日本の人事部「HRカンファレンス2016-秋-」 人の採用・育成・マネジメントに携わる皆さまが集う、日本最大のHRイベント
2016年11月15日(火)・16日(水)・17日(木)・18日(金)開催 [会場]大手町サンケイプラザ [後援]厚生労働省

講演者インタビュー

日本の人事部「HRカンファレンス2016-秋-」トップ講演者インタビュー> 三好 玲氏(株式会社 ブライト 代表取締役 / NPO法人ISL(経営幹部育成機関)エグゼクティブコーチングメンバー)インタビュー

講演者インタビュー一覧

管理職・リーダーの育成力をパラダイムシフトする3つの新法則

三好 玲氏 photo

株式会社 ブライト 代表取締役 / NPO法人ISL(経営幹部育成機関)エグゼクティブコーチングメンバー

三好 玲氏

事業のスピード・複雑化が進む中、管理職・リーダーの仕事量と忙しさが増し、育成の時間や機会は下降の一途を辿っています。更に若手・新人社員の仕事観も変化する中、従来の育成方法が通用しないという管理職・リーダーの声も頻繁に聞こえる様になりました。
本講演では、管理職・リーダーの育成力を劇的にシフトする3つの新法則および企業の職場育成力向上施策の実施事例をご紹介します。

―― 今回の講演のポイントについて、お聞かせください。

忙しくて育成する時間がない、自分の仕事で手一杯でOJTが機能しない、職場に閉塞感がある……しかし、今まで以上に若手の早期戦力化が求められている、といった声を聞く機会が年々増えています。育成をとりまく環境は、ますます厳しさを増しているようです。従来と同様の施策を展開しても、職場の育成力向上にはつながりにくい状況です。

ブライトでは、何千人もの経営者・管理職・リーダーにお会いしてきた中で、高い育成力発揮する三つの新法則を発見致しました。もしも、管理職・リーダーの育成力が根本からシフトしたら、人材・組織に関してどのような未来が可能になるでしょうか?

職場での育成が機能しなければ、社員がイキイキと高いパフォーマンスを発揮し、企業が持続的に成長していくことはできません。そのためにもまずは、現在の育成を取り巻く環境を直視し、どのような考え方やアプローチが効果的かを再考していくことが大切です。ぜひこの機会に、あらためて「育成力」について、気付きや学びを深めてみてはいかがでしょうか。

―― 貴社の強みや特徴について、お聞かせください。

ブライトは、経営層・管理職のリーダーシップ開発を主なテーマとし、人間力と組織力を同時に高めるというコンセプトを持った稀有な会社です。私はかつて株式会社リクルートキャリア・人事マネージャー時代に、第1回GPTW「働きがいのある会社」ランキングでNo.1となった経歴があります。人やチームがイキイキしながら、高いパフォーマンスを発揮していくために、人材開発部門や現場の管理職がなすべきこと、あるいはやっていけないことを、成功・失敗の実体験を踏まえて、身に染みて理解しています。

また長きにわたり、経営幹部向け・管理職向けに特化した研修を実施してきた豊富な実績と、それにより蓄積された大量のデータと事例があります。現在も、さまざまな業界でエグゼクティブ・コーチングを行っているので、経営層の期待や視点を踏まえた上で、人材開発施策を支援することは、得意領域の一つです。

―― 講演に向けての抱負や、参加される皆さまへのメッセージをお願いします。

当日は、管理職・リーダーが厳しい環境下でも育成力を発揮するために必要な、三つの新法則を余すことなくご紹介します。理論や考え方だけでなく、管理職の育成力向上に関する、さまざまな現場での生の体験も、可能な限りお話しする予定です。この度の機会が、今後の人材開発施策を考えるための一助となれば幸いです。

  • この記事をシェア
講演者プロフィール
三好 玲氏(みよし れい)
株式会社 ブライト 代表取締役 / NPO法人ISL(経営幹部育成機関)エグゼクティブコーチングメンバー
早稲田大学政治経済学部経済学科卒。三菱電機株式会社で家電事業経営企画、法人営業に携わる。株式会社リクルートキャリアでは若手人材の転職成功数国内No.1の実績を残す。人事マネージャー時代には第1回GPTW社「働きがいのある会社」調査で国内No.1に輝く。特に管理職向けのリーダーシップ開発に造詣が深い。

「日本の人事部」「HRカンファレンス」「HRアワード」は、すべて株式会社アイ・キューの登録商標です。
当社はプライバシーマーク取得事業者です。類似のサービスやイベントとの混同にご注意ください。

pagetop