日本の人事部「HRカンファレンス2017-秋-」 人の採用・育成・マネジメントに携わる皆さまが集う、日本最大のHRイベント
2017年11月14日(火)・15日(水)・16日(木)・17日(金)開催 [主催]『日本の人事部』(株式会社アイ・キュー)
[後援]厚生労働省 経済産業省 [会場]大手町サンケイプラザ

プログラム

受付状況
日付

ジャンル

フリーワード
<11/14(火)>
11/14(火)
15:40 -
16:40
特別講演[C-6] 受付終了

アルバイト大量採用は上手くいく! 最新データと成功企業からみる押さえるべき5つの方法
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

バブル期以来の人材不足により、多くのアルバイト・パートを雇用する企業では採用が大きな課題となっています。本講演では多くのアルバイト・パートを抱え、毎月100名以上の採用を目指す企業を対象に、最新の30万件の採用データと企業事例をもとに「今一番、成果の上がる広告媒体は?」「採用がうまい企業が行っていることは?」など、具体的ですぐに使える方法を分かりやすくお伝えします!

【この講演に期待できること】

●最新のデータと事例を通じて、アルバイト・パートの大量採用を成功に導くノウハウがわかる


株式会社エスプール 執行役員 採用支援事業部長

鬼木 陽一氏

【鬼木 陽一氏プロフィール】
(おにき よういち)2006年株式会社エスプール入社。2年目より人材子会社(現エスプールヒューマンソリューションズ)で支店長、エリア長、事業部長を歴任し、200社以上を担当。2014年より人材会社の50万人の採用ノウハウを活用した採用支援事業の立ち上げをし、現在100社以上の企業の採用支援を手がける。
<11/15(水)>
11/15(水)
13:10 -
14:10
特別講演[E-1] 受付終了

人が辞めない会社がやっている「すごい」人事評価
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

「長時間労働の是正」「生産性の向上」「同一労働同一賃金」など、各社での“働き方改革”の取り組みが求められています。これらの取り組みを実現に導くポイントは人事評価制度の設計の仕方にありました。本講演では、これから人事評価制度の導入を検討している企業様へ、“働き方改革”を成功させる人事評価制度のポイントとは何かを弊社代表自ら徹底解説します。

【この講演に期待できること】

●“働き方改革”を成功させる人事評価制度設計の仕方やポイントが理解できる


株式会社あしたのチーム 代表取締役社長

高橋 恭介氏

【高橋 恭介氏プロフィール】
(たかはし きょうすけ)1974年、千葉県生まれ。大学卒業後、興銀リース株式会社に入社。2002年、ベンチャー企業であったプリモ・ジャパン株式会社に入社。副社長として人事業務に携わり、同社を業界シェア1位にまで成長させた。その後、2008年のリーマンショックの直後に株式会社あしたのチームを設立、代表取締役社長に就任する。
11/15(水)
15:40 -
16:40
特別講演[F-3] 受付終了

『生産性向上』につながる人材マネジメント改革
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

人材不足への対応やワークライフバランスの推進などを目的として、国を挙げて「生産性向上」への取り組みが進められています。このような背景の中、各企業においては「より短い労働時間」で「より高い成果」を生み出せる人づくり/環境づくりが求められることになります。本講演では、「人材マネジメント」の観点から、社員の生産性向上に資する各種施策について、提案・解説いたします。

【この講演に期待できること】

●生産性向上のための人材マネジメント施策とその事例・解説が聞ける


株式会社新経営サービス 上席コンサルタント

岩下 広文氏

【岩下 広文氏プロフィール】
(いわした ひろふみ)国内事業会社にて人事・総務等の実務に従事。その後、外資系大手コンサルティングファーム等にて人事コンサルティング業務に従事した後、現職。人事コンサルティング歴は14年以上にわたっており、評価・賃金制度構築や退職金制度構築だけでなく、組織・人事面における幅広いテーマでのコンサルティング経験を有する。
<11/16(木)>
11/16(木)
9:30 -
10:30
特別講演[G-2] 受付終了

解説:『タレントアナリティクス』による人事戦略の実行と検証
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

継続的な事業の拡大・効率化には人材の適正配置を必要とし、事業環境の変化は既存事業の軸とは異なる新たな人材を必要とします。本講演では、タレントアナリティクスによる人事戦略の実行と検証に向けて、◎タレントアナリティクスとは◎タレントアナリティクスによる人材発掘と適正配置・計画◎タレントアナリティクスの次のアクションについてご説明します。

【この講演に期待できること】

●タレントアナリティクスの基本的な考え方がわかる
●会社の経営・事業戦略をどのようにタレントアナリティクスと結び付け実行するか、その概念がわかる


株式会社クニエ シニアマネージャー

中村 俊樹氏

【中村 俊樹氏プロフィール】
(なかむら としき)出版業及び外資系総合コンサルティングファームを経て、株式会社クニエ入社。人事部門機能再編、業務改善、人事情報分析を中心に、システム導入企画・支援までの幅広い領域にわたる一貫したコンサルティングを展開。主に自動車、運輸、メディア・情報サービス、その他製造業等を中心に知見と経験を有する。
11/16(木)
13:10 -
14:10
特別講演[H-3] 受付終了

これまでの常識を打破した本格的な進め方を解説! 必ず成果を上げる目標管理
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

業績が停滞する企業の共通点は「顧客価値の理解が浅い」「従来の仕事の進め方から脱出できない」「上司と部下が面談で目標を設定している」の3点です。この状況を打破し、再び成長過程に入るには、従来のやり方が限界であることを認識し、正しい仕事の進め方を実行することが必要です。これが真の目標管理です。本講演では、従来の目標管理に捉われない効果的な展開を、実例を用いて解説します。

