日本の人事部「HRカンファレンス2016-秋-」 人の採用・育成・マネジメントに携わる皆さまが集う、日本最大のHRイベント
2016年11月15日(火)・16日(水)・17日(木)・18日(金)開催 [会場]大手町サンケイプラザ [後援]厚生労働省

講演者インタビュー

日本の人事部「HRカンファレンス2016-秋-」トップ講演者インタビュー> 浅井 周嗣氏(株式会社ペイロール ソリューション本部 営業部 部長)インタビュー

講演者インタビュー一覧

【事例から考える】管理業務のアウトソーシングを成功させるために持つべき視点

浅井 周嗣氏 photo

株式会社ペイロール ソリューション本部 営業部 部長

浅井 周嗣氏

日々発生する入退社、外国人労働者への対応、会計へのタイムリーな連携…動きの激しい外食・小売業において、管理業務をスピーディーかつ正確に行うためには、業務の切り分けと体系化された仕組みが必要です。
本講演では、外食・小売業に今、求められる管理業務について、複数の事例を読み解きながら解説いたします。タイプ別の事例をご紹介しますので、自社に合うヒントを得られるはずです。

―― 今回の講演のポイントについて、お聞かせください。

多くの店舗を展開する企業では、 (1)入社・退職など短期間での大量手続き、 (2)外国人雇用への対応、 (3)会計へのタイムリーな連携に関して、多くの悩みを抱えています。

求められる業務のスピードが速く、一度に多くの量をこなさなければならない外食・小売業では、業務の切り分けと体系化された仕組みが必要です。

店舗責任者に負担をかけずに、うまく業務を回す秘訣は? 法令を遵守しながら、効率的に業務を行う方法は? 同業他社では、どのような管理をしているのか? 企業の成長に不可欠な、管理業務の効率化を実現する方法を、複数の事例をご紹介しながら解説します。

―― 貴社の強みや特徴について、お聞かせください。

当社の強みは、240社86万人の導入実績に基づく「仕組み」を持っていることです。業務ごとに細分化し専門性と効率を追求したBPOセンター、多くの企業の業務移管を経験して得たBPR(Business Process Re-engineering)手法、専門アウトソーサーとしての徹底した社員教育、情報セキュリティーなど、長年にわたり給与専門アウトソーサーとして培ってきた経験を生かしたご提案をすることができます。

お客さまの目的はさまざまですが、アウトソーシングがゴールではないはずです。私たちは、お客さまの業務に入り込んで共に業務を分析し、“本当に効果を出すことのできるアウトソーシング”、そして“本来の目的を達成することのできるアウトソーシング”をご提案いたします。

―― 講演に向けての抱負や、参加される皆さまへのメッセージをお願いします。

ご責任者の皆さまにとって管理部門のスリム化は大きなミッションであり、給与業務のアウトソーシングを一度は考えられたことがあるのではないでしょうか? 思ったように業務が減らない、コスト効果が出ない、結局社内で行う方が効率的など、何かネックになることがあり、決定に至らなかったという方も多いのではないでしょうか。

本講演では、実例をもとに成功例、失敗例をお話しします。導入企業がどのようにしてアウトソーシングを決断し、その結果どう変革したのか? またうまくいかなかった理由は何なのか? 管理部門改革のひとつの方法として、参考にしていただければと思います。

  • この記事をシェア
講演者プロフィール
浅井 周嗣氏(あさい しゅうじ)
株式会社ペイロール ソリューション本部 営業部 部長
2002年(株)ペイロール新卒入社後、営業、セットアップ(設定導入)部門の部長を務める。製造業、金融業、小売業、サービス業など多くの業種・業界の人事・給与業務にかかわり、改善の提案を実施。2010年から営業部長として現場を指揮。講演経験も多数。

「日本の人事部」「HRカンファレンス」「HRアワード」は、すべて株式会社アイ・キューの登録商標です。
当社はプライバシーマーク取得事業者です。類似のサービスやイベントとの混同にご注意ください。

pagetop