• トップ
  • 開催概要
  • プログラム
  • 講演者インタビュー
  • 交流ラウンジ
  • アクセス
  • 前回の様子

プログラム

日別で表示する
  • 全日程
  • 11/18(火)
  • 11/19(水)
  • 11/20(木)
ジャンル別で表示する
  • 経営・人事戦略
  • グローバル人材
  • 採用
  • 人材育成
  • 人材マネジメント
  • 組織開発
  • リーダーシップ
  • 健康管理/メンタルヘルス
  • ワークショップ(体験・参加型)
  • ディスカッション
  • エグゼクティブ・ミーティング
  • ランチ・ミーティング(食事付)
  • 個別無料相談
  • HRアワード表彰式
11/18(火)テーマ:リーダーシップと組織開発
11/18(火)
10:00 -
11:00
特別講演[A-1]

マネジメントの革新と主体性を引き出すメンバー育成の処方箋

現場の前線に立つミドルマネジャーは、成果目標を達成しつつ、人材を育成するという、2つの大きな役割を担っています。この2つの役割を統合したマネジメントを展開するためには、自職場を構造的に捉え、将来を見すえた職場構想を描き、メンバーとともに実現していくことが必要になります。本講演では、これらの考え方や職場での展開方法、具体的なスキルについて、本学主幹研究員の杉崎高広がわかりやすくご紹介いたします。
(協賛:学校法人産業能率大学 総合研究所)


学校法人産業能率大学 経営管理研究所  人事研究センター 主幹研究員

杉崎 高広氏

【杉崎 高広氏プロフィール】
(すぎさき たかひろ)早稲田大学政治経済学部卒。東レ株式会社 人事・勤労部門にて「人事・労務管理」「教育・研修」業務に従事。2005年より産業能率大学に入職し現在に至る。マネジメント研修、論理的思考をベースとした問題解決研修、プロ人材アセスメント、キャリア開発研修を実施。

インタビュー

11/18(火)
10:00 -
11:00
特別講演[A-2]

多忙な職場でも人が育つ!
管理職・リーダーの育成力をパラダイムシフトする新法則

ビジネスのスピード・複雑性・多様性等が益々進む中、職場の忙しさは増し、それに伴い育成の時間や機会が減少しています。更には終身雇用・年功序列の崩壊もあり管理職やリーダーの育成マインドも低下。このままでは、職場育成風土が毀損されるだけでなく、人や企業の活き活きさと持続的な成長の実現に困難が生じます。講演では、管理職・リーダーが厳しい環境下でも育成力を発揮するために必要なエッセンス及び企業の育成力向上施策実施のポイントをご紹介致します。


株式会社ブライト&クリア 代表取締役 NPO法人ISL(経営幹部育成機関) エグゼクティブコーチングメンバー

三好 玲氏

【三好 玲氏プロフィール】
(みよし れい)早稲田大学政治経済学部経済学科卒。三菱電機株式会社で家電事業経営企画、法人営業に携わる。株式会社リクルートキャリアでは若手人材の転職成功数国内No.1の実績を残す。人事マネージャー時代には第1回GPTW社「働きがいのある会社」調査で国内No.1に輝く。特に管理職向けのリーダーシップ開発に造詣が深い。

インタビュー

11/18(火)
10:00 -
11:00
特別講演[A-3]

若手社員に、「相手の立場に立った情報受発信の大切さ」を実感させる
“野外研修”

近年、上司の期待と若手社員の認識のズレに起因する「仕事上のトラブル」が増加してきていると言われています。そこで、弊社オリジナルの「情報交流型野外研修(I&C研修)」をご提案いたします。この研修は「情報の受発信」において発生する問題を、野外活動を通して体感することで、「情報の発信者と受信者との認識のズレを発生させない、上手な情報受発信」の基本を身に染みて学ぶことができます。


株式会社神鋼ヒューマン・クリエイト

戸田 順彦氏

【戸田 順彦氏プロフィール】
(とだ よりひこ)1981年生まれ。慶應義塾大学法学部卒業。2011年㈱神鋼ヒューマン・クリエイト入社。インストラクターとして以下のコースを担当。親会社の若手社員に対する研修の企画立案・実施を担当。担当する研修は事業計画立案研修、生産性向上研修、問題解決研修など。

インタビュー

11/18(火)
10:00 -
11:00
特別講演[A-4]

グローバル時代に「挑戦する若手」が育つ!
ポイントは内発的動機付け

最近、経営者や上級管理者のお客様から「イマドキの若手社員は失敗を恐れ、挑戦心がない」といった声をよく耳にします。行動を起こす源泉となる「自信」や「やる気」を現代の若手は失ってしまったのか?ゆとり世代・さとり世代と呼ばれる現代の若手、彼らの意欲の源泉は変化しつつあります。またグローバル時代における国際競争力の高い若手を育成するには何が必要なのか。「挑戦する若手」を育成するポイントをご紹介します。


株式会社ネオキャリア コンサルティング&トレーニング部 部長

堀江 隆介氏

【堀江 隆介氏プロフィール】
(ほりえ りゅうすけ)大学卒業後、大手コンサルタント会社入社。人材開発・組織開発の企画営業、営業責任者を経てコンサルタント部門へ移籍。中堅・若手の人材開発を中心に、コンサルタントとして国内各地の企業で研修に登壇。2011年ネオキャリアの教育研修事業立ち上げに参画。事業責任者に就任し、採用~教育まで幅広く支援を行う。

インタビュー

11/18(火)
10:00 -
11:00
特別講演[A-5]

強い企業に学ぶ 360度フィードバックの一歩先を行く活用方法

360度フィードバックは、人材育成や組織開発を実現する手法として活用されています。しかし、単に実施するだけでは期待通りの効果は生まれません。本講演では、この手法を目的に合わせてカスタマイズされ、そして継続的に実施、かつ毎回のように進化されている2つの会社のキーパーソンにもご登壇いただきます。事例紹介のみならず、3人での本音トークにもご注目ください。


株式会社SDIコンサルティング  代表取締役

藤原 誠司氏

【藤原 誠司氏プロフィール】
(ふじわら せいじ)1989年リクルート入社。その後、人事測定研究所(現:リクルートマネジメントソリューションズ)にて、360度フィードバックの拡販リーダー、コンサルタントとして様々な業種の人事課題解決を推進。07年に360度フィードバックに特化したSDICを設立。年間12,000名の対象者に提供(2013年度実績)。


日本たばこ産業株式会社 執行役員 たばこ事業本部R&D責任者

米田 靖之氏

【米田 靖之氏プロフィール】
(よねだ やすゆき)1982年JT入社。たばこ工場、人事部採用担当等を経て、1992年の英国たばこ会社買収プロジェクトに従事。1999年よりRJRI買収後の統合作業、改革推進本部、Gallaher買収検討プロジェクト等に従事。2005年より人事部長、製品開発部長、たばこ中央研究所長を経て、2012年より現職。


ソフトバンクグループ通信4社(ソフトバンクBB、ソフトバンクテレコム、ソフトバンクモバイル、ワイモバイル) 人事企画部 部長代行

杉原 倫子氏

【杉原 倫子氏プロフィール】
(すぎはら ともこ)1997年日本テレコム株式会社入社。保険代理店業務に従事した後、新規事業開発・営業支援のプロジェクトへ参加。2003年に人事部門へ、2007年より人事企画を担当。2014年4月より現職。ソフトバンク通信4社の人事企画全般、ならびに人事システム構築の統括などを行う。

インタビュー

11/18(火)
10:00 -
12:00
ワークショップ[WS-1]

俳優が現場を再現!衝突、対立を円滑にする
「コンフリクト・マネジメント」とは?

