日本の人事部「HRカンファレンス2018-春-」 人の採用・育成・マネジメントに携わる皆さまが集う、日本最大のHRイベント
2018年5月15日(火)・15日(水)・16日(木)・17日(金)開催 [主催]『日本の人事部』(株式会社アイ・キュー)
[後援]厚生労働省 経済産業省 [会場]大手町サンケイプラザ

講演者インタビュー

日本の人事部「HRカンファレンス2017-秋-」トップ講演者インタビュー> 浦山 昌志氏(株式会社IPイノベーションズ 代表取締役/ATD JAPAN日本代表 事務局長/中小企業診断士)インタビュー

講演者インタビュー一覧

「今、人材育成に必要なこと=働き方改革 →学びの改革」その成功へ導くヒント!

浦山 昌志氏 photo

株式会社IPイノベーションズ 代表取締役/ATD JAPAN日本代表 事務局長/中小企業診断士

浦山 昌志氏

ビジネス環境が変化するにつれ、働き方改革、制度の見直しに注目が集まっています。では、その先のゴールは明確になっているのか、ゴールは社員にも浸透しているのかといったことでなかなか改革が進まない企業様の声を多く聞いております。本講演では、働き方改革はまさに“学び方改革”が重要と位置づけ、その学び方の変革へのヒントをご紹介いたします。

―― 今回の講演のポイントについて、お聞かせください。

ビジネス環境の変化に伴い、「『働き方改革』や『制度の見直し』が重要だ!」という声が多く聞かれます。しかし、「そのゴールがどこなのか?」「何が達成されることがゴールなのか?」を明確に、分かりやすく伝えられているでしょうか。そのゴールが社員に伝わっていなければ、いわゆる残業禁止のみが先行し、多忙な社員がさらに短い時間で業務をこなさなくてはならない、協力が得られずなかなか改革が進まない、といった状態に陥ります。

働き方改革における目標のひとつは、“生産性の向上”でしょう。これまでよりも少ない時間で、これまでよりも高い成果、高い利益を生み出すことが働き方改革のひとつのゴールと考えたとき、個人や組織が取り組むべき重要なことは何なのでしょうか。

また、働き方改革は“学びの変革”でもあります。ビジネス環境の大きな変化の中では、これまであった職種が変わり、個人に求められる能力も変わってきています。個人は、働きながらいかに学ぶ機会をつくり出すか。組織は、個人のレベルアップする機会どのようにつくり出すか。そのヒントのひとつがITの活用です。

本講演では、”ITを活用した学ぶ組織”のヒントや事例も交えてご紹介いたします。

※スマートフォンやタブレットをご持参の上、ご参加ください。
 QRコードが読み込めると状態であればより簡単です。

―― 貴社の強みや特徴について、お聞かせください。

エンジニアの人材育成に30年以上携わり、海外よりCisco認定資格の日本導入、LMSの企業導入コンサルティングなど幅広く手掛けています。近年はATD日本代表理事も務め、多くの海外の事例を元に、日本企業向けにアレンジした研修や人材育成計画への支援などを行っています。

※ATD:Association for Talent Development:米国に本部を置き約100カ国以上の国々に約40,000人超の会員をもつ、訓練・人材開発・パフォーマンスに関する世界最大の会員制組織

―― 講演に向けての抱負や、参加される皆さまへのメッセージをお願いします。

近年、多くの企業が取り組みを進めている働き方改革ですが、ただ働き方を変える制度を見直すのではなく、働き方を変えるために個人、組織の学び方を変えていくことが重要、かつ必要です。

VUCA環境の下、人に求められる能力も変化し、これまであった職種は人とロボットに区分けされていく時代が迫ってきています。そのような中で、働きながらパフォーマンスを向上するためには個人と組織の次世代に向けた学びの機会をどのように創出するかが大切です。

この講演をそのヒントとし、参加いただいた皆さまと一緒に考えていければ幸いです。

  • この記事をシェア
講演者インタビュー一覧へ
講演者プロフィール
浦山 昌志氏(うらやま まさし)
株式会社IPイノベーションズ 代表取締役/ATD JAPAN日本代表 事務局長/中小企業診断士
エンジニアの人材育成に20年以上携わり、海外よりCisco認定資格の日本導入の先駆者であり、LMSの企業導入の先駆者でもある。人材育成のコンサルティングを幅広く手掛け、近年はATD日本代表理事も務め、多くの海外の事例を元に、日本企業向けにアレンジした研修や人材育成計画への支援などを行っている。

「日本の人事部」「HRカンファレンス」「HRアワード」は、すべて株式会社アイ・キューの登録商標です。
当社はプライバシーマーク取得事業者です。類似のサービスやイベントとの混同にご注意ください。

pagetop