日本の人事部「HRカンファレンス2016-秋-」 人の採用・育成・マネジメントに携わる皆さまが集う、日本最大のHRイベント
2016年11月15日(火)・16日(水)・17日(木)・18日(金)開催 [会場]大手町サンケイプラザ [後援]厚生労働省

講演者インタビュー

日本の人事部「HRカンファレンス2016-秋-」トップ講演者インタビュー> 吉田 崇氏(イグナイトアイ株式会社 代表取締役)インタビュー

講演者インタビュー一覧

新卒18卒のさらに次、19卒を見据えた採用戦略を!
~採用管理システム最新活用事例~

吉田 崇氏 photo

イグナイトアイ株式会社 代表取締役

吉田 崇氏

採用スケジュールが変更となった2017年新卒採用。山場を終え、次の18卒採用の準備を進めている企業様も多いかと存じます。
本講演では、17卒採用を振り返り、採用管理システムSONARを最大限活用して成功した事例を共有いたします。
最新の採用管理システムが可能にする、戦略的な新卒採用の手法を、18卒採用計画立案時のヒントとしていただけますと幸いです。

―― 今回の講演のポイントについて、お聞かせください。

各社の採用意欲が旺盛な昨今、新卒採用で自社の求める応募者を採用する難易度が高まっています。このような情勢に呼応し、企業が応募者へアプローチするための応募チャネルは多様化。従来の就職ナビ媒体をはじめ、人材紹介やダイレクトリクルーティングツールの普及など、採用担当の方が管理しなければならない応募チャネルは、増加の一途をたどっているのが現状です。

これら各チャネルからの応募者を一元管理し、自社の採用全体を俯瞰した上で、どのような採用戦略を講じるのか。目の前の業務に追われることなく、コア業務に集中できる環境を、どうやってつくるのか。こうした視点が、今後の採用成功には欠かせません。

本セミナーでは、17卒採用を振り返りながら、採用担当の方が抱えるこれらの課題を解決し、採用コア業務に特化する時間を捻出するための「採用管理システム」を、事例とともにご紹介いたします。

―― 貴社の強みや特徴について、お聞かせください。

弊社はこれまで、採用管理システム『SONAR』と適性検査『Compass』を主軸に、「IT」と「採用ノウハウ」を組み合わせたベストプラクティスを、お客さまに提供してまいりました。

応募者の母集団形成以後の採用プロセスの「見える化」と「自動化」を追求した『SONAR』は、すでに260社を超える企業に導入していただいており、採用目標のゴールから逆算した、さまざまなアクションプランの実行支援を得意としております。

これらのサービスに加え、2014年には、Webマーケティングを活用した採用広告サービス『Sniping』をリリース。これにより、ターゲット人材に認知~応募~魅力付け~選考~入社までのトータルソリューションが可能です。

いずれもクラウドサービスで、リーズナブルな価格からはじめられることから、コストパフォーマンスが高いことも弊社が選ばれる理由です。

―― 講演に向けての抱負や、参加される皆さまへのメッセージをお願いします。

採用手法が多様化し、横並びではなく、各企業が独自の採用戦略を求められています。このような変化を自社採用力を強めるチャンスと捉え、ゼロベースで採用戦略の構築を行っていきたいと考えている皆さまに、ぜひご参加いただきたいと思っております。

弊社がこれまでに支援させていただいた企業の成功事例を含め、今後の採用のスタンダードとなるようなソリューションをお話しいたしますので、ぜひご期待ください。

  • この記事をシェア
講演者プロフィール
吉田 崇氏(よしだ たかし)
イグナイトアイ株式会社 代表取締役
2002年に早稲田大学政治経済学部を卒業後、人材コンサルティング会社へ入社。2005年、双日株式会社入社。一貫してIT・モバイル関連ビジネスに携わる。2008年、米国駐在(サンノゼ)。2013年、最先端のITを活用し、採用手法の変革を起こすべく、イグナイトアイ株式会社を設立、代表取締役に就任。

「日本の人事部」「HRカンファレンス」「HRアワード」は、すべて株式会社アイ・キューの登録商標です。
当社はプライバシーマーク取得事業者です。類似のサービスやイベントとの混同にご注意ください。

pagetop