営業と開発、上司と部下、監督側と協力会社、顧客窓口とクレーマー……。日々の業務の中で頻発する「コンフリクト(衝突や対立)」。それを上手にマネジメントできる者だけが組織とビジネスの円滑な運営を可能にします。このワークショップでは、プロの俳優と共にドラマ世界に入り込み、リアリティ溢れる体験を通じて、そのマネジメントの方法を探ります。


株式会社オフィス・サンタ 代表取締役社長 『 ドラマメトリクス研修』 代表講師

鈴木 あきら氏

【鈴木 あきら氏プロフィール】
(すずき あきら)かつて劇作家/演出家/俳優として活動していた経験と、大手就職情報会社において従事していた採用コンサルティング業務の蓄積を活かし、劇作家の平田オリザ氏監修による『ドラマメトリクス研修』プログラムを開発。現在は同研修講師の他、日本キャリア開発協会のCDA向上研修講師なども務めている。

インタビュー

11/18(火)
10:00 -
12:00
ワークショップ[WS-2]

【体験型セミナー】
対立を乗り越え、成果をもたらす管理者が習得すべき型と技

管理者には、職場の泥臭い対人面の問題にも立ち向かい、より大きな成果を生み出すことが期待されています。JMAMでは管理者が遭遇する様々な対人面の対立状況を研修で体験し、現場力を磨き上げていく新たな教育プログラムを開発いたしました。今回のセッションでは、ご参加いただいた皆さまに、演習の一部をご体験していただきながら、プログラムの真髄に触れてまいります。


株式会社日本能率協会マネジメントセンター HRMコンサルタント

小菅 啓氏

【小菅 啓氏プロフィール】
(こすが ひろ)百貨店にて販売員指導育成、商品企画開発等に従事。(株)JMAMチェンジコンサルティング入社後、キャリアカウンセラーとして再就職支援業務に携わり、企業研修の講師、ファシリテーターや個別キャリア相談を担当。(株)日本能率協会マネジメントセンターに入社し、管理職研修の講師、教育コンテンツの開発を担当。

インタビュー

11/18(火)
11:15 -
12:35
基調講演[A]

組織開発とリーダーシップ開発――実践にどのように関連づけるか

リーダーシップのキーワードは、マネジメント(管理)のそれが「複雑性」への対応であるのに対して、「変化」「変革」である。コングロマリットITTの経営者、ハロルド・ジェニーンは、計数管理の仕組みで会社を動かそうとした。それは「複雑性」への対応のためであり、他方で今までにないものを生み出し、今ある製品、製法、作業手順、マニュアル等々を変えていく、しかも、ビジョンを示してそこにいたるシナリオを実現するために喜んでついてくるフォロワーを生み出す対人的影響力が、リーダーシップである。ほかならぬこの変革の技法でもある組織開発に長けた人間になることは、リーダーシップを磨くことにつながる。この観点からは、組織開発はリーダーが描く絵(ビジョンや戦略)の質(決定の質)を良くし、描かれた絵に対するフォロワーの納得感(決定の受容)を高める体系的手法として捉えることもできる。


神戸大学大学院 経営学研究科 教授

金井 壽宏氏

【金井 壽宏氏プロフィール】
(かない としひろ)1954年神戸市生まれ。78年京都大学教育学部卒業。80年神戸大学大学院経営学研究科修士課程を修了。89年MIT(マサチューセッツ工科大学)でPh.D.(マネジメント)を取得。92年神戸大学で博士(経営学)を取得。変革型のリーダーシップ、創造性となじむマネジメント、働くひとのキャリア発達、次期経営幹部の育成、これからの人事部の役割、研究とつながる教育・研修のあり方(リサーチ・ベースト・エデュケーション)を主たるテーマとしている。これらにかかわる論文や著作が多数。『変革型ミドルの探求』(白桃書房、1991年)、『リーダーシップ入門』(日経文庫、2005年)、『働くみんなのモティベーション論』(NTT出版、2006年)、『「人勢塾」ポジティブ心理学が人と組織を変える』(小学館、2010年)、『組織エスノグラフィー』(有斐閣、共著、2010年)など、著書は50冊以上。


11/18(火)
12:45 -
13:35
「HRアワード2014」
表彰式
[AW]

全国66,000人の人事キーパーソンが選ぶ
日本の人事部「HRアワード2014」表彰式開催!

日本の人事部「HRアワード」は、『日本の人事部』会員の皆さまによるアンケート結果を基に各賞を決定する選考方式が「透明性・公平性が高く、信頼できる」とご好評の声をいただき、HR関連では最も権威のある賞と言われています。各賞の発表および表彰式は、11月18日12時45分から、特大会場にて開催。表彰式は事前に申込まなくても、自由に参加可能です。ぜひ、栄えある受賞者の方々をご覧ください!
日本の人事部「HRアワード」とは


11/18(火)
13:45 -
14:45
特別講演[B-1]

安定成長へのヒントが必ず見つかる!
今知っておきたい3つのテーマを徹底的に解説

経営課題の解決策として注目されている「健康経営」「イノベーション」「ダイバーシティ」の3つをキーワードに、社員一人ひとりの能力を最大限発揮し、成果につなげるためのヒントを探ります。今、日本の人事が取り組むべきことは何か?激変する環境にあっても、事業を強力に推進できる組織人事を実現するためのノウハウとは?世界の人事プロフェッショナルとディスカッションを重ねて来た講師が、様々な事例を併せて解説します。


株式会社JIN-G 代表取締役 ビジネス・ブレークスルー大学経営学部准教授

三城 雄児氏

【三城 雄児氏プロフィール】
(みしろ ゆうじ)早稲田大学政治経済学部を卒業後、富士銀行、マングローブ、日本経営システム研究所、ベリングポイント(現PwC)を経て、株式会社JIN-G代表取締役(現職)。アジアパシフィック地域の人事協会の役員や、ビジネス・ブレークスルー大学経営学部の准教授として教鞭を持ち、上智や早稲田でも講義や研究員を担当する。

インタビュー

11/18(火)
13:45 -
14:45
特別講演[B-2]

有能なリーダーを輩出したければ、まずはフォロワーシップ教育から始めなさい!

