日本の人事部「HRカンファレンス2018-春-[東京]」 人の採用・育成・マネジメントに携わる皆さまが集う、日本最大のHRイベント
2018年5月15日(火)・15日(水)・16日(木)・17日(金)開催 [主催]『日本の人事部』(株式会社アイ・キュー)
[後援]厚生労働省 経済産業省(予定)[会場]大手町サンケイプラザ

講演者インタビュー

日本の人事部「HRカンファレンス2018-春-[東京]」トップ講演者インタビュー> 川上 真史氏(ビジネス・ブレークスルー大学 経営学部 教授)インタビュー

講演者インタビュー一覧

AI時代の“採用”と“育成”を考える―ソニーの取り組みから、これからの人材戦略へ

川上 真史氏 photo

ビジネス・ブレークスルー大学 経営学部 教授

川上 真史氏

HRの領域で瞬く間にホットなキーワードとなった「AI」。AIは科学的な人材戦略を推し進めるために画期的であると同時に、“使い手次第”のツールとも言えます。本当の意味で、AIを自社の人材戦略に役立てるために、人事担当者には何が必要なのか。本セッションでは、ソニー株式会社による事例紹介と川上教授による解説、ディスカッションを通じて、これからの人材戦略を考えます。(協賛/株式会社ヒューマネージ)

―― 今回の講演のポイントについて、お聞かせください。

最近、HRテクノロジーの波にのって、人材採用や育成にAIを活用するサービスが次々とリリースされ、人事の方々の関心も非常に高まっています。一方で、AIが魔法の杖かのように「AIツールを入れれば大丈夫」となっているきらいもあり、少し違和感を覚えることもあります。

AIは、科学的な人材戦略を推し進めるために画期的なツールですが、使いこなせるかどうかは使い手次第です。見落とされがちですが、AIは導入して終わりではなく、育てなければなりません。正しいデータを入れて、正しい判断ができるAIにしていくために、まず、正しいデータとは何か? それをどのようにためていくか? AIによる分析結果をどう活用していくか? 自社の人材戦略とひもづけながら、AIで実現できることを探っていく――人事の方々は、これからの人材戦略へ向けて、いま、まさに新しいチャレンジをされている最中と言えます。

そんな人事の方々のヒントにしていただけるよう、今回のプログラムでは、ヒューマネージ社のファシリテーションのもと、ソニー株式会社より、AI活用の取り組みについて紹介していただきます。ソニーの人事、リソースマネジメントを担っていらっしゃる北島さん、HR Tech推進室 室長の橋本さんから、AI活用の進め方、工夫した点、苦労した点、今後の展望など、具体的かつ現在進行形の話がうかがえる貴重な機会ですので、私もとても楽しみにしています。

―― 貴社の強みや特徴について、お聞かせください。

2000年、私はヒューマネージと一緒に、日本の採用に「コンピテンシー」の概念を導入し、業界初のコンピテンシー適性検査『Another 8』を開発しました。いまでこそ大手企業を中心に1,000社以上に導入されていますが、一流大学を出ているからといって必ず仕事ができるとは限らない。保有能力ではなく発揮能力を見ましょう、成果を生み出す人材を科学的に見極めましょうというコンセプトは、当時はかなり斬新で、現在のように広まるまで長い月日を要しました。

私たちが当時抱いていたのは、コンピテンシーが広まれば、日本の採用が変わる。採用が変われば、企業が強くなる。企業が強くなれば、日本が元気になるという信念でした。AI活用において、シェア第1位の採用管理システム、第3位の適性検査群だからこそ有する膨大なデータは、ヒューマネージの強みではありますが、「本質を掘り下げる」姿勢こそが特長と考えています。

―― 講演に向けての抱負や、参加される皆さまへのメッセージをお願いします。

本質から外れずに、AIをどう活用していくか。特に“採用”と“育成”において、何をAIに任せて、何を人事が判断・決定していくか、現在進行形の企業事例をひもときつつ、一緒に考える時間にしたいと思います。AI活用に興味はあるがまだ検討されていない方も、既に検討を始めている方も、参考にしていただけるのではないでしょうか。

また、AI時代に入り、仕事内容が変わり、人材に求められる要件も変化し、それに伴い“採用”と“育成”も変える必要があります。限られた時間ではありますが、その視点についてもお話ししたいと思っています。

  • この記事をシェア
講演者インタビュー一覧へ
講演者プロフィール
川上 真史氏(かわかみ しんじ)
ビジネス・ブレークスルー大学 経営学部 教授
京都大学 教育学部 教育心理学科卒。産業能率大学 総合研究所 研究員、ヘイ コンサルティング グループ コンサルタント、タワーズワトソン ディレクターを経て現職。主に、人材の採用、評価、育成システムについて、設計から運用、定着までのコンサルティングを担当。また、心理学的な見地からの新しい人材論についての研究、開発を行うことで、次世代の人材についての考え方も世の中に提唱する。2003年~2009年 早稲田大学 文学学術院 心理学教室 非常勤講師、2013年~2017年 明治大学大学院 グローバルビジネス研究科 兼任講師(社会心理学担当)。現在、株式会社ヒューマネージ顧問、株式会社タイムズコア代表も兼任。

「日本の人事部」「HRカンファレンス」「HRアワード」は、すべて株式会社アイ・キューの登録商標です。
当社はプライバシーマーク取得事業者です。類似のサービスやイベントとの混同にご注意ください。

pagetop