フリーアドレスやリモートワークの進展などにより、近年、人々の働き方は大きく変化しました。当然、社内でのコミュニケーションの方法にも変化が見られますが、どのような課題があり、どんな工夫が求められているのでしょうか。日本の人事リーダーを代表するカルビー・武田氏、カゴメ・有沢氏を迎え、キャリアカウンセリングの第一人者である宮城氏の司会で、コミュニケーションによる組織活性化のポイントに迫ります。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

●職場でのコミュニケーションがうまくいっていない
●多様な働き方をしている社員をいかにマネジメントすればいいのか悩んでいる
●従業員同士のコミュニケーションを通じて組織活性化を実現したい


カルビー株式会社 執行役員 人事総務本部 本部長

武田 雅子氏

【武田 雅子氏プロフィール】
(たけだ まさこ)1968年東京生まれ。89年に株式会社クレディセゾン入社。全国のセゾンカウンターで店舗責任者を経験後、営業推進部トレーニング課にて現場の教育指導を手掛ける。その後戦略人事部にて人材開発などを手掛け、2014年人事担当取締役に就任。2016年には営業推進事業部トップとして大幅な組織改革を推進。2018年5月より現職、全員が活躍する組織の実現に向けて施策を推進中。

カゴメ株式会社 常務執行役員CHO(人事最高責任者)

有沢 正人氏

【有沢 正人氏プロフィール】
(ありさわ まさと)1984年に協和銀行(現りそな銀行)に入行。 銀行派遣により米国でMBAを取得後、主に人事、経営企画に携わる。2004年にHOYA株式会社に入社。人事担当ディレクターとして全世界のHOYAグループの人事を統括。全世界共通の職務等級制度や評価制度の導入を行う。また委員会設置会社として指名委員会、報酬委員会の事務局長も兼任。グローバルサクセッションプランの導入などを通じて事業部の枠を超えたグローバルな人事制度を構築する。2009年にAIU保険会社に人事担当執行役員として入社。ニューヨークの本社とともに日本独自のジョブグレーディング制度や評価体系を構築する。2012年1月にカゴメ株式会社に特別顧問として入社。カゴメ株式会社の人事面でのグローバル化の統括責任者となり、全世界共通の人事制度の構築を行っている。2012年10月より現職となり、国内だけでなく全世界のカゴメの人事最高責任者となる。

キャリア心理学研究所 代表/臨床心理士

宮城 まり子氏

【宮城 まり子氏プロフィール】
(みやぎ まりこ)慶応義塾大学文学部心理学科卒業、早稲田大学大学院文学研究科心理学専攻修士課程修了。臨床心理士として病院臨床(精神科、小児科)などを経て、産能大学経営情報学部助教授となる。1997年よりカリフォルニア州立大学大学院キャリアカウンセリングコースに研究留学。立正大学心理学部教授、法政大学キャリアデザイン学部教授を経て、2018 年4 月から現職。専門は臨床心理学(産業臨床、メンタルヘルス)、生涯発達心理学、キャリア開発・キャリアカウンセリング。他方、講演活動や企業のキャリア研修などの講師、キャリアカウンセリングのスーパーバイザーとしても精力的に活躍している。著書に、『キャリアカウンセリング』(駿河台出版社)、『産業心理学』(培風館)、『7つの心理学』(生産性出版)、『「聴く技術」が人間関係を決める』(永岡書店)などがある。
<11/15(木)>
11/15(木)
12:10 -
14:10
ランチミーティング[LM-1] 受付中

成長企業に聞く! 若手社員にチャンスを与え、成長を促す方法とは

企業の将来を担う若手社員の育成は、人事にとって重要課題の一つですが、どうすれば成長を促すことができるのか、頭を悩ませている企業も多いのではないでしょうか。本セッションでは、カヤックの神谷氏、エイベックスの浅岡氏、LIFULLの湯澤氏が、若手にチャンスを与え挑戦させる、風土と仕組みづくりを紹介。立教大学の舘野氏のファシリテーションで、質疑応答やディスカッションも交えながら「若手社員の成長を促す方法」を考えます。

※本セッションは、参加費用3,000円(食事代込)が必要です。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

●次世代を担う若手の成長を促したい
●成長企業の人材育成事例を知りたい


面白法人カヤック 社外人事部

神谷 俊氏

【神谷 俊氏プロフィール】
(かみや しゅん)経営学修士。面白法人カヤックの組織文化を観察するため、「社外」から同社の人事業務に関わる特命人事。面白法人のタレントたちのキャラや、面白さが生み出されるプロセスへ注目しながら、同社の生態系の維持発展に貢献している。また、並行して多様な組織に在籍し、独自のキャリアを展開。株式会社エスノグラファー代表取締役、株式会社ビジネスリサーチラボ(採用学研究所)研究員など複数を兼務。「脱専門家」をコンセプトに、幅広いジャンルを無節操に越境する。