役職者への登用後に成功するリーダーをつくるためには、リーダー昇進前からの訓練が必要である。そのカギが昇進前に行うフォロワーシップ教育だ。プレーヤー視点から「自分が上位者だったら…」という視点を身につけさせて、上司にフォロワーシップを発揮させる。上位者に対しても部下のフォロワーシップを引き出す教育を施すべき。本セミナーでは「リーダーシップ×フォロワーシップ」デュアル教育とその重要性をご紹介する。


リ・カレント株式会社代表取締役 WisH株式会社取締役副社長

石橋 真氏

【石橋 真氏プロフィール】
(いしばし まこと)「人事のこだわりをカタチにする縁・学・場プロデュースカンパニー」リ・カレント株式会社社長。女性活躍推進企業WisH㈱副社長。1989年リクルート入社、HRD部門で金融不況期にマネジャーとしてV字回復を主導、全国MVPになった経験から、組織力開発にはリーダーシップ×フォロワーシップの両軸が必要と熱く説く。

インタビュー

11/18(火)
13:45 -
14:45
特別講演[B-3]

ES(社員満足)の専門家だから話せる、
人手不足や採用で困らないためのES経営手法

人手不足や採用難を根本から改善し、社員のモチベーションや会社へのロイヤリティーを高め、生産性やパフォーマンス向上のため、ESをマネジメントしていくことはもはや常識となりつつあります。ESマネジメントの第一歩はESの見える化からスタートしますが、なぜ既存のモラルサーベイなどの運用がうまくいかないのか、どうすれば成果の出るESマネジメントにつながるのか、ESの専門コンサル会社が事例をもとに解説します。


株式会社ヒューマンブレークスルー代表取締役 ESコンサルタントグループ代表

志田 貴史氏

【志田 貴史氏プロフィール】
(しだ たかし)福岡大学卒業後上場大手メーカー、経営コンサルタント会社を経て、ESに専門特化したコンサル会社を設立すべく、現在の会社を設立。零細企業から大企業まで様々な業種でESの支援実績を持ち、近年はESの専門家養成事業も担う。主な著書として、社員満足の鉄則(総合法令出版)、ES経営の鉄則(中央経済社)がある。

インタビュー

11/18(火)
13:45 -
14:45
特別講演[B-4]

会社の売上に貢献する人事は「営業」を上手に育てる
現場に感謝される営業ゲーム研修とは

人事(育成部門)が、どのように会社の売上に貢献するのか?それは、強い営業組織づくりに寄与することです。そのためには、見えづらい営業課題を整理・把握し、営業現場と連携した取り組みが必要です。今回、営業ゲーム研修の仕組みをご理解いただくことで、人事(育成部門)主導で強い営業組織をつくり成果を出すための研修設計・運営の考え方をお伝えします。ご参加者は後日、営業ゲームの無料体験も可能です。


株式会社マーケットヴィヴィッド 代表取締役社長 代表取締役社長

藤井 睦夫氏

【藤井 睦夫氏プロフィール】
(ふじい よしお)(株)リクルート入社。新規エリア開拓営業・新規企画営業で実績を作り、その後大手企業のセールスプロモーション企画に数多く関わり、事業部門各賞を受賞。老舗企業の役員を経て、(株)マーケットヴィヴィッドを設立。営業・人材教育の経験を活かした独自の研修メニューを開発し、強い組織を作るためのサービスを提供中。

インタビュー

11/18(火)
13:45 -
14:45
特別講演[B-5]

企業内キャリアカウンセリングと組織開発

企業内キャリアカウンセリングを、組織開発を結びつけて、活用する方法を模索するため、『企業内キャリアカウンセリングと組織開発を考える研究会』は企画されました。座長である神戸大学 金井壽宏教授や平木典子先生を中心に、キャリア開発と組織開発の専門家・実務家が集まり、議論を重ねて参りました。その研究成果をご参加頂いた皆様にご報告させて頂きます。


株式会社日本マンパワー 人材開発企画部研究開発グループ専門部長

水野 みち氏

【水野 みち氏プロフィール】
(みずの みち)1998年より、日本マンパワーのキャリアカウンセリング事業に携わる。2005年、ペンシルバニア州立大学にて教育学修士を取得。帰国後、キャリアの最新の理論を組み込んだプログラム開発、キャリア相談機能設置コンサルテーションを担当。現在は、組織開発・企業内のキャリア支援に関する研究開発活動を行う。


11/18(火)
13:45 -
15:45
ワークショップ[WS-3]

介護離職を防ぐため企業に求められる
事前施策とワーク・ライフバランス(生産性UP)

この数年で親の介護に直面する従業員が増えることは確実です。介護そのものは従業員の問題ですが、介護問題に対して「企業が事前にとるべき具体的施策」と「介護と仕事を両立出来る職場作り」について、国、都、区、民間のワーク・ライフバランス4冠を受賞(認定)したセントワークスの取組み事例より、残業50%削減&利益率160%UPした従業員主体(ボトムアップ)のワーク・ライフバランスの取組みを体験して頂きます。


セントワークス株式会社 代表取締役社長 ワーク・ライフバランスコンサルタント

大西 徳雪氏

【大西 徳雪氏プロフィール】
(おおにし のりゆき)日本福祉サービス(株)(現セントケア・ホールディング(株))に入社し、平成23年4月セントワークス(株)代表取締役社長就任。ワーク・ライフバランスは重要な経営戦略になると考え、社内で取り組むと同時に社外へも広めていくため「WLBコンサルティングサービス」、「介護と仕事の両立支援サービス」を展開中。

インタビュー

11/18(火)
15:00 -
16:10
基調講演[B]

グローバル時代に必要なリーダーシップの育て方
~イノベーションを起こす「人材」と「組織」について考える~

IT化、グローバル化が急激なスピードで進む現在、日々起こる変化に対して、これまでの基準や考え方が全く通じないこともあります。いま、世界では何が起こっているのか――。組織を支えるリーダーには、企業が生き残っていくためのヒントを的確につかむ能力が求められますが、そのような人材を、企業はどのようにすれば育てることができるのでしょうか? 本講演では、長年にわたってグローバル企業戦略、グローバル人材、イノベーションについて研究してこられた、一橋大学名誉教授の石倉洋子氏が登壇。グローバル時代に求められるリーダーの条件やその育て方について、ご自身の経験も交えながらお話しいただきます。
(協賛:GlobalEnglish 日経版)


一橋大学 名誉教授

石倉 洋子氏

【石倉 洋子氏プロフィール】
(いしくら ようこ)バージニア大学大学院経営学修士(MBA)、ハーバード大学大学院経営学博士(DBA)修了。1985年からマッキンゼー・アンド・カンパニーでコンサルティングに従事した後、1992年 青山学院大学国際政治経済学部教授、2000年 一橋大学大学院国際企業戦略研究科教授、2011年 慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授。日清食品ホールディングス、ライフネット生命、双日社外取締役、世界経済フォーラムのGlobal Agenda Councilのメンバー。「グローバル・アジェンダ・ゼミナール」「ダボスの経験を東京で」など、世界の課題を英語で議論する「場」の実験を継続中。専門は、経営戦略、競争力、グローバル人材。主な著書に、『戦略シフト』(東洋経済新報社)、『グローバルキャリア』(東洋経済新報社)、『世界級キャリアのつくり方』(共著、東洋経済新報社)がある。


