日本の人事部「HRカンファレンス2016-秋-」 人の採用・育成・マネジメントに携わる皆さまが集う、日本最大のHRイベント
2016年11月15日(火)・16日(水)・17日(木)・18日(金)開催 [会場]大手町サンケイプラザ [後援]厚生労働省

講演者インタビュー

日本の人事部「HRカンファレンス2016-秋-」トップ講演者インタビュー> 藤原 誠司氏(株式会社SDIコンサルティング 代表取締役)インタビュー

講演者インタビュー一覧

360度フィードバックの可能性を探る  ~ “これまで” と “これから” ~

藤原 誠司氏 photo

株式会社SDIコンサルティング 代表取締役

藤原 誠司氏

近年、360度フィードバックが再注目されています。本講演の前半では、これまでの日本のさまざまな企業における導入事例を解説しながら、実施背景・活用方法・成功および失敗ケースなどを総括します。後半では、最近の注目すべき活用事例、そしてこれからの360度フィードバックの発展性・可能性などを、『労政時報』編集長との対談を通じた深くて刺激的な本音トークでお伝えいたします。

―― 今回の講演のポイントについて、お聞かせください。

本講演では、日本企業における過去の事例、そして、現在進んでいる新しい取り組み事例の解説を通して、「360度フィードバック」を活用した効果的な人事施策の考え方を皆さんにお伝えしたいと考えています。

一昨年、昨年の「HRカンファレンス」では、事例紹介を大事に考え、「360度フィードバック」を実際に活用されているソフトバンク様、JT様のキーパーソンの方、そして人事領域の専門家である「労政時報」編集長にご登壇いただきました。毎回、講演終了後のアンケートでは、「活用事例がとても参考になった」という声を多くいただいていますが、「もっとじっくり、多くの話を聞きたかった」というご要望も寄せられました。

今回はそのご要望を受けて、これまで以上に数多くの活用事例を取り上げながら、再び「労政時報」編集長と私の対談で、「360度フィードバック」をじっくりと掘り下げていきます。
「360度フィードバック」の今後の潮流など、他では得られない情報もご提供したいと考えております。

―― 貴社の強みや特徴について、お聞かせください。

「360度フィードバック」に専門特化している会社は、日本では弊社だけだと思われます。“実施効果を高めること“を大事に考え、そのために「各企業の課題に応じた柔軟なオーダーメイドによるサービス提供」を行っていることが、弊社の最大の特徴です。具体的には、設問設計、結果報告書の対象者への返却方法などにおいて、独自の工夫を講じています。

大手企業を中心として、これまで300社を超える企業に対して導入支援を行い、2015年度は、約12,000名の管理職に対して360度フィードバックを提供しました。これらの実績を通じて得ることができた、豊富な活用ノウハウが強みです。

弊社メンバーは、人事・人材育成に関するコンサルタント、大企業の人事マネージャーといった経歴を持っており、単に「360度フィードバック」を提供するだけでなく、人材育成や組織活性化を念頭においた、付加価値の高いご提案をすることもできます。

―― 講演に向けての抱負や、参加される皆さまへのメッセージをお願いします。

今回は、参加される皆さまがお持ちの疑問をできるだけたくさん解消することも大事に考えています。例えば、講演前半で「360度フィードバックに関する質問・疑問」を無記名アンケートに記入していただき、その場で集めた質問・疑問に対する回答を講演後半で行う、といったことも企画中です。「360度フィードバック」に関する質問・疑問を頭の中に思い浮かべながら、ご参加いただけると幸いです。

「360度フィードバック」は、正しく理解されていない手法であると言えます。少しでも多くの参加者の方に、人や組織を生かし強化するための有効性をご理解いただきたいと思っています。

  • この記事をシェア
講演者プロフィール
藤原 誠司氏(ふじわら せいじ)
株式会社SDIコンサルティング 代表取締役
1989年リクルート入社。その後、HRR(現:リクルートマネジメントソリューションズ)にて360度フィードバックの拡販リーダー、コンサルタントとして様々な人事課題解決を推進。07年に360度フィードバックに特化したSDIコンサルティングを設立。現在年間約12,000名の対象者に提供。累積300社以上に導入支援。

「日本の人事部」「HRカンファレンス」「HRアワード」は、すべて株式会社アイ・キューの登録商標です。
当社はプライバシーマーク取得事業者です。類似のサービスやイベントとの混同にご注意ください。

pagetop