エイベックス株式会社 CEO直轄本部 グループ広報ユニット

浅岡 奈穂子氏

【浅岡 奈穂子氏プロフィール】
(あさおか なほこ)大学卒業後、エイベックスに入社。人事に配属され派遣管理、労務管理、新卒採用等に関わる。その後ファンクラブ、MD(グッズ)の部署で顧客ロイヤリティ等を学び、再び人事に異動。採用・研修・キャリア制度などを中心にトータル約10年関わる。育児休業中にキャリアコンサルタントの資格を取得。復帰後に広報にてブランドリニューアル(タグライン・ブランドロゴ変更、理念浸透)やエイベックスビルのPR等に携わり、女性視点での企業課題解決を担う女性活躍プロジェクト(nadesico a-project)にも参加中。

株式会社LIFULL 人事本部

湯澤 範晃氏

【湯澤 範晃氏プロフィール】
(ゆざわ のりあき)早稲田大学卒。キヤノン電子を経て、星野リゾートにて人材開発、内部監査、総支配人室等に従事。2013年LIFULLに入社し、組織開発グループ長補佐として、社員エンゲージメントの向上、全社イノベーションの促進、次世代経営リーダーの育成を推進。LIFULLは、2017年にリンクアンドモチベーション社主催の「ベストモチベーションカンパニーアワード」で283社中第1位を獲得。

立教大学 経営学部 助教

舘野 泰一氏

【舘野 泰一氏プロフィール】
(たての よしかず)1983年生まれ。立教大学経営学部助教。青山学院大学文学部教育学科卒業。東京大学大学院学際情報学府博士課程単位取得退学後、東京大学 大学総合教育研究センター特任研究員を経て、現職。博士(学際情報学)。大学と企業を架橋した人材の育成に関する研究をしている。具体的な研究として、リーダーシップ開発、越境学習、ワークショップなどを行っている。近著に、『リーダーシップ教育のフロンティア【研究編】【実践編】(北大路書房)』などがある。
11/15(木)
13:00 -
14:00
特別講演[H-3] 受付中

人事が知っておくべきAI人材育成・採用の世界的潮流 ~オープン型AI戦略とは~

企業や行政によるAI・BigData活用への取り組みが加熱する中、希少なAI技術者の世界的争奪戦が起こっています。この課題に対し海外では世界中のデータサイエンティストの能力を利用してAI開発を行う「AI開発コンペティション」が定着しつつあり、AIコンペを通じて最高精度のAI開発、優秀なAI技術者の採用、育成を実現しています。国内外の事例を紹介するとともに世界的な潮流を解説します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

●優秀なAI人材を採用したい
●自社にデータサイエンティストの必要性を感じている


株式会社SIGNATE 代表取締役社長

齊藤 秀氏

【齊藤 秀氏プロフィール】
(さいとう しげる)オプトCAOを経て現職。幅広い業種のAI開発、データ分析、共同研究、コンサルティングに従事。データサイエンティスト育成及び政府データ活用関連の委員に多数就任。システム生命科学博士。筑波大学人工知能科学センター客員教授、理化学研究所革新知能統合研究センター 客員研究員、国立がん研究センター研究所客員研究員。
11/15(木)
13:00 -
14:00
特別講演[H-4] 受付中

人事担当者のための人材開発力点検! 中堅企業の「人材戦略3つのポイント」

人材確保が困難な環境の中で、どの企業も採用した人材を戦力化するために様々な育成施策を打っていますが、思うような成果が得られていないと感じることも多いのではないでしょうか? 本講演では、人材戦略を立てる際に見落としがちな点や、陥りがちな失敗をしていないか点検します。また、ちょっとした違いで格段に成果や変化が出る人材戦略の3つのポイントについて、事例を交えながらお伝えします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

●人材戦略の振り返りができていない
●社内の育成体系が整備されていない
●OJTが機能していないと感じている


株式会社アイ・コミュニケーションズ 代表取締役社長

臼井 弥生氏

【臼井 弥生氏プロフィール】
(うすい やよい)鉄鋼専門商社を経て、アイ・コミュニケーションズ設立に携わる。1999年代表取締役就任。経営ビジョン・中長期経営戦略の策定、コミュニケーション・ブランド戦略をキーにした組織変革の企画展開、人財開発コンサルティングに幅広く携わる。全社ビジョン・理念の浸透・ブランドコンセプトの立案・展開など実績多数。
11/15(木)
13:00 -
14:00
特別講演[H-5] 受付中

タレントマネジメントによる科学的人事戦略の実践~変わる採用、育成、抜擢、配置戦略

人手不足、働き方改革を背景に、あらゆる企業はこれまで以上に戦略的な人材活用が必須になっています。本講演では、社員の持つ経験やスキル、適性や希望など、あらゆる情報を見える化し、「採用・配置・人材育成・評価・離職防止」といった人事戦略を科学的に進化させる手法=タレントマネジメントの最新の事例、テクノロジーを解説します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