11/18(火)
15:30 -
17:30
特別セッション[SS-1]

企業が取り組むソーシャルイノベーション
~イノベーションの種が育つ組織をつくるために、人事ができること~


特別セッションイメージ

多くの企業が社会的価値を起点に、既存事業を見直し、新しい事業開発を模索しています。長期的な未来を描くためにも、企業におけるこのようなソーシャルイノベーションの取り組みは、大切に育てていきたい種です。しかし、イノベーションを阻害する風土が、どんな組織にも例外なくあるのも事実。そこで期待されるのが人事部門の動きです。制度や仕組みを大胆に変革し、新しいアイデアが生まれ育ちやすい組織をデザインしていくことができれば、人事部門としてイノベーションに大きく貢献することができます。新技術の開発やプロセス改革などとは異なる観点でのROIやKPIの設定や社内政治が求められるこの取り組みにおいて、どのような組織・人事としての支えや仕掛け・制度が有効なのか。今回のセッションではゲストのお二人に現場の実践知を共有していただきながら、「イノベーションが起こる組織をいかにつくるか」について、皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

■参加対象

経営者、人事、人材開発、組織開発ご責任者

■定員

約35名 ※お申込多数の場合は抽選となります。

■ゲスト

大屋 智浩さん(富士通総研 経済研究所 / 実践知研究センター 上級研究員)
筧 裕介さん(博報堂 / issue+design 代表)
西村 勇哉さん(NPO法人ミラツク代表理事)


富士通総研 経済研究所 / 実践知研究センター 上級研究員

大屋 智浩氏

【大屋 智浩氏プロフィール】
(おおや ともひろ)2011年6月に株式会社富士通総研入社。野中郁次郎一橋大学名誉教授(富士通総研経済研究所理事長)が「フロネシス」(実践知)の重要性を説き、富士通グループの知識資産を活用し実践活動を通じてイノベーション創出を進めると同時に、活動を通じてリーダーシップの涵養を目指す実践知研究センターの設立当初より、活動に関わっている。実践知リーダーとは、社会にとって何が善かという「共通善」の意識を持ちながら、個別具体の現場で文脈に応じた最善の判断をしながら実践して行くリーダーのことであるが、彼も熱意を持ってこの姿勢を貫く若いリーダーの一人である。 大阪中小企業投資育成株式会社に6年間勤務した後、シンガポール国立大学大学院へ留学。 2011年5月Lee Kuan Yew School of Public Policy修了、公共政策修士(専門職)。2003年慶應義塾大学商学部卒業。大阪府出身

issue+design 代表

筧 裕介氏

【筧 裕介氏プロフィール】
(かけい ゆうすけ)東京大学大学院工学系研究科修了。東京大学大学院在学中より、社会課題をデザインで解決するソーシャルデザイン領域の研究、実践に取り組む。2008年issue+design設立。 共著書に、『地域を変えるデザイン』『震災のためにデザインは何が可能か』他。グッドデザイン賞、キッズデザイン賞審査委員長特別賞、日本計画行政学会・学会奨励賞、竹尾デザイン論評賞など受賞多数。

NPO法人ミラツク代表理事

西村 勇哉氏

【西村 勇哉氏プロフィール】
(にしむら ゆうや)大阪大学大学院にて人間科学(Human Science)の修士を取得。人材育成企業、財団法人日本生産性本部を経て、2008年より開始したダイアログBARの活動を前身に2011年にNPO法人ミラツクを設立。
Emerging Future we already have(既に在る未来を手にする)をテーマに、社会起業家、企業、NPO、行政、大学など異なる立場の人たちが加わる、セクターを超えたソーシャルイノベーションのプラットフォームづくりに取り組む。



11/18(火)
16:25 -
17:25
特別講演[C-1]

新人・若手社員のための新しい研修
~ムビケーション学習スタイル~

ムビケーションはヘイコンサルティンググループと共同開発した新しい学習スタイルです。ドラマ映像とiPadを活用して、これまでにないリアルな環境を再現したシミュレーション研修となっております。本セミナーでは新人・若手社員向けのプログラムを通して、ムビケーションの特徴、プログラムの詳細についてお伝えいたします。


株式会社マイナビ 研修企画統括部 運営開発部 部長  内定者教材UPComer Kit編集長

山田 功生氏

【山田 功生氏プロフィール】
(やまだ いさお)研修商材の開発責任者として、年間約1600名が受講する採用担当者向け「採用力強化シリーズ公開研修」や年間約1300名が受講する「マイナビ新入社員公開研修」などを企画運営している。また、採用と若手育成に関する分野にて全国で講演活動を行っている。

インタビュー

11/18(火)
16:25 -
17:25
特別講演[C-2]

カンやセンスに頼らない、
営業部門の科学的かつ体系化された教育方法とは?

カンやセンスに頼りがちな営業部門の生産性を改善し、競争力を高めるためにはどうするべきか。「ハウスメーカー、自動車メーカー、保険会社、証券会社・・・」より高い評価を得ている最先端の「TQSMトレーニング」についてご紹介します。製造部門の「モノづくり」の観点から科学的探究により、営業部門の「顧客づくり」に革新をもたらすプログラムは、組織力やマネジメント力の改善にも貢献する体系化された実践的な教育です。


エクスプローラーコンサルティング株式会社 代表取締役

高原 祐介氏

【高原 祐介氏プロフィール】
(たかはら ゆうすけ)棟梁の元で「大工職人」として従事した後に営業職へ転身。大手高額ハウスメーカーで、セールスとしては勿論、所長・部長としても各全国トップの実績を残す。現在、各企業の営業部門の人材育成を全般的かつ先進的に担い、「TQSMトレーニング」の受講人数は年間延べ2万人超、過去10年間の修了生は1万人超に上ります。

インタビュー

11/18(火)
16:25 -
17:25
特別講演[C-3]

NECにおけるグローバルリーダー開発と人事情報システムの活用

国内外に拠点を持つ企業にとって、グローバルレベルでの人材の適材適所やリーダー人材の育成が課題となっています。NEC自身もこうした課題を解決すべく、2010年以降、グローバルで共通の仕組みを導入し、国内外のリーダー開発への取り組みを進めてきました。今回は、そのための重要なツールであるグローバル共通の人事情報システムと、NECのリーダー開発やタレントマネジメントへの取り組み状況についてご紹介します。


日本電気株式会社 人事部 人事部長代理

佐藤 秀明氏

【佐藤 秀明氏プロフィール】
(さとう ひであき)NEC入社後一貫して総務・人事勤労分野を歩む。技術開発、製造、営業各部門で人事・労務の実務を経験後、全社人事制度企画、海外地域統括人事(シンガポール駐在)、本社およびグループ会社労務政策、国際人事を経て、現在は、人事施策・採用・人事情報システムを担当する。

