日本の人事部「HRカンファレンス2017-秋-」 人の採用・育成・マネジメントに携わる皆さまが集う、日本最大のHRイベント
2017年11月14日(火)・15日(水)・16日(木)・17日(金)開催 [主催]『日本の人事部』(株式会社アイ・キュー)
[後援]厚生労働省 経済産業省 [会場]大手町サンケイプラザ

プログラム

受付状況
日付

ジャンル

フリーワード
<11/14(火)>
11/14(火)
15:40 -
16:40
特別講演[C-3] 受付終了

「データ」と「事例」の活用で確信を持って加速できるグローバル人財育成の再検討
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

「データ」と「事例」でRe-thinkする、をテーマに2つのメジャーなニーズに対するヒントを提供します。1点目はビジネス英語力の底上げ。施策の現状と課題から、データ分析結果を踏まえた集合研修とフォロー策の組合わせ実効性を話します。2点目はグローバル実践力の強化。過去の実践力アセスメント結果データ分析を基にしたベンチマーキング、および育成施策の内容と研修効果からお伝えします。

【この講演に期待できること】

●英語力の底上げと実践力強化のための施策を、データと事例という切り口から聞ける


IDEA DEVELOPMENT株式会社 代表取締役

ジェイソン ダーキー氏

【ジェイソン ダーキー氏プロフィール】
(じぇいそん だーきー)米国シアトル出身。上智大学卒業。大学在学中より研修企画会社に勤務。インストラクターおよび研修プログラム開発を担当し、その後専任部長となる。2003年に企業向け教育研修会社アイディア社を設立、代表取締役に就任。現在は、データと定着の2つのキーワードを基軸に幅広い業界に人材育成サービスを提供。
<11/15(水)>
11/15(水)
9:30 -
10:30
特別講演[D-2] 受付中

体感! 新形式TOEICテストスコアと仕事で使える英語力を同時に手に入れる学習法

効率よく全社の英語力を高めたいとお考えの人事の皆さま、本講演では新形式TOEICのスコアアップと仕事で使える実践的な英語力が同時に身に付く効果的な英語学習法をお伝えします。実践的な英語力習得の指導に定評のある講師を迎え、本日限定の内容で受講者参加型の60分をお届け。理論のレクチャーだけでなく学習法の実践練習を通じて、楽しみながら効果的な英語学習法を理解・体感・納得いただきます。
(協賛/リアリーイングリッシュ株式会社)

【この講演に期待できること】

●楽しみながら業務でも通用する語学力を高める手法を実践の中で学べる
●TOEICテストスコアを英語力の評価基準としている場合、効果的に社員のスコアを延ばすポイントがわかる


株式会社ラーニングコネクションズ 代表取締役

早川 幸治氏

【早川 幸治氏プロフィール】
(はやかわ こうじ)SEから英語講師に転身、現在は全国の企業でTOEIC研修や英語学習法セミナーなどを担当。TOEIC®-LR990点。TOEIC®-LRを100回以上受験。傾向をおさえた効率的な学習法が好評、大幅なスコアアップ達成者を多く輩出。著書に『TOEIC®テスト 書き込みドリル【フレーズ言いまわし編】』など。
11/15(水)
9:30 -
10:30
特別講演[D-4] 受付終了

企業理念を活かせば採用はうまくいく。組織成長のための多国籍採用と社内体制とは
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

人材不足の時代に必須となってきた外国人採用。彼らは何に惹かれ企業を選ぶのでしょうか。モンスター・ラボ東京本社は12国籍の外国人人材を全体の約2割雇用し高い定着率を保っています。創業以来重視してきた弊社採用スタンスと、社内英語化を行わず外国人社員を組織に統合してきた実例、またさらなる組織成長のステップとして海外組織と日本との架け橋となる人材の育成方法についてお話します。

【この講演に期待できること】

●「社内英語化を行わなくても」日本にいる外国人を採用して組織に統合した取り組み実例が聞ける
●海外の組織と日本との「架け橋となる人材育成方法」の取り組み実例が聞ける
●外国人人材が社内の一員となり活躍しているからこそ生まれるメリットの話しが聞ける


株式会社モンスター・ラボ 人事部長

椎葉 育美氏

【椎葉 育美氏プロフィール】
(しいば いくみ)2008年上智大学大学院卒業。在日本リトアニア大使館広報担当官、外資系ホテルチェーンカールソン・レジドールグループ傘下ホテルの広報・マーケティング責任者を経たのち、モンスター・ラボに2015年広報として入社、サービス開発事業部マーケティング責任者を経て2017年2月より人事部長に就任。
11/15(水)
15:40 -
16:40
特別講演[F-5] 受付終了

“英語が苦手な日本人”を克服する研修とは?~語学研修成功のための3つのポイント~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

“日本人は英語が苦手”は本当? なぜ? どうすればいい? 誰もが一度は抱いたことのある疑問にECC総合教育研究所所長がお答えします。さらに、人事の方が知っておくべき“語学研修成功のための3つのポイント”を、豊富な導入実績の中から具体的な事例を通してお伝えします。“英語Learnerを英語Userへ変える秘訣”とは。従業員の英語力向上でお悩みのご担当者様必聴の60分です。

【この講演に期待できること】

●豊富な導入実績の中から語学研修成功のための3つのポイントを知ることができる
●日本人が弱いと言われる「自分から発信する力」の引き出し方を知ることができる
●講師派遣・通学・オンラインなどの中から適切な研修スタイルの選び方を知ることができる


