日本の人事部「HRカンファレンス2018 -秋-[東京]」 人の採用・育成・マネジメントに携わる皆さまが集う、日本最大のHRイベント
2018年11月13日(火)・14日(水)・15日(木)・16日(金)開催 [主催]『日本の人事部』(株式会社アイ・キュー)
[後援]厚生労働省 経済産業省 [会場]大手町サンケイプラザ

プログラム

受付状況
日付

ジャンル

スタイル
フリーワード
<11/13(火)>
11/13(火)
13:00 -
14:00
特別講演[B-4] 受付終了

競争が激化するグローバル市場で勝ち抜く人材とは
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

世界で戦える能力を擁した人材の育成が追い付かず、グローバル人材の育成に成功した日本企業はそれほど多くはありません。日経FTラーニング社の日本代表・坂東治忠が、日本企業が抱えるグローバル人材育成の課題や英語教育の問題点、今後の日経FTラーニング社の展開などを通して、世界市場で勝つための新しいグローバル人材開発(手法)について講演いたします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

●海外展開を見越した自社の人材育成モデルを構築したい


日経FTラーニング 日本代表

坂東 治忠氏

【坂東 治忠氏プロフィール】
(ばんどう はるただ)大手総合商社に入社後、大手外資系日本法人代表や数々の外資系IT/ソフトウェアベンダーにおける要職を歴任。 米国タレントマネジメントソリューションの大手コーナーストーンオンデマンド社の日本法人社長を経て、KPMGコンサルティングの人事コンサルティング部門ディレクターに就任。 現職に至る。
11/13(火)
13:00 -
14:00
大会場[B-5] 受付終了

「企業競争力」かつ「会社の魅力度」を高める「働き方改革」への意識変革とアプローチ
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

働き方改革は、経営者・社員の意識を変えるソフトと、HRテクノロジーや人事制度等のハードの両輪を効果的に回すことで、「企業競争力かつ会社の魅力度を高める戦略的構造転換」となります。本講演では、社員のイキイキ主体的に働く度合い(エンゲージメント)を高め、かつ、グローバル視点での競争力を高めるための経営層、中間管理職の意識変革から、仕組み作りまでの具体的アプローチをお伝えします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

●自社の働き方改革の全体概要設計を任されている


beyond globalグループPresident & CEO/株式会社シェイク 創業社長・現フェロー 

森田 英一氏

【森田 英一氏プロフィール】
(もりた えいいち)大学院卒業後、アクセンチュアで勤務。2000年に(株)シェイク設立、代表取締役社長に就任。企業研修、各種人事コンサルティングなどに従事。その後、beyond global社を日本とシンガポール、タイに設立し、President & CEOに就任。著作『会社を変える組織開発』(PHP新書)など多数。
<11/14(水)>
11/14(水)
9:30 -
11:30
ワークショップ[WS-5] 受付終了

社員の行動に変化をもたらす新スキーム! ~ 目標達成率90%の科学的英語施策
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

語学学習のモチベーション維持に悩んでいませんか。TOEIC平均190点アップの実績あり、村田製作所、サントリー、ハウス食品(敬称略)などでも成果が出ている「受講者の自発的な学習継続とチームビルディング」をコンセプトにした研修“English Wiz Heart”を用いて、「規模」「場所」「英語力」を問わず、ターゲットとする人材の学習熱を絶やさない秘訣を体感いただきます。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

●昇格要件のスコアをクリアできない社員が多くいるがサポートの施策が打てていない
●対象者はたくさんいるのに予算が限られていて大人数への研修が実施できない
●対象者が各地に点在しているため研修クオリティの担保と工数管理が難しい


株式会社WizWe 代表取締役社長

森谷 幸平氏

【森谷 幸平氏プロフィール】
(もりたに こうへい)早稲田大学卒業、オハイオ大学社会人類学修士、帰国後、大手小売を経て語学系ベンチャーでフィリピン、中国ビジネスを経験。09年株式会社WEICに参画し中国法人立上げ、グローバル人材育成事業役員を経て18年7月にマネジメント・バイアウトによりWEIC語学事業を継承し株式会社WizWeを設立。
11/14(水)
13:00 -
14:00
特別講演[E-7] 受付終了

セブン-イレブン・ジャパンの事例に学ぶ 英語教育プログラムの効果的実施方法
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

グローバル人材育成の初期段階において選抜社員の英語学習が継続しない、英語教育の効果がでない……などの課題をお持ちのご担当者は、ぜひご参加ください。国内大手コンビニエンスストアチェーン「セブン-イレブン・ジャパン」 グローバル人材開発部GMの安井氏より、グローバル化を推進した背景、候補者選抜プロセス、英語学習の促進方法などを具体的にお話しいただきます。(協賛/リアリーイングリッシュ株式会社)

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

●グローバル化に対応した包括的な人事戦略を策定したい
●海外で折衝できる社員の育成方法と具体的な事例を聞いてみたい
●英語がそこまで必要ではない社員に対してどのように動機づけしているのか知りたい


株式会社セブン-イレブン・ジャパン グローバル人材開発部 GM

安井 誠氏

【安井 誠氏プロフィール】
(やすい まこと)入社後、セブン-イレブン中国の副総経理、企画室室長として、中国におけるセブン-イレブン事業の展開に従事。16年に帰国後、経営企画部中国担当GMとして子会社管理業務を指揮。17年からはグローバル人材開発部GMを兼任し、社内グローバル人材の開発と外国人人材の国内受け入れ政策を推進。

株式会社セブン-イレブン・ジャパン グローバル人材開発部

塚原 健一氏

【塚原 健一氏プロフィール】
(つかはら けんいち)05年入社後、8年間の営業部門勤務を経て、13年にトレーニング部に異動。海外子会社および海外ライセンシー幹部向けの研修を担当。16年以降はグローバル人材開発部において社内の海外人材開発業務を担当。独学でTOEIC990点取得した経験をもとにプログラムの企画・運営を実施。

※プログラムは予告なく内容などを変更することがございますので、予めご了承ください。

「日本の人事部」「HRカンファレンス」「HRアワード」は、すべて株式会社アイ・キューの登録商標です。
当社はプライバシーマーク取得事業者です。類似のサービスやイベントとの混同にご注意ください。

pagetop