インタビュー

11/18(火)
16:25 -
17:25
特別講演[C-4]

圧倒的売り手市場の中で、成功させるキャリア採用
~難易度の高い採用の母集団形成~

「人材紹介会社から本当に欲しい人材の紹介がない」「せっかく立ち上げた自社サイトに応募がない」こんな悩みを抱える方も少なくないと思います。本講演では、大手から中小までの人材紹介会社の得意分野を網羅したデータベースの活用や、手付かずになっている自社キャリアサイトの戦力化など、新たな採用戦略によっていかに母集団の最大化が図れるかをお話しいたします。難易度の高い人材の採用にお困りの方は是非。


株式会社エクスオード 代表取締役

守屋 尚氏

【守屋 尚氏プロフィール】
(もりや ひさし)平成元年(株)リクルート入社。一貫してHR事業に従事。2002年グループマネージャーとして着任。2004年に退職後、外資系ブランドマネジメント企業でディレクターとして転職。2008年独立(株)エクスオードを設立。現在に至る。自ら構築した「エージェントマネジメント」サービスを中心に事業を展開している。

インタビュー

11/18(火)
16:25 -
17:25
特別講演[C-5]

優秀な学生といかにして出会い、活かすか。
「採用手法」と成長を促す「仕組み作り」

新卒紹介事業で急成長中のDYM。創業当時からのベンチャースピリッツを源泉に今もなおネット業界を牽引し続けるサイバーエージェント。ともに社員の新入社員比率は4割を超え、新卒文化を非常に大切にしています。なぜ新卒が大切なのか、会社を創っていく本当にマッチした新卒はどうすれば採用できるのか、さらに新卒の良さを最大限に活かす組織作りやその為の仕掛けなどのポイントは何か。人事担当者必見の内容でお伝え致します。


株式会社サイバーエージェント 人事本部 副本部長

武田 丈宏氏

【武田 丈宏氏プロフィール】
(たけだ たけひろ)1999年関西学院大学卒業後、さくら銀行入行、法人営業を担当。その後、2003年にサイバーエージェントに入社。インターネット広告事業本部、名古屋営業所に配属され、2004年に名古屋営業所のマネジャーを務める。2006年には大阪アカウント局の営業局長に任命され、2008年には西日本事業部の統括に就任。2013年に人事本部に異動し、現在は人事本部副本部長を務める。


株式会社DYM 取締役

沖之城 雅弘氏

【沖之城 雅弘氏プロフィール】
(おきのじょう まさひろ)1984年、広島県生まれ。2008年に関西学院大学大学を卒業後、経営コンサルティング会社に入社。2010年に株式会社DYMに入社し、新卒紹介事業を立上げ、事業4年目にして顧客数1000社、内定承諾2500名の実績をあげる。

インタビュー

11/18(火)
16:25 -
17:25
特別講演[C-6]

ハイパフォーマーを創り上げる要素とは?
人財データ分析から考えるキャリアモデル構築

社内でハイパフォーマーと評価される人財は、なぜそのスキルを身に付けることができたのでしょうか。仕事を通して経験したこと、専門スキル、働くモチベーション等、本人の成長に大きく影響した要素を特定できれば、経営が求める人財を短期間で育成することが可能になるのではないでしょうか。今回は当社が慶應義塾大学大学院経営管理研究科 岩本氏と共同で取り組んだキャリア分析の内容についてご紹介致します。


慶應義塾大学大学院経営管理研究科 特任教授

岩本 隆氏

【岩本 隆氏プロフィール】
(いわもと たかし)日本モトローラ株式会社(現モトローラ株式会社)、日本ルーセント・テクノロジー株式会社(現日本アルカテル・ルーセント株式会社)、ノキア・ジャパン株式会社、株式会社ドリームインキュベータを経て、2012年に慶應義塾大学大学院経営管理研究科特任教授就任


カシオヒューマンシステムズ株式会社 取締役

佐藤 政弘氏

【佐藤 政弘氏プロフィール】
(さとう まさひろ)1992年カシオ計算機(株)入社。人事ソリューションの営業マンとしてこれまで1,000社以上のお客様への提案、導入に関わる。事業企画、人事統轄部部長を経て、2013年8月より現職。企業の人事・給与ソリューションから人財マネジメントへの取り組みまで幅広く推進。

インタビュー

11/18(火)
17:40 -
19:00
基調講演[C]

サービス業化する日本の人材育成戦略
~人材育成企業になるために必要な視点・アプローチとは~

日本全体の雇用では、サービス業の比重はますます高まり、製造業でさえ国内ではサービス業的な側面の強い仕事が増えています。特に顧客接点を広く持つ業種では、一部のプロフェッショナル社員だけでなく、すべての顧客接点人材に感受性や応用力が求められます。一方で不足気味の今の日本の若者の社会性や応用力には大いに課題があります。製造現場で培ってきた伝承型OJTが機能しにくい職場環境で、どのように新たなる人材育成を仕掛け、生産性と同時に働きやすさ、働きがいを向上させるのか、考えてみましょう。


慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 特任教授

高橋 俊介氏

【高橋 俊介氏プロフィール】
(たかはし しゅんすけ)1954年生まれ。東京大学工学部卒業、米国プリンストン大学工学部修士課程修了。 日本国有鉄道(現JR)、マッキンゼー・ジャパンを経て、89年にワイアット(現タワーズワトソン)に入社、93年に同社代表取締役社長に就任する。97年に独立し、ピープルファクターコンサルティングを設立。2000年には慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科教授に就任、11年より特任教授となる。主な著書に『21世紀のキャリア論』(東洋経済新報社)、『人が育つ会社をつくる』(日本経済新聞出版社)、『自分らしいキャリアのつくり方』(PHP新書)、『プロフェッショナルの働き方』(PHPビジネス新書)、『ホワイト企業』(PHP新書)など多数。


11/19(水)テーマ:戦略人事と人材育成
11/19(水)
10:00 -
11:00
特別講演[D-1]

導入事例から学ぶ 企業研修におけるオンライン学習活用のヒント

Mooc(大規模オンライン公開講座)やEdTech(EducationとTechnologyを意味した造語)といったキーワードが、一般的に使われるようになってきました。1998年のサービス開始当初から、オンラインを活用した企業研修を展開してきたBBT。今回は、企業研修の具体的な導入事例から、皆様の企業で今後研修のオンライン化を進めるにあたって参考となるようなヒントを数多くご提供したいと思っています。


株式会社ビジネス・ブレークスルー 企業研修部門 統括責任者

山口 裕二氏

【山口 裕二氏プロフィール】
(やまぐち ゆうじ)2001年ビジネス・ブレークスル―入社。企業研修部門の責任者。これまで、大手企業の経営人材、リーダー育成の研修企画に数多く携わる。オンライン上のディスカッションを取り入れるなど、「考える力」を身につけるための新時代のラーニング・ソリューションの開発・実践に取り組んでいる。

インタビュー

11/19(水)
10:00 -
11:00
特別講演[D-2]

マーケティング研修は新時代へ!
博報堂が知見を盛り込み開発した新しい方法論とは?