株式会社ECC 総合教育研究所 所長

太田 敦子氏

【太田 敦子氏プロフィール】
(おおた あつこ)1987年5月(株)ECC入社。幼児から大人までを対象とした英語教材の開発、指導法の研究に従事。また英語指導者育成のプログラム開発にも携わる。近年では小学校教師向けや企業向けの社員英語教育セミナー等多数担当。2012年12月より現職。2014年12月よりECC総合研究所・マーケティング本部部長兼任。

株式会社ECC 法人渉外事業部 法人事業課 マネジャー

福本 收均氏

【福本 收均氏プロフィール】
(ふくもと しゅうき)広告代理店・外資系保険会社勤務を経て2009年5月(株)ECC入社。学校法人・企業向け語学サービスを提供するコンサルタントとして従事。大阪、東京の営業センター責任者を歴任後、2016年6月より現職。上場企業や官公庁、公立大学など、様々な法人の語学に関する課題を解決し、取引先の事業成長を支援している。
11/15(水)
16:50 -
18:05
特大会場[F] 受付終了

グローバルリーダーの働き方 ~こういうリーダーでは通用しない~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

グローバル人材の人材像についてよく議論されますが、リーダーとして国内ではそこそこ成果を出せているのに、グローバル環境では機能しない人は、いったい何が不足しているのでしょうか。語学力以外の側面から、グローバル環境でリーダーとして活躍してきた方々からの意見も参考にしながら、整理していきます。

【この講演に期待できること】

●問題のあるリーダーには、どんな特徴や傾向があるのか、また、それをどうすれば改善できるのかがわかる
●いま日本企業に求められる、リーダーシップスタイルがわかる


慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 特任教授

高橋 俊介氏

【高橋 俊介氏プロフィール】
(たかはし しゅんすけ)1954年生まれ。東京大学工学部卒業、米国プリンストン大学工学部修士課程修了。日本国有鉄道(現JR)、マッキンゼー・ジャパンを経て、89年にワイアット(現タワーズワトソン)に入社、93年に同社代表取締役社長に就任する。97 年に独立し、ピープルファクターコンサルティングを設立。2000年には慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科教授に就任、11年より特任教授となる。主な著書に『21世紀のキャリア論』(東洋経済新報社)、『人が育つ会社をつくる』(日本経済新聞出版社)、『自分らしいキャリアのつくり方』(PHP新書)、『プロフェッショナルの働き方』(PHPビジネス新書)、『ホワイト企業』(PHP新書)など多数。
<11/16(木)>
11/16(木)
9:30 -
10:30
特別講演[G-4] 受付中

ビジネスで使える英語4技能の育成と測定方法とは~20万件のデータ分析から~

企業のグローバル化がさけばれて久しい現在においても、日本人の英語力(スピーキング力)は一向に上がらないという現実があります。その背景には「既存の育成方法では効果がない」「測定が目的化している」という課題があると考えています。本講演では英語4技能アセスメントテストGTEC(ジーテック)の受験データから、英語4技能の育成と測定において、具体的事例を交えてお話しします。

【この講演に期待できること】

●実践的な英語力を高めるための学習メソッドや研修制度設計方法、取り組み事例がわかる
●英語4技能の効果的、効率的な測定方法がわかる


株式会社ベネッセi-キャリア HRソリューション事業部

佐藤 桂司氏

【佐藤 桂司氏プロフィール】
(さとう けいじ)2004年(株)ベネッセコーポレーション入社。4技能をオンラインで測定する英語アセスメントテストGTEC(ジーテック)の営業、および企業の英語力向上のためのコンサルティング業務を担当。
11/16(木)
15:40 -
16:40
特別講演[I-6] 受付終了

知名度の低い会社が成功した採用の裏ワザ――外国人採用で陥る「落とし穴」とは――?
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

有効求人倍率は増加の一途をたどっており、多くの企業が採用に苦戦しています。これまで以上に視点を広げ、自社にフィットする採用方法を模索することが求められています。
外国人認知度NO.1の転職サイト『ガイジンポット』の運営会社代表が、外国人採用に向いている会社、ハマりやすい職種など、成功事例を交えて紹介します。また、人事採用における「意外な落とし穴」についてもご案内します。

【この講演に期待できること】

●新しい採用手法として、外国人採用の可能性を模索できる
●外国人採用の成功事例やメリット・デメリットを端的に理解できる
●会社の知名度に関わらず、採用を成功につなげるヒントを得られる


株式会社ジープラスメディア 代表取締役

時澤 正氏

【時澤 正氏プロフィール】
(ときざわ ただし)1986年東京大学卒、通産省入省。1989年(株)フジテレビジョン入社。報道記者、パリ駐在を経て、情報番組のプロデューサーを歴任。2006年社内ベンチャーで新規メディア開発のフジテレビラボ設立。2015年(株)ジープラスメディアの傘下入りに伴い同社代表に就任し、(株)フジ・メディア・ホールディングス 経営企画局局次長を兼任。

※プログラムは予告なく内容などを変更することがございますので、予めご了承ください。

参加お申込み

※一次募集期間(10/18(水)まで)は、一部の方を除き4講演まで申し込むことができます。
※一次募集期間終了後、お申し込み状況をふまえ、席数等の調整を行った上で、10/23(月)から二次募集を開始いたします。
※既に『日本の人事部』に会員登録されている方は、必ずログインの上、お申し込みください。
※お申し込みが一定数に達した講演は順次受付を締め切ります。

「日本の人事部」「HRカンファレンス」「HRアワード」は、すべて株式会社アイ・キューの登録商標です。
当社はプライバシーマーク取得事業者です。類似のサービスやイベントとの混同にご注意ください。

pagetop