日本の人事部「HRカンファレンス2018-春-」 人の採用・育成・マネジメントに携わる皆さまが集う、日本最大のHRイベント
2018年5月15日(火)・15日(水)・16日(木)・17日(金)開催 [主催]『日本の人事部』(株式会社アイ・キュー)
[後援]厚生労働省 経済産業省 [会場]大手町サンケイプラザ

講演者インタビュー

日本の人事部「HRカンファレンス2017-秋-」トップ講演者インタビュー> 早川 幸治氏(株式会社ラーニングコネクションズ 代表取締役)インタビュー

講演者インタビュー一覧

体感! 新形式TOEICテストスコアと仕事で使える英語力を同時に手に入れる学習法

早川 幸治氏 photo

株式会社ラーニングコネクションズ 代表取締役

早川 幸治氏

効率よく全社の英語力を高めたいとお考えの人事の皆さま、本講演では新形式TOEICのスコアアップと仕事で使える実践的な英語力が同時に身に付く効果的な英語学習法をお伝えします。実践的な英語力習得の指導に定評のある講師を迎え、本日限定の内容で受講者参加型の60分をお届け。理論のレクチャーだけでなく学習法の実践練習を通じて、楽しみながら効果的な英語学習法を理解・体感・納得いただきます。
(協賛/リアリーイングリッシュ株式会社)

―― 今回の講演のポイントについて、お聞かせください。

「TOEICでハイスコアを取れても、使えなければ意味がない」という言葉をよく耳にします。もちろん、その通りだと思います。しかし、「英語を学ばなくてはならない」というのもまた現実です。

本講演では、「ビジネスとスポーツの共通点に見る英語の必要性」のほか、上達させるためのコツとして、(1)モチベーションや意志に頼らない学習、(2)上達の実感を得られる学習をご紹介します。「読めばわかるのに、聞くとわからない」という悩みや、「単語はわかるのに速く読めない」というギャップを埋めるために必要なのが、知識をスキルへ高めること。これにより、「今まで聞けなかったものが聞こえた!」という状況を作り出すことができます。

テクニック重視ではなく、TOEICを素材に使うことでスコアを高めながら、「知識→スキル→運用力」へとスキルアップしていくための学習法をお伝えします。

―― 貴社の強みや特徴について、お聞かせください。

私はもともと英語が大の苦手で、高校2年生で受験した英検4級にすら不合格でした。そんな苦手意識を克服した経験から、これまで全国約120社、のべ20,000人の方へ体験を通して身に付ける学習法をお伝えしてきました。英語だから特別な才能が必要だということはありません。もともと三日坊主のスペシャリスト(?)である私が、英語学習のほか、トイレ掃除やメールマガジンの配信などを2300日以上にわたり毎日継続できているのも、強い意志を持っているからではなく、継続の仕組みを使っているからです。

―― 講演に向けての抱負や、参加される皆さまへのメッセージをお願いします。

三日坊主の理由は意志の弱さではありません。学習を継続して成果につなげるために必要な仕組みや仕掛けを活用することで、確実に学習をスタートさせるきっかけとなれば嬉しく思います。

  • この記事をシェア
講演者インタビュー一覧へ
講演者プロフィール
早川 幸治氏(はやかわ こうじ)
株式会社ラーニングコネクションズ 代表取締役
SEから英語講師に転身、現在は全国の企業でTOEIC研修や英語学習法セミナーなどを担当。TOEIC®-LR990点。TOEIC®-LRを100回以上受験。傾向をおさえた効率的な学習法が好評、大幅なスコアアップ達成者を多く輩出。著書に『TOEIC®テスト 書き込みドリル【フレーズ言いまわし編】』など。

「日本の人事部」「HRカンファレンス」「HRアワード」は、すべて株式会社アイ・キューの登録商標です。
当社はプライバシーマーク取得事業者です。類似のサービスやイベントとの混同にご注意ください。

pagetop