「マーケティングは全社員に必須のスキル」と言われると多くの方は「どうして?」と感じるでしょう。マーケティングは組織力向上に役立つにも関わらず、研修テーマとしては注目が弱いままでした。博報堂グループはそこに着目し、そのスキルを効果的に学ぶ手法に「ゲーム」を選びました。本講演では、マーケティングの学習から得られる意思決定や合意形成等のスキルで組織力を高められる理由とゲームを用いる有効性をお話します。


株式会社博報堂コンサルティング 執行役員 ビジネス開発部部長

楠本 和矢氏

【楠本 和矢氏プロフィール】
(くすもと かずや)神戸大学経営学部卒。丸紅株式会社、外資系ブランドコンサルティング会社を経て現職。現在は執行役員として、博報堂グループを横断した新規事業開発の開発運営、及び外部企業とのパートナーアライアンス業務を担当統括業務に携わる。
著書:「サービス・ブランディング」(共著:ダイヤモンド社 2008年)


カレイドソリューションズ株式会社 代表取締役開発者 / Ludix Lab フェロー

高橋 興史氏

【高橋 興史氏プロフィール】
(たかはし こうじ)上場企業や研修会社を経て、「ビジネスゲームで研修内製化」を特徴とするカレイドソリューションズを創業。外注と内製の中間的位置づけや、ゲームを活用するサービスのユニークさは業界やメディアでも注目されている。ゲームやケーススタディ、教材の開発実績多数。大学での講演や研究でも精力的に活動。

インタビュー

11/19(水)
10:00 -
11:00
特別講演[D-3]

グローバル人材獲得への新機軸
~ビジネスSNSで即戦力を効率的に採用する方法~

世界レベルでの人材獲得競争を勝ち抜くために、Fortune100の9割の企業や、パナソニック様、楽天様など日本の大手企業は既にビジネスSNS(LinkedIn)を活用した全く新しい採用手法を推進しています。本セミナーでは、LinkedInを用いたダイレクトリクルーティングの方法について世界・日本での最新事例を交えご紹介します。


リンクトイン・ジャパン株式会社 タレントソリューションズ グローバル アカウント ディレクター

ガレル・マラカド氏

【ガレル・マラカド氏プロフィール】
(ガレル マラカド)2013年にグローバル・アカウント・ディレクターとして入社。日本国内のグローバル企業にタレントソリューションズを提案している。LinkedIn入社前は、アジア及び欧米マーケットにて営業オペレーションや事業開発のマネジメント経験を持つ。一個人としては、「ワークプレイスダイバーシティ」の普及活動に参加。

インタビュー

11/19(水)
10:00 -
11:00
特別講演[D-4]

組織診断による仕事の渋滞原因の解明と、効率アップのための3ステップ

「残業ゼロ」時代を迎え、従来にも増して仕事の効率化が求められています。仕事が進まない、残業が多いという状況が続けば、従業員のストレスは増え、企業の業績は悪化していきます。仕事が渋滞する原因を定量的、定性的調査によって明らかにし、効果的な対策を実施することで仕事の効率は劇的に改善します。弊社がコンサルティングを通じて実践し、効果を上げてきた3つのステップを事例を交えて紹介いたします。


株式会社人材育成社 取締役 人材育成コンサルタント

芳垣 玲子氏

【芳垣 玲子氏プロフィール】
(よしがき れいこ)法政大学大学院経営学研究科修了。キャリアカウンセラー、外資系保険会社、社員教育会社を経て株式会社人材育成社を設立。人材育成コンサルティングおよび、問題解決などの研修を多数の企業、自治体で実施している。著書は『突発的な仕事に先手を打つ 残業ゼロのビジネス整理術』(税務経理協会)他。

インタビュー

11/19(水)
10:00 -
11:00
特別講演[D-5]

社員教育の限界を突破!テクノロジーの進化で変わる社員教育の実態とは?
~教育革命が促した効果的な社員教育の先進事例を大公開~

100年以上変わっていないと言われる従来の教育モデルが、インターネットやスマートフォンの普及によって大きく変わろうとしています。「モバイルラーニング」「ソーシャルラーニング」「反転学習」などのトレンドは、どのように社員教育の現場で役立つのか?7000社以上の人財育成を支援しているトーマツイノベーションが、テクノロジーの進化で変わる社員教育の実態を事例を交えてご紹介致します。


トーマツ イノベーション株式会社 事業開発本部 本部長

濵野 智成氏

【濵野 智成氏プロフィール】
(はまの ともなり)大学卒業後、外資系グローバルカンパニーでマネージャー業務に従事。その後、オーストラリアに渡りコンサルティング実務を経験後、トーマツイノベーションに入社。100社以上へのコンサルティング支援実績を持ち、グループリーダー、東京支社長を歴任。現在は新規事業開発の総責任者として事業開発本部長を務める。

インタビュー

11/19(水)
10:00 -
11:00
特別講演[D-6]

ビジネスモデル・ジェネレーション導入事例
~研修の採用からフォローまで~

ビジネスモデル・ジェネレーション(BMG)ワークショップのファシリテーターとして国内で多くの企業研修の実績を持ち、「図解 ビジネスモデル・ジェネレーションワークショップ」の著者である今津様に、多くの研修の事例、メソッドと効果について解説頂きます。また、メディアサイト社がBMG研修を採用した背景から研修後の継続的なフォローまでをお話しします。自社の映像ソリューションを活用した双方向研修がもたらす効果も併せて紹介します。


メディアサイト株式会社 執行役員

南 常治氏

【南 常治氏プロフィール】
(みなみ じょうじ)2001年メディアサイト株式会社入社、雇用能力開発機構の京都「しごと館」開設に際し動画による職業紹介データベースシステム構築に参画 現在、大学及び一般企業向けRichMedia Contentsの制作・インターネット配信・サーバー管理システムのマーケティング&コンサル業務に従事


WinDo's 代表取締役

今津 美樹氏

【今津 美樹氏プロフィール】
(いまづ みき)米国系企業にてマーケティングスペシャリストとしての実績と20カ国以上のグローバル経験をもとに、WinDo'sの代表を務める。ビジネスモデル、マーケティングに関する講演・企業研修など幅広く活動し、執筆活動・解説・書評等多数。日本におけるBMG、BMYの普及推進を行う。明治大学リバティアカデミー講師。

インタビュー

11/19(水)
10:00 -
12:00
ワークショップ[WS-4]

世界のエリートがやっている 会計の新しい教科書
体感!BSアプローチ会計入門研修

優秀な日本のビジネスマンが、なぜ会計だけはいつまでも苦手なのか?日本の会計教育は世界的にみて遅れています。会計が分からないのは、あなたのせいではありません。いつまで経っても、本を読んでも、研修を受けても何となくしか会計が分からない現状には明確な理由があります。研修ご担当者の皆様に、新会計学習法「BSアプローチ」による、会計の基礎を「なんとなく」ではなく「完全に」理解出来る学習法を体感して頂きます。