●勘ではなく科学的に人事の業務を行いたい
●社内に蓄積している社員のデータをうまく人事戦略に活かせていない


株式会社プラスアルファ・コンサルティング 取締役副社長

鈴村 賢治氏

【鈴村 賢治氏プロフィール】
(すずむら けんじ)大学卒業後、野村総研に入社。テキストマイニング・データマイニングを専門とし、CRMシステムなどの開発やマーケティングデータ分析のコンサルティングを経験。2007年同社に入社。人事戦略にもマーケティング視点を取り込み、科学的な人材活用、タレントマネジメントの啓もう、普及のため、日々全国を駆けめぐっている。
11/15(木)
13:00 -
14:00
特別講演[H-6] 受付中

激戦のIT業界に学ぶ競合との戦い方
~新卒採用の承諾率を10%上げる戦術~

採用戦略は殆どの企業が母集団形成に偏重しており、内定者を1名創出するために、エントリーコストが約100万円増額、約60時間の工数が新たに必要になります。採用は労働集約的な業務が物理的に多いため、人事が業務に忙殺されて離職にも繋がる原因となっています。内々定後の承諾率を劇的に改善し採用KPI達成と強い人事の創出を具体的にどのように行うべきかをお話しさせていただきます。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

●新卒採用の戦略を抜本的に変える必要を感じている
●採用現場が疲弊している
●母集団形成にかかるコストは年々増加傾向にある


元DeNA新卒採用担当 (株式会社ライトマップ 代表取締役社長)

鈴鹿 竜吾氏

【鈴鹿 竜吾氏プロフィール】
(スズカ リョウゴ)株式会社ディー・エヌ・エーに新卒入社後、新規開拓営業にて最速で営業目標を達成し、1年目にチームマネージャーに就任。 営業戦略立案、マネジメントを歴任し、新卒採用グループへ異動、採用戦略立案から採用要件定義まで一貫して従事。 2014年退職。同年、株式会社ライトマップ設立、代表取締役に就任。
11/15(木)
14:15 -
15:25
特大会場[H] 受付中

パナソニックの事業・マネジメント変革に向けた1on1導入と現状

上司と部下が1対1で定期的に行う対話が「1on1」と呼ばれ、多くの企業の関心を集めています。本講演では、事業・マネジメント変革を目指して1on1を導入したパナソニック コネクティッドソリューションズ社の経営幹部をお招きし、事業・マネジメント変革のためになぜ1on1を導入したか、背景やこれまでの成果をトップマネジメントの目線で具体的な取り組み事例と併せてご紹介いたします。(協賛/ビジネスコーチ株式会社)

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

●「1on1」の意義を人事・経営戦略レベルとひもづけて社内に周知させていきたい
●管理職1,000名以上の規模で「1on1」を展開するノウハウを知りたい
●そもそも「1on1」の目的、進め方、効果を知りたい


パナソニック株式会社 コネクティッドソリューションズ社 常務 人事・総務担当

大橋 智加氏

【大橋 智加氏プロフィール】
(おおはし ともか)1987年京都大学経済学部卒。松下電器産業株式会社(現パナソニック株式会社)入社。本社および事業部門で人事担当・責任者を歴任。2012年に中国に赴任し事業推進・経営企画等を担当。日本に帰国後、2017年B2Bソリューション事業を担う新社内カンパニー コネクティッドソリューションズ社の設立時より現職。

ビジネスコーチ株式会社 取締役副社長/BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ

橋場 剛氏

【橋場 剛氏プロフィール】
(はしば ごう)中央大学法学部卒業。アクセンチュア株式会社にて主に大手ハイテク企業に対するコンサルティングに携わる。同社通信ハイテク産業本部マネジャーを経て、当社設立に参画。2010年専務取締役、2017年12月より現職。

ビジネスコーチ株式会社 常務取締役/BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ

吉田 寿氏

【吉田 寿氏プロフィール】
(よしだ ひさし)早稲田大学大学院経済学研究科修士課程修了。富士通人事部門、三菱UFJリサーチ&コンサルティング・プリンシパルを経て、2015年1月より現職。
11/15(木)
15:40 -
16:40
特別講演[I-3] 受付中

変わる新人・若手社員の育成方法 ―働き方改革時代のエンゲージメントの高め方―

「働き方改革」が加速する中、多様な働き方が当たり前となり、日本人の労働観も変化しています。このような時代において、制度やルール面の変更だけでなく、新入社員や若手社員の育成はどうあるべきでしょうか。本講演では、納得感を大事にする若手社員に対し、組織へのエンゲージメントを高めるためにはどのような方法で育成をすべきか、働き方改革時代における育成のポイントをお伝えいたします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

