日本の人事部「HRカンファレンス2016-秋-」 人の採用・育成・マネジメントに携わる皆さまが集う、日本最大のHRイベント
2016年11月15日(火)・16日(水)・17日(木)・18日(金)開催 [会場]大手町サンケイプラザ [後援]厚生労働省

講演者インタビュー

日本の人事部「HRカンファレンス2016-秋-」トップ講演者インタビュー> 三宅 潤一氏(G-ソリューション株式会社 代表取締役)インタビュー

講演者インタビュー一覧

たった2日間で1400もの企画案を引き出した発想法 アニマル・シンキング!

三宅 潤一氏 photo

G-ソリューション株式会社 代表取締役

三宅 潤一氏

アニマル・シンキングは、ユダヤ人が開発した発想法&課題解決手法です。動物になぞらえた「比喩(メタファー)」を発想のヒントに使っており、誰でも楽しみながらアイディアを引き出せるように作られています。会議の活性化から問題解決、イノベーションまで様々な場面で応用可能です。本ワークショップでは、様々な企業における導入事例をご紹介し、アニマル・カードを使った発想法をご体験いただきます。

―― 今回の講演のポイントについて、お聞かせください。

アニマル・シンキングは、ユダヤ人が開発した発想法&課題解決手法で、ヨーロッパ諸国やアジア地域で広がりを見せています。日本では2009年から販売を開始し、企業のみならず、学校や地方公共団体などのさまざまな組織にご活用いただいております。

アニマル・シンキングは、動物になぞらえた54種類のアニマル・カードを使い、「動物の比喩(メタファー)」を発想のヒントに、誰でも楽しみながらアイデアを引き出せるように作られています。「普段とは違った角度から物事を見つめてみる」「これまでの常識を疑っていつもの思考プロセスにとらわれずに自由な発想をしてみる」といったことを、アニマル・カードの助けを借りて、スムーズにできるようになります。アイデアマンを自負する方にとってはさらに発想の枠が広がり、普段はあまりアイデアに自信がない方も短時間で大量のアイデアを生み出すことが可能です。

本ワークショップでは、アニマル・カードを使ったアイデア・ワークを体験していただくほか、さまざまな組織での活用事例を紹介します。会議がマンネリ化して業務改善のアイデアが出ない、新製品のアイデアや新たなビジネス・モデルを生み出せていない、といった状況を打破するツールとしての活用法のほか、組織のビジョン構築や戦略構築、部下育成の悩みの解決など、職場のリアルな問題をどう解決していくかについてもお話しします。

―― 貴社の強みや特徴について、お聞かせください。

研修やワークショップはあくまでも職場で成果を出すための手段であると、弊社では考えています。アニマル・シンキングも一つのツールであり、個人の成長やビジネス上の成果を得るための手段と位置付けています。

弊社では2004年の創業以来、さまざまな企業で研修やワークショップ、コンサルティングを実施してきました。経営者の方々と丁々発止の議論をし、人事ご担当者と「教育」の哲学を語り合い、管理職の悩みを聞き、工場を歩き回り、販売の最前線に立つなど、現場を大切にしてきました。そうした取り組みがあって、4期ぶりの営業予算の達成や生産工程の10%短縮、残業時間を一人当たり平均30時間削減、うつ病の罹病(りかん)率の半減など、多くのビジネス上の成果を上げてきました。

本ワークショップではアニマル・シンキングをご紹介しますが、お客さまの課題や職場の状況に合わせて、どう活用できるのかを一緒にとことん考えていきます。

―― 講演に向けての抱負や、参加される皆さまへのメッセージをお願いします。

ワークではアニマル・カードを使い、楽しみながらアイデアを量産する体験をしていただきます。普段とは違う頭の使い方をし、ぜひ、頭を柔らかくしてお帰りください。

また、「会議の活性化」「残業の削減」「部下育成の悩み」などの職場のリアルな課題をシェアしながら、その場でアニマル・カードを使って解決策のアイデアを出していきます。もしかすると、今まで考えもしなかった、新しい解決策をお持ち帰りになれるかもしれません。

また、さまざまな組織のさまざまな課題に対して、アニマル・シンキングをどう活用しているのか、具体的にどんな成果が出ているのか、という活用事例もお伝えします。

  • この記事をシェア
講演者プロフィール
三宅 潤一氏(みやけ じゅんいち)
G-ソリューション株式会社 代表取締役
組織変革・人材開発コンサルタント。大学卒業後、研修会社とコンサルティング会社を経て独立。これまでの顧客企業は大手企業を中心に120社、受講者は3万人を超える。職場での実践と成果に注力し、4期ぶりの営業予算の達成やうつ病の罹病率の半減、残業時間を一人当たり平均30時間削減など多くの成果を上げている。

「日本の人事部」「HRカンファレンス」「HRアワード」は、すべて株式会社アイ・キューの登録商標です。
当社はプライバシーマーク取得事業者です。類似のサービスやイベントとの混同にご注意ください。

pagetop