株式会社インプレッション・ラーニング 講師

吉成 英紀氏

【吉成 英紀氏プロフィール】
(よしなり ひでき)慶応義塾大学商学部卒業。1987年、英和監査法人(現在、あずさ監査法人)に入所。監査業務、外資系金融機関向けコンサルティング業務等に従事。監査法人退職後、有限会社吉成コンサルティング代表取締役就任。国内大手企業向けコンサルティング、各種会計アドバイザリー業務等に従事。 会計分野の企業研修講師。

インタビュー

11/19(水)
11:15 -
12:35
パネルセッション[D]

「人事プロフェッショナル」の要件とは
~戦略性と創造性を備えた人事になるために~

企業が成長・繁栄していくために、人事は大きな役割を担っています。経営戦略に基づき、採用、育成、組織開発など、人材に関するあらゆるシーンでその力を発揮しなければなりません。それでは、企業を取り巻く環境が激しく変化している現在、人事は有効に機能できているでしょうか。期待されている役割を果たせているのでしょうか。本セッションでは、LIXILグループの八木洋介氏、サイバーエージェントの曽山哲人氏、アサヒビールの杉中宏樹氏という日本の人事を代表する三人の論客と、マッキンゼーやアップルなどで人事の要職を歴任し、現在は慶應義塾大学で教鞭をとる小杉俊哉氏が登壇。四人の「人事プロフェッショナル」が、人事とは何のために存在し、どのように活動すべきなのかについて語り合います。あなたも人事のあり方について一緒に考えてみませんか?
(協賛:SAPジャパン株式会社 / サクセスファクターズジャパン株式会社)

■ファシリテーター

小杉 俊哉氏(THS経営組織研究所 代表社員 / 慶應義塾大学SFC研究所 上席所員(訪問))

■パネリスト

八木 洋介氏(株式会社LIXILグループ 執行役副社長 人事総務担当)
曽山 哲人氏(株式会社サイバーエージェント 取締役人事本部長)
杉中 宏樹氏(アサヒビール株式会社 人事部長)



THS経営組織研究所 代表社員 / 慶應義塾大学SFC研究所 上席所員(訪問)

小杉 俊哉氏

【小杉 俊哉氏プロフィール】
(こすぎ としや)早稲田大学法学部卒業。マサチューセッツ工科大学(MIT)スローン経営大学院修士課程修了。日本電気株式会社、マッキンゼー・アンド・カンパニー インク、ユニデン株式会社人事総務部長、アップルコンピュータ株式会社人事総務本部長を経て独立。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科准教授を経て現職。専門は、人事・組織、キャリア・リーダーシップ開発。組織が活性化し、個人が元気によりよく生きるために、組織と個人の両面から支援している。著書に『起業家のように企業で働く』(クロスメディア・パブリッシング)、『リーダーシップ3.0―カリスマから支援者へ』(祥伝社新書)など。


株式会社LIXILグループ 執行役副社長 人事総務担当

八木 洋介氏

【八木 洋介氏プロフィール】
(やぎ ようすけ)1955年京都府生まれ。1980年京都大学経済学部卒業後、NKKに入社、主に人事マネージャーとして経験を積む。1999年より GEに勤務、GE Medical Systems Asia、GE Money Asia、日本GEでシニアHRマネジャーを務める。2012年より現職。著書に『戦略人事のビジョン 制度で縛るな、ストーリーを語れ』(光文社新書・ 共著)がある。


株式会社サイバーエージェント 取締役人事本部長

曽山 哲人氏

【曽山 哲人氏プロフィール】
(そやま てつひと)1974年神奈川県横浜市生まれ。上智大学卒業後、伊勢丹に入社。1999年、創業2年目のサイバーエージェントに入社し、インターネット広告事業本部営業部門統括を経て、2005年人事本部長、2008年より現職。現在は「採用・育成・活性化・適材適所」など人事全般、小学生向けプログラミング事業「CAテックキッズ」などの教育事業やビジネス事業の経営も担っている。社外にもブログやソーシャルメディア、著書による情報発信を積極的に行っており、人材マネジメント、組織活性化等、幅広いテーマで講演活動も行っている。著書に『最強のNo.2』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、『クリエイティブ人事』(光文社新書・ 共著)などがある。


アサヒビール株式会社 人事部長

杉中 宏樹氏

【杉中 宏樹氏プロフィール】
(すぎなか ひろき)1989年アサヒビール株式会社入社。大阪支社総務部・名古屋工場総務部を経て、1998年にアサヒ飲料株式会社に出向。飲料ビジネスにおける新たな人事制度改革・導入に取り組む。また、アサヒ飲料社・カルピス社との自動販売機合弁会社であるアサヒカルピスビバレッジ株式会社の設立に際し、組織風土融合・人事制度統一等人事面全般での統合業務に携わった。2013年にアサヒビール・人事部に復職。担当部長として「人的競争力と働きがいの向上」をテーマに、人事諸施策に取り組んでいる。


11/19(水)
12:45 -
14:45
ランチ・ミーティング[LM-1]

「人事プロフェッショナル」によるランチ・ミーティング
~人事が持つべき視点や働き方、キャリアについて考える~
※参加費用3,000円(食事代込)が必要です。(特別会員は無料)


前回のランチ・ミーティングの様子

パネルセッションを終えたばかりのパネリストの方々にご出席いただき、限定30名によるランチ・ミーティングを開催します。パネルセッションの内容について質問したり、皆さんが抱えている課題についてアドバイスをお願いしたり……。パネリストと参加者の皆さんで、徹底的に「人事」について考え、ディスカッションするための場です。日本の人事を代表する方々と、直接意見交換や質問ができるチャンス。本ミーティングをきっかけに、新しいアイデアや人事のネットワークが生まれることを期待しています。少人数限定企画のため、お早めにお申込みください!

