日本の人事部「HRカンファレンス2018-春-[東京]」 人の採用・育成・マネジメントに携わる皆さまが集う、日本最大のHRイベント
2018年5月15日(火)・15日(水)・16日(木)・17日(金)開催 [主催]『日本の人事部』(株式会社アイ・キュー)
[後援]厚生労働省 経済産業省(予定)[会場]大手町サンケイプラザ

講演者インタビュー

日本の人事部「HRカンファレンス2018-春-[東京]」トップ講演者インタビュー> 加藤 明拓氏(株式会社フォワード 代表取締役)インタビュー

講演者インタビュー一覧

“組織文化の見える化”から始まる「生産性向上」

加藤 明拓氏 photo

株式会社フォワード 代表取締役

加藤 明拓氏

“働き方改革”が叫ばれる中、企業は社員の生産性を高めるための取り組みを進めていますが、目に見えない組織の「価値観」や「文化」が変革を阻んでいるケースが多いようです。見落としがちですが、生産性向上の実現には、根底にある組織文化の変革が不可欠です。本講演では、目に見えない組織文化を見える化することから始まる、組織変革~生産性向上のポイントと具体的な施策例をお伝えします。

―― 今回の講演のポイントについて、お聞かせください。

「生産性向上」に取り組む上で、 「組織文化」の変革は重要です。その理由は、大きく以下の三つです。

(1)文化は社員の意識や行動を強く規定する
(2)文化は社員のモチベーションに影響する
(3)文化は採用活動の成否を分ける

「生産性向上」を進めるためのツールや施策は数多くありますが、どんな戦略も組織文化とマッチしなければ機能しません。一方、強い組織文化は不要なルールやプロセスを省き相互信頼を高めることに寄与します。

しかし、多くの企業が組織文化の変革に取り組む一方で、目に見える変化・効果を得られずに頓挫してしまう例も少なくありません。“目に見えない”という特徴を持つ組織文化を変革するためには、現状の組織文化をきちんと把握することが重要です。弊社でご支援する組織文化変革プロジェクトの典型的な流れは次のようなものです。

・目に見えない組織文化や風土を「見える化」する
・組織文化の「現状」と「あるべき姿」のギャップを正確に認識する
・「あるべき姿」に導くメッセージや施策を設計~運用する

本講演では、これらの考え方や具体的な方法論を掘り下げていくことを通じて、組織文化の変革を成功に導くためのヒントをお伝えいたします。

―― 貴社の強みや特徴について、お聞かせください。

弊社では、ブランド・企業の成長戦略を描きその実行を支援する「ブランドコンサルティング」事業と、組織文化変革や人材育成により組織力を高める「組織強化コンサルティング」事業を行っています。

これら二つの事業はまったく異なる領域のものではなく、相互に関連し合っていると考えています。具体的には、どんなに良い戦略を描いてもそれを実行できる組織の強さがなければ“絵に描いた餅”となってしまいますし、逆に、どんなに良い組織であっても成功に導く戦略がなければ成果はあがりません。大切なことは、事業戦略と組織戦略をバランスよく見ながら、必要な施策に落とし込むことです。

私個人としても、これまで「組織人事」「スポーツ」「ブランド」と、さまざまな領域でコンサルティングを行ってきた経験から、現場に落とし込みやすい戦略や施策設計の考え方をお伝えできればと思います。

―― 講演に向けての抱負や、参加される皆さまへのメッセージをお願いします。

「生産性向上」や「組織文化変革」は非常に注目されている領域です。「過去に取り組んだけれどうまく行かなかった」「やらなければならないのは認識しているが、難しそうで手が付けられずにいる」という方も多いのではないかと思います。

弊社の社名「フォワード」は、関わる方に「前向き」になって欲しい、という想いを込めて名付けたものです。本講演でも、いらっしゃった方に「自分たちの組織も変えられそう」「がんばってみよう」と前向きな気持ちになっていただければと思います。

事例もご紹介しながら出来る限り分かりやすくお伝えできるよう努めますので、一人でも多くの方にご参加いただければうれしく思います。

  • この記事をシェア
講演者インタビュー一覧へ
講演者プロフィール
加藤 明拓氏(かとう あきひろ)
株式会社フォワード 代表取締役
株式会社リンクアンドモチベーションにて組織人事領域のコンサルティング業務に従事後、スポーツコンサルティング事業部の立ち上げ、ブランドマネジメント事業部長を経て、2013年に株式会社フォワードを設立。国内大手企業やプロスポーツチームを対象に、ブランド戦略策定~組織変革、研修講師などに豊富な実績を持つ。

「日本の人事部」「HRカンファレンス」「HRアワード」は、すべて株式会社アイ・キューの登録商標です。
当社はプライバシーマーク取得事業者です。類似のサービスやイベントとの混同にご注意ください。

pagetop