日本の人事部「HRカンファレンス2018-春-」 人の採用・育成・マネジメントに携わる皆さまが集う、日本最大のHRイベント
2018年5月15日(火)・15日(水)・16日(木)・17日(金)開催 [主催]『日本の人事部』(株式会社アイ・キュー)
[後援]厚生労働省 経済産業省 [会場]大手町サンケイプラザ

講演者インタビュー

日本の人事部「HRカンファレンス2017-秋-」トップ講演者インタビュー> 秋田 正倫氏(株式会社エムティーアイ 執行役員 ヘルスケア事業本部 副本部長)インタビュー

講演者インタビュー一覧

「健康経営」最前線!取り組み企業における最新事例と成功の秘訣とは

秋田 正倫氏 photo

株式会社エムティーアイ 執行役員 ヘルスケア事業本部 副本部長

秋田 正倫氏

ルナルナを運営するエムティーアイが送る「健康経営」推進の最前線。従業員の健康増進は企業の大きな責務であると同時に、生産性の向上など業績に多くのメリットがある重要な投資対象です。課題の把握、分析から施策の実施まで、健康経営に取り組む企業がどのように推進し、どのような成果が得られたのか。弊社サービス「企業向けCARADAパック」の最新事例を交えながらご紹介します。

―― 今回の講演のポイントについて、お聞かせください。

経産省の健康経営優良法人認定制度など近年話題に上がることが増えた「健康経営」ですが、実際に取り組むとなると多くのハードルがあると思います。

特に多いのが、人的なリソースやノウハウの不足です。ぜひ取り組みたい、やらなければいけないのはわかっているが、人がいない、何から手を付ければよいのかさっぱりわからない……。弊社が支援している多くの企業からも、始める前はそのような声を多数伺いました。

今回の講演では、弊社サービスCARADAの支援の下で実際に取り組みを行った企業様の事例を中心に、健康経営の基本的な考え方や取り組まれた結果についてお話いたします。取り組みに躊躇されている方や、スタートしてみたけれど進め方に迷っている方のヒントになれば幸いです。

―― 貴社の強みや特徴について、お聞かせください。

他社にはまだ少ない、企業を直接支援してきた経験値と実績が最大の強みです。健康経営の支援ソリューションとして、多くの企業をサポートしてまいりました。サービス開始からもうすぐ二年になりますが、その中でさまざまな事例やノウハウが蓄積されてきました。先日は健康経営優良法人の中小規模企業部門で弊社が支援した企業が3社認定されるなど、より強力に健康経営の推進を後押しすることができていると実感しています。

―― 講演に向けての抱負や、参加される皆さまへのメッセージをお願いします。

これからの企業経営において、「人」は最大の経営資源です。費用として考えるのではなく、経営上の重要な投資として、従業員の健康について考えてみませんか。弊社の講演が、貴社での健康経営推進を少しでも前向きに考えるきっかけとなれば幸いです。

  • この記事をシェア
講演者インタビュー一覧へ
講演者プロフィール
秋田 正倫氏(あきた まさのり)
株式会社エムティーアイ 執行役員 ヘルスケア事業本部 副本部長
千葉大学工学部(修士)修了後、キヤノン株式会社を経て2007年株式会社エムティーアイ入社。2012年ヘルスケア事業部長に就任し、ウェアラブル機器「カラダフィット」などの商品を開発。現在は執行役員ヘルスケア事業本部副事業本部長として、2015年よりヘルスケア総合サービス「CARADA」を開始している。

「日本の人事部」「HRカンファレンス」「HRアワード」は、すべて株式会社アイ・キューの登録商標です。
当社はプライバシーマーク取得事業者です。類似のサービスやイベントとの混同にご注意ください。

pagetop