【この講演に期待できること】

●業績を向上させるために有効な目標管理の手法が理解できる
●効果的な目標管理の手法を導入している他社の成功事例がわかる


株式会社日本経営システム研究所 代表取締役

中村 壽伸氏

【中村 壽伸氏プロフィール】
(なかむら ひさのぶ)学習院大学法学部卒、社会保険労務士、銀行勤務を経て現職。専門は「役員人事」「業績連動人件費管理」「目標管理」、成長意欲のある中小・中堅企業を対象に業績向上の人事をコンサルティングしている。顧客企業がそれまでに経験しない業績向上を実現させる目標管理が得意で、一般常識の盲点を突く方法で成功に導いて行く。
11/16(木)
15:40 -
16:40
特別講演[I-3] 受付終了

「戦略人事のための人選力」リーダーを継続的に輩出する昇進・選抜基準の設計ポイント
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

「人選と育成」の両面から、各企業のリーダー育成を過去20年に渡り支援してきたメソッドと実績をもとに、リーダー育成の大前提となる “人選の考え方”をご紹介します。人事部と現場の評価にズレがある、昇格・選抜基準が不鮮明、昇格・選抜手法の客観性や妥当性が低い、人選と育成の体系が紐づいていない等、昇進昇格の仕組みやリーダーの選抜・育成のあり方に問題意識をお持ちの方は必見です。

【この講演に期待できること】

●「どうすれば自社が求めるリーダーを戦略的に輩出していくことができるのか?」という疑問が解消される
●「昇進昇格・選抜」と「リーダー育成」につながりをつくるヒントが得られる
●求めるリーダーや管理職を選抜するのに最適な手法を具体的に確認することができる


株式会社リードクリエイト 取締役

吉田 卓氏

【吉田 卓氏プロフィール】
(よしだ たかし)大学卒業後、大手金融機関に入社。企画部門を経て、人事部門で人事評価や人材配置に従事。2005年、リードクリエイトに入社。リーダーの選抜・育成を中心とした人材開発支援を担当し、これまでソリューションに携わった企業は500社を超える。現在、「実践知」をベースにしたセミナーを多数開催。2015年より現職。
<11/17(金)>
11/17(金)
13:00 -
15:00
ワークショップ[WS-16] 受付終了

内定承諾につながる採用選考とは ―見極めと魅力付けを実現するポイント―
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

集める、魅力付けする、見極める。採用活動はこの3ステップで構成されますが、売り手市場の今、見極めの段階でフォローの要素を加える重要性が増しています。選考の中でもフォローを通じていかに自社の魅力付けを図れるかが、内定承諾率の向上に大きな影響を与えます。ではどうすれば選考と魅力付けを両立できるのでしょうか? そのヒントを、行動観察評価のノウハウを用いて体感的にご紹介します。

【この講演に期待できること】

●自社の内定承諾率を高めるためのヒントがわかる
●選考と自社の魅力付けを両立する手法を体感できる


創作株式会社 副代表/チーフプロデューサー

平野 佑氏

【平野 佑氏プロフィール】
(ひらの ゆう)陸上自衛隊と酒造メーカーを経て、現在は創作株式会社でオーダーメイドやパッケージのビジネスゲーム開発とマーケティング全般を担う。これまでに採用広報ツールとして食品メーカー、住宅メーカー等、研修ツールとして不動産企業等にオリジナルビジネスゲームを開発。そのほか内定者研修や新入社員研修などの提供も行う。
11/17(金)
15:40 -
16:40
特別講演[L-4] 受付終了

テレワークにも適性があった?!組織と社員のテレワーク適性と注意すべきポイントとは
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

働き方改革の重要施策として位置づけられているテレワークですが、導入においては、勤務管理や人事給与体系などの各種制度の整備はもちろん、実は組織や社員にテレワーク適性があるかどうかが大きなポイントです。本講演では、約200社のテレワーク導入現場から導き出された組織や社員のテレワーク適性と適性を引き上げるためのポイントについて事例を交えてご説明いたします。

【この講演に期待できること】

●テレワーク適性についてわかる
●テレワーク導入をする上でのポイントがわかる


代表取締役 NPO法人ウーマンキャリアデザイン 代表/株式会社WorkDive 代表取締役

保田 由香氏

【保田 由香氏プロフィール】
(ほうだ ゆか)国内航空会社で国際線CAとして勤務後、ベンチャーキャピタルでの起業支援や企業の人事部等を経験。現在、出社とテレワークの組み合わせを提唱する株式会社WorkDiveの代表取締役と、女性の在宅就労支援を行うNPO法人ウーマンキャリアデザインの代表を務め、企業のテレワーク導入支援で約200社の実績を持つ。

※プログラムは予告なく内容などを変更することがございますので、予めご了承ください。

参加お申込み

※一次募集期間(10/18(水)まで)は、一部の方を除き4講演まで申し込むことができます。
※一次募集期間終了後、お申し込み状況をふまえ、席数等の調整を行った上で、10/23(月)から二次募集を開始いたします。
※既に『日本の人事部』に会員登録されている方は、必ずログインの上、お申し込みください。
※お申し込みが一定数に達した講演は順次受付を締め切ります。

「日本の人事部」「HRカンファレンス」「HRアワード」は、すべて株式会社アイ・キューの登録商標です。
当社はプライバシーマーク取得事業者です。類似のサービスやイベントとの混同にご注意ください。

pagetop