日本の人事部「HRカンファレンス2016-春-」 人の採用・育成・マネジメントに携わる皆さまが集う、日本最大のHRイベント

参加お申込み(受付終了)
2016年5月16日(月)・17日(火)・18日(水)・19日(木)開催 会場 大手町サンケイプラザ 後援 厚生労働省
日本の人事部「HRカンファレンス2016-春-」トップ講演者インタビュー> 藤澤 潤氏(グーグル株式会社 新規顧客開発本部 人材業界担当 アカウント・エグゼクティブ)インタビュー

講演者インタビュー

講演者インタビュー一覧

Googleと考える新卒採用戦略~検索データを活用したデジタルソリューション~

藤澤 潤氏 photo

グーグル株式会社 新規顧客開発本部 人材業界担当 アカウント・エグゼクティブ

藤澤 潤氏

就活生が企業を選ぶ基準をご存知でしょうか。選定基準は、Googleが解き明かします。
本講演では、まずGoogleの検索データを開示し、人事方々が決して見えない学生の就活での心の動きをデータから明らかにします。最新のデジタルテクノロジーを活用した成功事例、そして新しい新卒採用の打ち手を皆様にお伝えします。

―― 今回の講演のポイントについて、お聞かせください。

●就活生の”本音"を覗いてみましょう
なぜウチの説明会には人が来ないのか? なぜあの学生は内定を辞退してしまったのか? 学生に聞いても本音は教えてもらえませんが、Googleには学生のあらゆる本音が入力されています。講演の最初のパートでは、学生の生の声であるGoogle検索データを開示しながら、学生の本音を明らかにします。学生の本音を理解することは、採用成功への第一歩です。

●検索データに基づいた新しい採用戦略の組み立て方
従来の採用手法に加えて、新たな打ち手を探している人事担当の方は多いのではないでしょうか。例えば、Google検索データを分析すると、採用活動の展開よりも随分前に意思決定をしていることがわかります。学生が就活モードになる前に企業をよりよく知ってもらうことが、採用成功の秘訣となります。就活生の本音に基づいた新採用戦略について解説します。

●学生を“ファン”にする手法とは
学生に興味を持ってもらい、熱心に選考に参加してもらうにはどうすればよいのでしょうか? 鍵は「感情を動かすこと」にあります。そして感情を動かすには、学生が常に触れているデバイス上での「動画」を軸としたコミュニケーションが有効です。多くの企業の人事担当者が抱える課題を解決し、目標の採用を実現した最新事例を提供しながら、従来の採用活動では成し得なかった学生を貴社の“ファン”にし、出会うべき学生の応募を獲得する方法について解説します。

―― 貴社の強みや特徴について、お聞かせください。

●成功・失敗の理由を分析し、戦略を常に進化させることができる
従来の採用活動では、就活生が来てくれた理由、また離れていってしまった理由はわかりません。そのため、課題に対する明確な戦略立案を行うことは困難だったのではないでしょうか。Googleの検索データと自社メディアの中にあるデータを分析することで、デジタルデータに基づくPDCAが実現でき、採用活動を進化させることができます。

●就活生の必需品「スマートフォン」に対してアプローチできる
学生の95%が、一日のうち最も長く接するメディアとしてスマートフォンを挙げています。それは就職活動でも同様で、就活のあらゆる局面で学生はスマートフォンを起動し、情報を検索し、取得します。スマートフォンへのコミュニケーションを活用し、認知獲得から内定受諾まで一気通貫で後押しする手段をGoogleは提供しています。

―― 講演に向けての抱負や、参加される皆さまへのメッセージをお願いします。

あらゆる企業戦略がさまざまな変革を起こしていますが、採用活動においては長い間、大きな変化がありませんでした。しかし、Googleのデータを使えば、企業ごとに新たな採用戦略を組み立てることが出来ます。Googleと共に、弊社の推奨する採用戦略に取り組まれた企業では、大きな成果を獲得されています。

新たな採用戦略を組み立てたいと考えている日本中の企業の方々に、Googleはサポートを惜しみません。本講演が、明日からの採用活動を進化させる新たな気付きを提供できること、さらには、今まで以上の採用を実現できる企業が一社でも増えることを願っております。

講演者プロフィール
藤澤 潤氏(ふじさわ じゅん)
グーグル株式会社 新規顧客開発本部 人材業界担当 アカウント・エグゼクティブ
北海道出身。
Googleのビッグデータを活用し2000社を超える中小企業のデジタル戦略立案に参画。
求職に関する検索データ分析から人材採用のジレンマを打破する可能性を見出し、デジタルテクノロジーを駆使した人材採用戦略を数々立案。講師を務めた同テーマの前回セミナーでは91%の満足度を獲得。

「日本の人事部」「HRカンファレンス」「HRアワード」は、すべて株式会社アイ・キューの登録商標です。
当社はプライバシーマーク取得事業者です。類似のサービスやイベントとの混同にご注意ください。