日本の人事部「HRカンファレンス2018 -秋-[東京]」 人の採用・育成・マネジメントに携わる皆さまが集う、日本最大のHRイベント
2018年11月13日(火)・14日(水)・15日(木)・16日(金)開催 [主催]『日本の人事部』(株式会社アイ・キュー)
[後援]厚生労働省 経済産業省(予定) [会場]大手町サンケイプラザ

講演者インタビュー

日本の人事部「HRカンファレンス2018-秋-[東京]」トップ講演者インタビュー> 臼井 弥生氏(株式会社アイ・コミュニケーションズ 代表取締役社長)インタビュー

講演者インタビュー一覧

人事担当者のための人材開発力点検! 中堅企業の「人材戦略3つのポイント」

臼井 弥生氏 photo

株式会社アイ・コミュニケーションズ 代表取締役社長

臼井 弥生氏

人材確保が困難な環境の中で、どの企業も採用した人材を戦力化するために様々な育成施策を打っていますが、思うような成果が得られていないと感じることも多いのではないでしょうか? 本講演では、人材戦略を立てる際に見落としがちな点や、陥りがちな失敗をしていないか点検します。また、ちょっとした違いで格段に成果や変化が出る人材戦略の3つのポイントについて、事例を交えながらお伝えします。

―― 今回の講演のポイントについて、お聞かせください。

「人材像を策定したが、なかなか人が育たない」、「日常の仕事における課題を洗い出し、研修やプロジェクト機会をつくっているが、中途半端に終わってしまう」、「コンピテンシーを明らかにしているが、能力が発揮されない」など、ご相談いただく企業からうかがう機会があります。

人を育てるために、人員計画・人材像・コンピテンシー・教育体系と描くべきこと、やるべきことはやっているけれど、発揮される状況づくりが不足している場面が多く見受けられます。また、成果が出ないと人事部門が苦言を受けることが多いのではないでしょうか。

経営課題や事業戦略にもとづく人材戦略を立てなければならないことは、人事ご担当者であれば、皆さん重々承知であると思いますが、現場の声を聞きすぎてしまい、例えば、本来描かなければならない「人材戦略計画」が「人手不足」の穴を埋める「要員計画」になってしまってはいないでしょうか。

本講演では、人事ご担当者の皆さんが日々懸命に取り組んでいることが、効果の出る人材戦略であるかどうかをチェックしながら進めていきます。失敗例と成功例をもとに、人事部門がリードし成果を出す、自社の現有戦力を育てるコツをお伝えします。

―― 貴社の強みや特徴について、お聞かせください。

私たちは1988年の創業以来、社員個人の力や潜在能力を開発するだけでなく、人の力を最大限に活かすことができる組織そのもの・マネジメントのあり方・コミュニケーションプロセスを創り上げることに取り組んできました。

弊社出身母体の専門商社では、トップのリーダーシップによらない強い組織への成長に向けて、起業家育成と価値創造組織を実現する「小集団活動を軸とした参画経営」を長年実践しています。私自身、同社の組織開発部として、このスタートとなる変革活動全般を実践してきました。

蓄積したノウハウ・経験をベースに経営企画・人材開発部門の総合的な視点で、現場マネジメント層のブレイニーリソースとなり、現状の課題や経営パフォーマンスにつながる仮説づくり、実行策を思考しています。時にはトップマネジメント層に対し現場の声を代弁し、経営のあるべき姿について議論を重ね、経営協創パートナーとして実践することに努めています。

―― 講演に向けての抱負や、参加される皆さまへのメッセージをお願いします。

今回は、これまで人材開発コンサルティングに関わってきた企業の経営課題や現場の状況、それらを踏まえた取り組み、人事ご担当者のお悩みなどをご紹介しながら、どこに落とし穴があるのかをお伝えしたいと思います。

自社の現状の人材戦略にかかわる取り組みなど資料をお持ちいただき、ご紹介するチェックポイントと照らし合わせて受講されると、自社の経営パフォーマンスを生み出す人材戦略の解が見いだせるのではないでしょうか。ぜひ、これからの自社らしい人材戦略のあり方について一緒に思考していきましょう。

  • この記事をシェア
講演者インタビュー一覧へ
講演者プロフィール
臼井 弥生氏(うすい やよい)
株式会社アイ・コミュニケーションズ 代表取締役社長
鉄鋼専門商社を経て、アイ・コミュニケーションズ設立に携わる。1999年代表取締役就任。経営ビジョン・中長期経営戦略の策定、コミュニケーション・ブランド戦略をキーにした組織変革の企画展開、人財開発コンサルティングに幅広く携わる。全社ビジョン・理念の浸透・ブランドコンセプトの立案・展開など実績多数。

「日本の人事部」「HRカンファレンス」「HRアワード」は、すべて株式会社アイ・キューの登録商標です。
当社はプライバシーマーク取得事業者です。類似のサービスやイベントとの混同にご注意ください。

pagetop