日本の人事部「HRカンファレンス2018-春-」 人の採用・育成・マネジメントに携わる皆さまが集う、日本最大のHRイベント
2018年5月15日(火)・15日(水)・16日(木)・17日(金)開催 [主催]『日本の人事部』(株式会社アイ・キュー)
[後援]厚生労働省 経済産業省 [会場]大手町サンケイプラザ

講演者インタビュー

日本の人事部「HRカンファレンス2017-秋-」トップ講演者インタビュー> 浅井 周嗣氏(株式会社ペイロール 営業本部 営業部 部長)インタビュー

講演者インタビュー一覧

働き方改革事例紹介~給与アウトソーシングから始める改革成功への道~

浅井 周嗣氏 photo

株式会社ペイロール 営業本部 営業部 部長

浅井 周嗣氏

世間で大きな注目を集める「働き方改革」。人事領域において、負担が大きい毎月の給与計算業務を効率化させることで、企画・戦略立案といったコア業務に専念できる状況を生み、企業の継続的な成長を促します。本講演では、弊社お客様である大手企業を中心とした働き方改革取り組みの実例と、アウトソーシング導入効果をご紹介。貴社の現状を変えるヒントをお伝えします。

―― 今回の講演のポイントについて、お聞かせください。

本講演では、以下の二つのテーマをお届けします。
・働き方改革の先駆的企業がどのような取り組みをされているかの事例
・給与アウトソーシングの導入効果紹介

まずは、昨今注目されている「働き方改革」。改革といっても労働時間を短縮するだけでは企業の成長に繋がらないため、個々の生産性を高める必要があります。2~3年前から改革に取り組んでいる企業の事例を取り上げ、取り組むことになった背景や、改革推進にあたり従業員にどのような配慮をしてきたのか、現状の改革状況など、弊社が独自でインタビューした内容をもとに、貴社の改革取り組み推進のヒントをお伝えします。

また、ある調査では、人事が戦略的に活動できている企業はわずか3割というデータがあります。日々の管理業務に追われていることが主な要因ですが、一定の負担となっている管理業務の中に、給与計算業務があります。

毎月の給与関連定型業務で発生する業務負担を軽減させることで、人事部内でも「働き方改革」が実施され、戦略的な人事組織へと生まれ変わることができます。その手法の一つが、給与業務アウトソーシングです。講演の後半では、給与アウトソーシングを導入した背景や、導入成功のポイント、どれほどの業務削減効果が生まれるのかを、弊社のお客様の事例をもとにご紹介します。

―― 貴社の強みや特徴について、お聞かせください。

弊社は240社86万人分の給与業務サービスを受託し、給与アウトソーシング業界においてNo.1の実績を誇っています。

給与に関する幅広いサービスの中でも特に多くのお客様に喜ばれているのが、導入した拠点や従業員の方と弊社が直接やり取りを行っている点です。給与計算をするだけでなく、従業員の方への書類発送や問い合わせ受付なども給与業務の一部と考えており、そうした業務も含めてアウトソーシングすることでお客様の負担を軽減し、効率化した運用を実現できます。

まさにコア業務専念の手段として用いることが可能ですので、働き方改革を積極的に取り組める戦略的な組織へ変わるためには、まずは給与業務をアウトソーシングすることから始めてみてはいかがでしょうか。

―― 講演に向けての抱負や、参加される皆さまへのメッセージをお願いします。

働き方改革は近年の人事の最重要課題です。本講演では、より自社が発展するため、競合企業に勝つために、他社がどのような考えで働き方改革に取り組まれているのか、また人事を本質から戦略的な組織に変えていくために、どのようなことをされているのかをご紹介します。ぜひ貴社の働き方改革の企画にご活用下さい。

  • この記事をシェア
講演者インタビュー一覧へ
講演者プロフィール
浅井 周嗣氏(あさい しゅうじ)
株式会社ペイロール 営業本部 営業部 部長
2002年(株)ペイロール新卒入社後、営業、セットアップ(設定導入)部門の部長を務める。製造業、金融業、小売業、サービス業など多くの業種・業界の人事・給与業務にかかわり、改善の提案を実施。2010年から営業部長として現場を指揮。講演経験も多数。

「日本の人事部」「HRカンファレンス」「HRアワード」は、すべて株式会社アイ・キューの登録商標です。
当社はプライバシーマーク取得事業者です。類似のサービスやイベントとの混同にご注意ください。

pagetop