日本の人事部「HRカンファレンス2018-春-」 人の採用・育成・マネジメントに携わる皆さまが集う、日本最大のHRイベント
2018年5月15日(火)・15日(水)・16日(木)・17日(金)開催 [主催]『日本の人事部』(株式会社アイ・キュー)
[後援]厚生労働省 経済産業省 [会場]大手町サンケイプラザ

講演者インタビュー

日本の人事部「HRカンファレンス2017-秋-」トップ講演者インタビュー> 森戸 朝之氏(株式会社スターリーグ 代表取締役)インタビュー

講演者インタビュー一覧

「やらない」「デキない」「終わらない」チームの変え方

森戸 朝之氏 photo

株式会社スターリーグ 代表取締役

森戸 朝之氏

みんな薄々気づいている、そもそもデキない部下はどんなに教えてもやれない。教え方や研修では超えられない壁がある。だからこそ、採用でやりきれる人を揃えることが、チーム作りの根本治療。やりきる人材に集中して投資することが企業の成長を支えます。成長ベンチャーでも中小企業でも今すぐに始められる採用方法とは。パーソナリティテスト『Decide+』でやりきる人材を逃さず採用。

―― 今回の講演のポイントについて、お聞かせください。

成長ベンチャーや中小企業が成長し続けるために必要となる、妥協のない採用方法をお伝えします。

200人以下の企業のボードメンバーには、新規事業立ち上げや企画立案、事業推進に長けている方が多く存在します。しかし一方で、組織開発は感覚に頼り切りになっていたり、限られた経験者の一存に任せてしまっていたりするケースが少なくありません。その結果、組織作りに失敗された企業に、数多く触れてきました。

組織作りは人材採用から始まります。現在、採用をサポートするさまざまな手法やツールが増えていますが、最も重要なポイントは、「人材をどう見極めるか」。フィーリング面接や能力試験による数値化は、部分を見ているだけで誤った判断へと導いている可能性があります。

トラブルを引き起こしたり、職場うつをまん延させたり、案件を進められないような問題社員は、選考の時点でしっかり見抜くことが肝要です。デキない社員にお金や時間を投下するのではなく、デキる社員を採用して資源を集中投下することが、組織を大きく成長させ続ける唯一の方法です。

―― 貴社の強みや特徴について、お聞かせください。

中小ベンチャー企業でキャリアを積んできた経験から、マネージャーを始め社員一人ひとりの適性を見抜いた採用・配置・育成に強みを持っています。

私は新卒で(株)マードゥレクスに入社し、新卒と要職の採用に携わりました。特に影響力の大きい役職者採用は、スキルだけでなく人物鑑定をすることでミスマッチを防ぎ、その後の組織の成長促進することができました。その後硬直化し始めた組織改革や業務効率化のリーダーを歴任。30代を前にもう一度組織作りにゼロからチャレンジしようと、(株)ライスアイランドに転職。新規事業責任者として新規チャネル開拓と商品開発、メンバーの採用・育成を行い、720%増収をけん引しました。これらの経験を元に2016年に(株)スターリーグを設立し、成長ベンチャーや中小企業を対象に組織開発・採用コンサルティング、ノウハウを詰め込んだアセスメント開発を行い、企業が成長し続ける組織作りをサポートしています。

―― 講演に向けての抱負や、参加される皆さまへのメッセージをお願いします。

これまでおざなりにしてきた組織の問題を、採用手法から抜本的に見直してリスタートしてみませんか?
誰かに任せるのではなく、タクトを振るあなた自身に「本気で変わる」覚悟をもって臨んでいただきたいと思っています。

  • この記事をシェア
講演者インタビュー一覧へ
講演者プロフィール
森戸 朝之氏(もりと ともゆき)
株式会社スターリーグ 代表取締役
成長ベンチャー/中小に特化した組織・人事コンサルタント。(株)マードゥレクス入社後、要職の採用、組織改革、業務効率化のリーダーを歴任。(株)ライスアイランドで新規事業責任者として720%増収を牽引。2016年(株)スターリーグ設立(組織開発・採用、転職支援)。2006年早稲田大学院理工学研究科修了

「日本の人事部」「HRカンファレンス」「HRアワード」は、すべて株式会社アイ・キューの登録商標です。
当社はプライバシーマーク取得事業者です。類似のサービスやイベントとの混同にご注意ください。

pagetop