●新人の離職率に毎年悩まされている
●若手育成プログラムの見直しに迫られている


株式会社NEWONE 代表取締役社長

上林 周平氏

【上林 周平氏プロフィール】
(かんばやし しゅうへい)大阪大学人間科学部卒業。 アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)に入社。2002年、株式会社シェイク入社。企業研修事業の立ち上げ、商品開発責任者として、プログラム開発に従事。新人~経営者層までファシリテーターを実施。 2015年、代表取締役に就任。2017年9月、株式会社NEWONEを設立。
11/15(木)
15:40 -
16:40
特別講演[I-4] 受付中

ダイバシティマネジメントの指針としての適応力診断活用

ダイバシティマネジメントが重要になる一方で「職場で想定以上のコンフリクトが起きている」という声をよく聞きます。弊社ではこのような課題を解決するための「環境変化への適応力診断」をご提案しています。この診断では感情の適応を測定し、改善できることが大きな特徴です。本講演では、単なる商品のご説明だけでなく実務での課題解決につながる適応力を向上させる方法についてもご紹介いたします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

●D&Iの取り組みが形骸化している
●ダイバシティマネジメントについて定量的に把握したい
●組織の環境変化への適応力を高める手法を知りたい


コベルコ・キャリア・ディベロップメント株式会社 営業部 研修コンサルティング室

江木 淳也氏

【江木 淳也氏プロフィール】
(えぎ じゅんや)1980年生まれ。大学卒業後、ITベンチャー企業での企画営業を経験。2007年にコベルコ・キャリア・ディベロップメント(株)へ研修コンサルタントとして入社。現在は、神戸製鋼所人事労政部が企画する教育全般の主担当者として従事。
11/15(木)
15:40 -
16:40
大会場[I-5] 受付中

障がい者が働く喜びを感じる就農モデル
『(株)九電工』とのトークセッションにて紐解く

「一人でも多くの障がい者雇用を創出し、社会に貢献する」を理念に、障がい者向けの企業向け貸し農園『わーくはぴねす農園』を日本で唯一運営するエスプールプラス。全国で230社を支援し、1,300名の知的・精神障がい者の雇用を生み(定着率は92%)、行政連携も全国に広がっています。本講演では、株式会社九電工様が導入に至った経緯から驚きの効果など、ご担当者様の生の声をお伝えします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

●継続的な障がい者雇用のための施策に悩んでいる
●障がい者雇用のためのノウハウが足りない


株式会社九電工 理事 人事労務部長

安川 仁氏

【安川 仁氏プロフィール】
(やすかわ ひとし)1985年、九州電気工事株式会社(現株式会社九電工)へ入社。入社以来、人事・労務・給与・福利厚生等、“人”に携わる人事労務業務全般を広く経験し、諸制度の導入や改定業務の中心的役割を担う。2013年より人事労務部長に就任し、現在に至る。

株式会社九電工 東京本社 総務部 労務副長(給与・人事・採用)

今村 考志氏

【今村 考志氏プロフィール】
(いまむら こうじ)2004年、株式会社九電工へ入社。福岡本社、宮崎支店にて総務、人事業務を経験し2014年より福岡本社人事労務部にて人事業務を担当。2017年より東京本社勤務。就任間もなく、全社的な障害者雇用の問題を解消する為、「わーくはぴねす柏ファーム」を活用した障がい者雇用促進を進める。現在も、東京本社労務副長と農園管理を兼務している。

株式会社エスプールプラス 社長 執行役員

和田 一紀氏

【和田 一紀氏プロフィール】
(わだ かずのり)1996年(株)リクルート入社。新規事業立ち上げを経験。営業部門にて表彰を多数受賞。2006年米国のフリーペーパー企業へ副社長として経営参画(ハワイ在住)。業界No.1に押し上げ、ノーマライゼーションの精神を学ぶ。その後、当社会長と出会い『障がい者雇用×農業』に社会的意義を感じ、2011年創業期より参画。
11/15(木)
16:00 -
18:00
ワークショップ[WS-11] 受付中

これから進める「仕事と介護の両立支援」~いま、押さえておきたい課題と具体的施策~

職場内でも社内高齢化が進み、親の介護に直面する社員は増えてきています。介護対策は管理職やベテラン社員の離職を防ぎ、働き方改革の突破口としても有効です。これから仕事と介護の両立支援を進めたい人事の皆様向けに「相談しやすい風土作り」、「お互い様の風土作り」、「介護に直面しても活躍し続けられる職場作り」まで一連の流れと効果的な施策実行のポイントを、ワーク形式でお伝えします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

●介護離職防止に向け、人事に求められる介護施策フローがわかる
●介護の知識が無い方も、本ワークショップ一回で介護の基礎知識を身に付けることができる
●他社の具体的な取り組み事例や動向などをワークショップで意見交換及び情報収集できる


