日本の人事部「HRカンファレンス2017-春-」 人の採用・育成・マネジメントに携わる皆さまが集う、日本最大のHRイベント
2017年5月16日(火)・17日(水)・18日(木)・19日(金)開催 [会場]大手町サンケイプラザ [後援]厚生労働省

講演者インタビュー

日本の人事部「HRカンファレンス2017-春-」トップ講演者インタビュー> 髙橋 豊氏(トーマツ イノベーション株式会社 人材戦略コンサルティング第二事業部 副事業部長)インタビュー

講演者インタビュー一覧

新卒社員を10年で優秀な管理職に成長させる入社後2年間の鍛え方

髙橋 豊氏 photo

トーマツ イノベーション株式会社 人材戦略コンサルティング第二事業部 副事業部長

髙橋 豊氏

1万社を超えるお客様への人材育成支援の経験から、事業成長と人材育成を両立できる優秀な管理職を育成するためには、入社後2年間の育成が重要なことが分かってきました。本講演では、個人の資質であり、育成が困難と言われてきた「ビッグ・ファイブ(勤勉性・外向性等の性格スキル)」を新卒入社後2年間で身につけ、10年で優秀な管理職に成長させるための方法をご紹介いたします。

―― 今回の講演のポイントについて、お聞かせください。

当社がこれまで約1万社の人材開発をご支援してきた中で、人事教育担当の方々から「従来の新入社員研修では近い将来、新入社員が会社を背負って立つ管理職になれるイメージがわかない」という声を多くいただきました。

これまでの企業教育では、主にスキル・ナレッジの習得が重視され、性格を磨くことがメインテーマになることはほとんどありませんでした。しかし、IQをはじめとした認知的スキルとは違い、ビッグファイブのような性格特性は20代半ばまで変化の可能性が大いにあることが研究結果からわかりました。学生から社会人へと環境が変化したばかりの新入社員は、多くが20代半ばまでです。この時期にビッグファイブを身につけることにより、将来優秀な管理職になるための土台が形成されます。

ビッグファイブとは「人間が持つさまざまな性格は五つの要素(特性5因子)の組み合わせで構成される」とするもので、その五つの要素とは「勤勉性」「外向性」「協調性」「情緒安定性」「経験の開放性」です。論理的思考力やプレゼンテーション力などのスキルとは違い、あくまで「性格特性」であるこの五つの要素は、いったいどうすれば身につけることができるのでしょうか。

本講演では、新卒入社後2年間でビッグファイブを身につけ、10年目には優秀な管理職に成長させるための方法を、皆さまにも追体験をしていただきながら探究していきます。

―― 貴社の強みや特徴について、お聞かせください。

当社は、独自の手法でその年の新入社員の傾向を分析し、実態に沿ったプログラムを開発しており、毎年4000名を超える新入社員に研修を実施しています。また、日本初の月額定額制教育研修サービスは、若手社員向けのプログラムを数多く取りそろえています。その結果、教育空白地帯といわれる若手中堅社員の育成に効果が高いことが評価され、約1万社、累計180万人にご利用いただく、日本最大級のサービスとなりました。加えて日本で初めて法人向けモバイル学習サービスを開発し、約1000社の新入社員・若手社員にご利用いただくなど、新入社員・若手社員の教育で先進的な手法を開発し続けています。

私は人材育成、組織開発分野全般にわたって、IT業や製造業の大企業から中堅中小企業まで、500社以上のコンサルティング・研修実績があります。現在は、モバイルを活用し行動変容を促す、新サービスの開発も主導しています。

―― 講演に向けての抱負や、参加される皆さまへのメッセージをお願いします。

どうすればビッグ・ファイブは身につくのか? その具体的な手法を皆さまと共有していきます。ご自身はどのように「勤勉性」「外向性」「協調性」「情緒安定性」「経験の開放性」を身につけてこられたでしょうか。そこにヒントが隠されているかもしれません。

またICTの発展により、学習環境は大きく変わってきています。弊社が開発したモバイル学習サービスなど、スマートフォンアプリを活用した学びは、学習効果を高める手法として注目されています。自社における新入社員の早期立ち上げや、若手社員の成長スピードなど、新入社員や若手社員の育成課題を事前に想起された上で、本講演にご参加ください。

  • この記事をシェア
講演者インタビュー一覧へ
講演者プロフィール
髙橋 豊氏(たかはし ゆたか)
トーマツ イノベーション株式会社 人材戦略コンサルティング第二事業部 副事業部長
IT業、製造業などの大手企業を中心に500社以上の経営コンサルティングを行う。コンサルティングテーマは、経営戦略、組織開発、人材育成など多岐にわたる。現職では新たな人材育成サービスの開発など、新規事業開発にも積極的に取り組んでいる。著書に『場のマネジメント実践技術』(共著/東洋経済新報社)など。

「日本の人事部」「HRカンファレンス」「HRアワード」は、すべて株式会社アイ・キューの登録商標です。
当社はプライバシーマーク取得事業者です。類似のサービスやイベントとの混同にご注意ください。

pagetop