セントワークス株式会社 ワーク・ライフバランスコンサルタント

一之瀬 幸生氏

【一之瀬 幸生氏プロフィール】
(いちのせ さちお)長時間労働が恒常化する日本人の働き方に疑問を持ち、ワーク・ライフバランスを普及するためセントワークス株式会社に入社。人事院にて全府省の人事担当者へ仕事と介護の両立支援研修や、企業にて介護セミナー、アンケート調査、ハンドブック作成支援などを行う。株式会社ワーク・ライフバランス上級認定コンサルタント。
11/15(木)
16:55 -
18:05
特大会場[I] 受付中

企業における最先端の「キャリア開発支援」
組織に捉われず自分で育てるプロティアンキャリアとは

人生100年時代の到来や副業・兼業の増加などにより働き方が多様化する中、キャリア開発があらためて注目されています。いま、企業ではどのように社員のキャリア開発を支援しているのでしょうか。働く時間・場所を社員が自由に選べる人事制度「WAA」を実践するユニリーバの島田氏、「100人いれば、100通りの働き方」を人事制度の方針として掲げるサイボウズの中根氏がそれぞれの事例を紹介。法政大学・田中氏が自律的にキャリアをつくるプロティアンキャリアの理論を解説し、企業におけるキャリア開発支援のあり方について議論します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

●人生100年時代の働き方を考えたい
●従業員が自律的にキャリアをつくる組織を目指したい
●多様な働き方をすることがいかに従業員のプラスになるのかを知りたい


ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス株式会社 取締役 人事総務本部長

島田 由香氏

【島田 由香氏プロフィール】
(しまだ ゆか)1996年慶應義塾大学卒業後、日系人材ベンチャーに入社。2000年コロンビア大学大学院留学。2002年組織心理学修士取得、米系大手複合企業入社。 2008年ユニリーバ入社後、R&D、マーケティング、営業部門のHRパートナー、リーダーシップ開発マネジャー、HRダイレクターを経て2013年4月取締役人事本部長就任。その後2014年4月取締役人事総務本部長就任、現在に至る。学生時代からモチベーションに関心を持ち、キャリアは一貫して人・組織にかかわる。中学3年生の息子を持つ一児の母親。米国NLP協会マスタープラクティショナー、マインドフルネスNLPⓇトレーナー。

サイボウズ株式会社 執行役員 事業支援本部長

中根 弓佳氏

【中根 弓佳氏プロフィール】
(なかね ゆみか)1999年、慶応義塾大学(法学部法律学科)卒業後、関西の大手エネルギー会社に入社。2001年、サイボウズ株式会社に入社。知財法務部門にて著作権訴訟対応、契約、経営、M&A法務を行った後、人事においても制度策定や採用を中心とした業務に従事。法務部長、事業支援本部副本部長を歴任し、財務経理などを含め、これら全般を担当する事業支援本部長に就任。2014年 8月より執行役員 事業支援本部長に就任(現任)。

法政大学 キャリアデザイン学部 教授

田中 研之輔氏

【田中 研之輔氏プロフィール】
(たなか けんのすけ)博士(社会学)。一橋大学大学院社会学研究科博士課程を経て、メルボルン大学、カリフォルニア大学バークレー校で客員研究員をつとめる。2008年に帰国し、現在、法政大学キャリアデザイン学部教授。専門は社会学。<経営と社会>に関する組織エスノグラフィーに取り組んでいる。著書に『ルポ不法移民』『先生は教えてくれない大学のトリセツ』『丼家の経営』『都市に刻む軌跡』『走らないトヨタ』『覚醒する身体』、訳書に『ボディ&ソウル』『ストリートのコード』など。株式会社ゲイト社外顧問他、社外顧問を歴任。ソフトバンクアカデミア外部一期生。専門社会調査士。最新刊に『先生は教えてくれない就活のトリセツ』。
<11/16(金)>
11/16(金)
9:30 -
10:30
特別講演[J-3] 受付中

今注目の能力開発の取り組み ~越境学習型研修のリアルと今後の展望~

企業や人材を取り巻く環境が激変しているなか、研修のトレンドも変わり、今、他社で仕事を進めることで能力開発を進める取り組みである“越境学習型研修”を導入する企業が広がりつつあります。
なぜ、“越境学習型研修”が注目されているのか? どのような人財育成の課題に効果的なのか?
今話題の他社留学研修「ナナサン」の事例を通じて、その実態と今後の展望をお伝えいたします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

●人材育成が思うように進んでいない
●決まった研修を長年繰り返しており、顧客視点、マーケット視点を付与する研修機会が乏しい
●新しい研修の内容や手法が知りたい


エッセンス株式会社 代表取締役

米田 瑛紀氏

【米田 瑛紀氏プロフィール】
(よねだ えいき)1996年人材ビジネス企業2社にて取締役、創業メンバーを経て、2009年エッセンス株式会社を設立。20年で5000人との面談、5000社の人材課題を解決支援。経産省「我が国産業における人材力強化に向けた研究会」、「宇宙産業分野における人的基盤強化のための検討会」委員に就任。

株式会社ここはつ 代表取締役

西村 統行氏

【西村 統行氏プロフィール】
(にしむら のりゆき)リクルート入社。新規事業部門、新規事業PJの立上げを経てメディアファクトリー(リクルート子会社)取締役やキャリアライズ常務取締役として活躍。2017年4月(株)ここはつ設立。組織変革&事業開発コンサルタントの傍ら、「最強の50代」を合言葉に、ナナサンを通じたキャリア開発にライフワークとして取組中。
11/16(金)
9:30 -
10:30
特別講演[J-4] 受付中

採用に「リスクチェック・プロセス」導入で採用の質向上とAI時代のデータ分析活用法

良い人材の良い面の見極めは面接など既存の方法で出来ていますが、ネガティブ面の見極めは難しく、入社後に後悔する事例が出てきています。今後、採用プロセスで、既存の良い人材の良い面をみる手法に加え、ネガティブチェックを合わせて実施することが重要です。また適性検査等の人材データをどのように分析して活用するか、AI時代に即した分析事例と活用法についても紹介します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

●離職率を改善したい
●採用後の活躍割合が低い


株式会社マネジメントベース 代表取締役

本田 宏文氏

【本田 宏文氏プロフィール】
(ほんだ ひろふみ)慶應義塾大学修士課程修了後、(株)野村総合研究所にて15年間、人材と組織に関する診断・コンサルティングに従事。その後、人材と組織のアセスメントを専門とする(株)マネジメントベースを設立。2009年には日本初、新型うつへ対応した適性検査をリリースするなど企業ニーズに応じた各種アセスメントを開発・提供。
11/16(金)
9:30 -
10:30
大会場[J-5] 受付中

仕事と介護の両立支援のいま~介護離職0に向けて、企業ができる事前対策とは~

いま、従業員が介護を理由に退職しているケースが年々増加しており、企業にとって大きな課題となっています。企業の経営者や人事が、従業員に「仕事と介護を両立」しながら安心して働いてもらうためには、事前の準備と両立できる雇用環境の整備、従業員の状況に応じた支援に取り組むことが重要です。本講演では個々の実情に応じた「介護支援プラン」の策定方法と重要性について解説します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

●介護にかかる休暇、休職申請が増えている
●従業員の平均年齢が40歳以上で、新規採用に苦戦している


株式会社パソナ 育児・介護支援プロジェクト事務局(厚生労働省委託事業)/中央介護プランナー

継枝 綾子氏

【継枝 綾子氏プロフィール】
(ツグエダ アヤコ)2000年から12年間、介護支援専門員・主任介護支援専門員として多くの高齢者のケアプランを作成。現在は、官公庁より介護関連の研修や就労支援研修を受託し介護講師として従事。その他、仕事と介護の両立支援サービスの新規事業にも関わり、企業向け仕事と介護の両立セミナーの講師や介護相談デスクの窓口も兼務。
11/16(金)
10:45 -
11:55
特大会場[J] 受付中

先進企業から学ぶ、社内でイノベーションを生み出すための「人材育成」のあり方とは?

「イノベーション創出」を合言葉に、社内で新規事業/新サービス開発に積極的に取り組む企業が増えています。一方、それが掛け声倒れに終わり、労力の割に乏しい成果しか得られないケースも散見されます。なぜ、失敗するのか? まずは失敗しないためのポイントや、それに必要な「人材育成」、支援のあり方について、イノベーション先進企業から「ホンネ」のお話をうかがうセッションです。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

●新しいビジネスの立ち上げを促進する術を知りたい
●イノベーションを生み出すための人材育成のポイントが知りたい


ソフトバンク株式会社 人事本部 採用・人材開発統括部 統括部長

源田 泰之氏

【源田 泰之氏プロフィール】
(げんだ やすゆき)1998年入社。営業を経験後、2008年より現職。新卒および中途採用全体の責任者。グループ社員向けの研修機関であるソフトバンクユニバーシティおよび後継者育成機関のソフトバンクアカデミア、新規事業提案制度(SBイノベンチャー)の責任者。ソフトバンクグループ株式会社・人事部アカデミア推進グループ、SBイノベンチャー・取締役を務める。孫正義が私財を投じ設立した、公益財団法人孫正義育英財団の事務局長。育英財団では、高い志と異能を持つ若者が才能を開花できる環境を提供、未来を創る人材を支援。教育機関でのキャリア講義や人材育成の講演実績など多数。

株式会社リクルート リクルート経営コンピタンス研究所 所長

巻口 隆憲氏

【巻口 隆憲氏プロフィール】
(まきぐち たかのり)1988年(株)リクルート入社、営業、商品企画、経営企画を経て、カーセンサー事業、ハウジング事業の事業部長として、新規事業を推進。2008年より現職の「コンピタンスマネジメント」を担当。社内のナレッジマネジメント推進、人材開発、海外ビジネススクールとの共同研究に従事。

株式会社 博報堂コンサルティング 執行役員 兼 HR Design Lab.代表

楠本 和矢氏

【楠本 和矢氏プロフィール】
(くすもと かずや)神戸大学経営学部卒。丸紅株式会社で、新規事業開発業務を担当。外資系コンサルティング会社を経て現職。これまでコンサルティングプロジェクトの統括役として、多岐にわたるプロジェクトを担当。現在は執行役員 兼 HR Design Lab.代表として、人材育成事業の統括、重点企業のプロジェクト統括などに携わる。
11/16(金)
15:40 -
16:40
特別講演[L-3] 受付中

明日からできるモチベーションマネジメント ~コミュニケーション活性化と生産性向上

前向きでポジティブな気持ちを維持するモチベーションマネジメント。鍵はコミュニケーションの活性化にあります。どのようにコミュニケーションを活性化し、また実践企業はどのような成果を得ているのでしょうか。お手持ちのパソコンやスマホで気軽に活用できるためさまざまな企業より高い関心をいただく「社員の気持ちを見える化するITテクノロジー」の活用事例と実践結果をまじえて紹介します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

●職場のコミュニケーション総量を高めたい


株式会社キーポート・ソリューションズ 代表取締役会長

森田 昇氏

【森田 昇氏プロフィール】
(もりた のぼる)早稲田大学理工学部卒業後、積水化学工業株式会社、株式会社三菱総合研究所、アーンスト・アンド・ヤング・コンサルティングなどを経て、現在に至る。新規事業の立ち上げや事業経営に数多く携わる。
11/16(金)
15:40 -
16:40
特別講演[L-4] 受付中

応募を増やし、定着率を上げる!採用に成功した中小企業が実践した売手市場脱却のコツ

人材の採用は空前の売手市場の中で、中小企業の中でも選ばれるコツをお伝えします。過去、社員の7割が退職するという危機を乗り越え、月間800名超の求職者を集めている20名規模の会社の実例をご紹介。キーワードは「商品力」「営業力」「見える化」です。ネームバリューがなくても、規模が小さくても20代から多数の応募を集め、入社後の定着率も上げる採用ノウハウを伝授します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

●採用戦略を見直し、若手に選ばれる企業になるノウハウを知りたい


株式会社ドリームホップ 執行役員 ソリューション事業部長 兼 人事管掌担当

椋野 俊之氏

【椋野 俊之氏プロフィール】
(ムクノ トシユキ)同志社大学経済学部卒。日本ヒューレット・パッカード、アドバンテッジリスクマネジメントを経てドリームホップ入社。当時7割の従業員が退職するという危機的状況を乗り越え、月間800名を超える応募者を集客。また、2年間の内定辞退率0%と離職者0%を継続中。現在は主に中小企業向けに採用支援を行なっている。
11/16(金)
15:40 -
16:40
特別講演[L-5] 受付中

数字に強いビジネスパーソンの育て方 ~会社を強くするのに必要な数的思考~

ビッグデータや統計学など、数学やデータ分析に関する言葉がビジネスシーンにも登場していますが、多くのビジネスパーソンにとって本当に必要なものは「数字に対する意識」なのです。「仕事の会話には必ず数字を使うこと」「一つの数字だけを見るのではなく必ず複数の数字を比較すること」など、仕事の数字に対する意識を高めるのに必要なポイントを紹介し、身につけるためのツールを紹介します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

●若手層の具体的なビジネススキルを鍛えたい
●営業部門にとって有意義な研修を設計したい


公益財団法人日本数学検定協会 事業推進部 ビジネス数学グループ マネジャー

近藤 恵介氏

【近藤 恵介氏プロフィール】
(こんどう けいすけ)東京工業大学大学院生命理工学研究科修了後、予備校講師などを経て現職。数学と社会の関わりについて研究し、「ビジネス数学」という新しいジャンルを開拓。「ビジネス数学」に関する講座や検定試験などの企画・運営を手がけ、年間100本以上の研修・セミナー・講演を行う。
11/16(金)
15:40 -
16:40
特別講演[L-6] 受付中

20新卒直前! 自社で本当に活躍する人材の集め方・口説き方 ~19新卒の事例から~

バブル以上の売り手市場とも称された19新卒採用。採用ご担当各位からは、説明会集客や動機づけに失敗したなどのお声をよくうかがいますが、実はその多くは、選考設計や運用にある視点や考え方を盛り込むことで防ぐことができます。そのポイントについて事例をまじえてお話しします。先日経団連より発表があった就活ルール廃止についても触れます。この先の採用を考えたい皆様、ぜひお越しください。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

●採用現場が疲弊している
●自社に合致した採用戦術を構築したい


株式会社トライアンフ 執行役員/採用ソリューション第二本部 本部長/新卒採用プロジェクトマネージャ

南里 雄太朗氏

【南里 雄太朗氏プロフィール】
(なんり ゆうたろう)2008年新卒入社。組織コンサルティング事業など複数部署での経験を経て、2012年熊本BPOセンター設立時に立上げメンバーとして赴任。全体の組織運営をしつつ、人事・労務事業のリーダーを務める。東京帰任後は採用ソリューション本部に異動。顧客へのソリューションを提供しつつ部署を統括する。
11/16(金)
16:55 -
18:05
特大会場[L] 受付中

新たなリーダーを育てる組織とは

変化するビジネス環境に対応し、企業が成長していくには、「次世代リーダー」の存在が重要です。では、新しいリーダーはどのようにして生まれるのでしょうか。本セッションでは、Yahoo!アカデミア学長として次世代リーダー育成を行う伊藤氏、ラグビーのコーチ育成に携わりながら企業のリーダー育成トレーニングも行う中竹氏、組織におけるリーダーシップを長年研究してきた野田氏が登壇。新しいリーダーをどのように育てていけばいいのか、そのためにはどんな組織をつくることが求められるのかを明らかにしていきます。(協賛/コニカミノルタ株式会社)

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

●自社の未来を担う次世代リーダーを育てたい
●新しいリーダーが生まれる組織をつくりたい


株式会社ウェイウェイ 代表取締役/ヤフー株式会社 Yahoo!アカデミア学長

伊藤 羊一氏

【伊藤 羊一氏プロフィール】
(いとう よういち)日本興業銀行からプラス株式会社に転じ、ジョインテックスカンパニーにて物流・マーケティング・事業再編などを担当。2012年より執行役員ヴァイスプレジデントとして事業全般を統括。2015年ヤフー株式会社に転じ、Yahoo!アカデミア学長として、次世代リーダー育成を行う。グロービス 経営大学院客員教授、株式会社ウェイウェイ代表取締役として、ヤフー外でも幅広くリーダー開発、インキュベーションサポートに活動する。最新作『1分で話せ』。

(公財)日本ラグビーフットボール協会 コーチングディレクター/株式会社チームボックス 代表取締役/一般社団法人日本ウィルチェアーラグビー連盟 副理事長/一般社団法人スポーツコーチングJapan 代表理事

中竹 竜二氏

【中竹 竜二氏プロフィール】
(なかたけ りゅうじ)1973年福岡県生まれ。早稲田大学人間科学部に入学し、ラグビー蹴球部に所属。同部主将を務め全国大学選手権で準優勝。卒業後、英国に留学。レスタ―大学大学院社会学修士課程修了。三菱総合研究所等を経て、早稲田大学ラグビー蹴球部監督を務め、自律支援型の指導法で大学選手権二連覇など多くの実績を残す。2010年退任後、日本ラグビー協会初代コーチングディレクターに就任。U20日本代表ヘッドコーチも務め、2015年にはワールドラグビーチャンピオンシップにて初のトップ10入りを果たした。2014年、企業のリーダー育成トレーニングを行う株式会社チームボックス設立。2018年、コーチの学びの場を創出し促進するための団体、スポーツコーチングJapanを設立、代表理事を務める。著書に『新版リーダーシップからフォロワーシップへ カリスマリーダー不要の組織づくりとは』(CCCメディアハウス)など多数。

明治大学専門職大学院 グローバル・ビジネス研究科 教授

野田 稔氏

【野田 稔氏プロフィール】
(のだ みのる)一橋大学大学院商学研究科修士課程修了。野村総合研究所、リクルート新規事業担当フェロー、多摩大学教授を経て現職に至る。専門は組織論、組織開発論、人事・人材育成論、経営戦略論、ミーティングマネジメント。大学で学生の指導に当たる一方、企業に向けて組織・人事領域を中心に、幅広いテーマで実践的なコンサルティング活動も行う。ニュース番組のキャスターやコメンテーターなど、メディア出演も多数。

※プログラムは予告なく内容などを変更することがございますので、予めご了承ください。

参加お申込み

※一部の方を除き、8講演まで申し込むことができます。
※既に『日本の人事部』に会員登録されている方は、必ずログインの上、お申し込みください。
※お申し込みが一定数に達した講演は順次受付を締め切ります。

「日本の人事部」「HRカンファレンス」「HRアワード」は、すべて株式会社アイ・キューの登録商標です。
当社はプライバシーマーク取得事業者です。類似のサービスやイベントとの混同にご注意ください。

pagetop