■参加費

3,000円(『日本の人事部』特別会員の方は無料)

■ファシリテーター

小杉 俊哉氏(THS経営組織研究所 代表社員 / 慶應義塾大学 SFC研究所上席所員(訪問))

■パネリスト

八木 洋介氏(株式会社LIXILグループ 執行役副社長 人事総務担当)

曽山 哲人氏(株式会社サイバーエージェント 取締役人事本部長)

杉中 宏樹氏(アサヒビール株式会社 人事部長)

※事務局にて昼食をご用意いたします。
※参加料は、当日受付にてお支払いください。


小杉俊哉氏 photo
小杉俊哉氏
八木洋介氏 photo
八木洋介氏
曽山哲人氏 photo
曽山哲人氏
杉中宏樹氏 photo
杉中宏樹氏

11/19(水)
13:45 -
14:45
特別講演[E-1]

共創(コ・クリエイション)を実現するリーダーシップ
~答えの無い時代の協働とは?~

環境の変化が早く、答えが見出しづらい現代においては、現場の一人一人が主体性を発揮し、自考自動をすることに加え、チームで未知の価値を共創(コ・クリエイション)することが求められています。共創の実現には、メンバー以上にリーダー自身の変容が問われます。個人とチームの主体性と創造性の解放を実現するリーダーシップとは一体何か?指示・命令を超えた共創型リーダーを生み出す鍵は何か?をご紹介します。
(協賛:テンプスタッフラーニング株式会社)


オーセンティックワークス株式会社 代表取締役

中土井 僚氏

【中土井 僚氏プロフィール】
(なかどい りょう)組織変革ファシリテーター。U理論をベースにしたマインドセット転換による人と組織の永続的な行動変容を支援。「自分らしさとリーダーシップの統合」を目指し人と組織の未来づくりを進める。著作として『人と組織の問題を劇的に解決するU理論入門』(PHP出版)等がある。

インタビュー

11/19(水)
13:45 -
14:45
特別講演[E-2]

「IT活用で差がつく!」 パナソニックの事例から学ぶ「効果的な人材育成手法」

「社員教育を行っているが、なかなか効果が上がらない」「研修に1日もかけられない」等のお悩みを持っている人材育成担当者も多いのではないでしょうか。パナソニックでは、様々な教育プログラムの構築を手がけ、その豊富な実績から培ったノウハウを活用し、「より効果の高い教育」や「研修の時間短縮」などの課題解決に繋げてきました。本講演では、ITを活用した教育事例を基に「効果的な人材育成手法」の紹介をいたします。


パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社 教育事業グループ 企画総括

表 武史氏

【表 武史氏プロフィール】
(おもて たけふみ)2005年 松下電器産業株式会社 IT教育研究所にて学習管理システム開発及びサーバー運用に従事。2007年 パナソニックラーニングシステム株式会社にてクラウドサービス及び事業企画に従事。2012年 パナソニックソリューションテクノロジー株式会社 教育事業グループにて企画及び営業に従事。

インタビュー

11/19(水)
13:45 -
14:45
特別講演[E-3]

クリエイティブな解決策を短時間で生み出す鍵、それは「合意形成」にあった

創造的な課題発見・問題解決プロセスである「視覚会議(R)」手法をご紹介します。新しい価値創造が求められている今の時代、経営層や人材開発の皆様には必見です。クリエイティブな問題解決で鍵となるのは、発想手法の強化ではありません。その前にビジョンやゴールの「合意形成」を行うことが不可欠です。それはなぜなのでしょうか?わずか50分の「合意形成」が、参加者のモチベーションとアウトプットを根本から変えます。


株式会社ラーニングプロセス 代表取締役

矢吹 博和氏

【矢吹 博和氏プロフィール】
(やぶき ひろかず)株式会社ラーニングプロセス代表。視覚会議の開発者。見える化を活用した思考法、発想法、会議ファシリテーションのスペシャリスト。50分で合意形成させる視覚会議を、日産自動車、富士通、トレンドマイクロ他にイノベーションを起こす仕組みとして導入。NPO法人アイデア創発コミュニティ推進機構の代表理事。

インタビュー

11/19(水)
13:45 -
14:45
特別講演[E-4]

VUCA時代における、最先端の戦略人材育成
~IT業界の人材育成で培ったノウハウ~

変化が早いIT業界において、技術者は最新のIT知識やスキルの短期習得が求められてきた。しかし、VUCA時代に最高の技術者になるためには、技術習得だけでなく、ビジネスマインド・スキルの向上、更に人間に興味関心を持ち、自身の感性を育てることが大切なのである。26年に及ぶIT技術者育成の経験から、このVUCA時代における最先端の人材育成を紹介する。
*VUCA(変動性・不確実性・複雑性・曖昧さ)


株式会社IPイノベーションズ 代表取締役 ASTD インターナショナルネットワークジャパン 代表理事

浦山 昌志氏

【浦山 昌志氏プロフィール】
(うらやま まさし)松下電器産業(現パナソニック)入社。81年日本理工医学部研究所、90年CSK(現SCSK)を経て独立。03年IPイノベーションズを設立。 国内で初のシスコシステムズ認定教育の立上げや、LMSの先進導入等で、新規教育市場の開拓に従事。2008年にASTDグローバルネットワークジャパンをチームで設立。

インタビュー

11/19(水)
13:45 -
14:45
特別講演[E-5]

現地から生中継!若手育成のカギはジャカルタでの「極限体験」

「若手リーダーをどう育成するか」「入社数年で伸び悩む若手」などの様々な育成課題を解決する手法として、当社が考えるのは「極限体験」の機会を与えること。慣れた職場という安全圏から、全身全霊を尽くさなければ前に進まない極限状態へと環境を変え、自分自身の真の課題とポテンシャルを引き出します。当日は「極限体験」の舞台である、インドネシア/ジャカルタとSkypeを繋いでの講演を予定しております。


Boat株式会社 代表取締役 株式会社エイムソウル 取締役

稲垣 隆司氏

【稲垣 隆司氏プロフィール】
(いながき たかし)株式会社光通信の人事部責任者として、年間600名の新卒採用や人事制度構築を担当。その後株式会社シンカの部門責任者を歴任。2005年に株式会社エイムソウルを設立し8期代表を務め、250社の採用・教育課題に取り組む。2014年にBoat株式会社代表として、日系企業に特化した、グローバルHRの課題解決に取り組む。

インタビュー

11/19(水)
13:45 -
14:45
特別講演[E-6]

グローバル化と企業人材戦略~グローバル実践力の可視化と育成の具体的方法

グローバルに展開する企業にとって、それを担う人材を計画的に育成し継続的に輩出することが、ビジネスの成否を決める重要な要因となっています。そこでこの度、1千人を超える対象に実施してきたグローバル「実践力」アセスメントの分析結果や、弊社が自社開発したグローバル人材育成プログラムにより得られた成果の「導入事例」、そしてそこから活かせるヒントを1時間で凝縮して講演します。


アイディア社(IDEA DEVELOPMENT株式会社) 代表取締役

ジェイソン ダーキー氏

【ジェイソン ダーキー氏プロフィール】
(ジェイソン ダーキー)米国シアトル出身、上智大学卒業。大学在学中からの研修企画会社勤務を経て2003年に企業向け教育研修会社IDEA DEVELOPMENT株式会社を設立、代表取締役に就任。人材育成のコンサルタント、教育プログラムのデザイナー、インストラクターとして、幅広い業種の企業向けに人材育成サービスを提供。


11/19(水)
13:45 -
15:45
ワークショップ[WS-5]

組織の活力を高める3つの手法

私たちは「企業の人間的側面」に焦点をあてて、社員の働きがい、やりがいを引き出す組織活動、改善アプローチの手法をご紹介いたします。私たちは組織や職場の活力を創出するため、組織や職場集団の自律的問題解決力を高める『触媒的な働きかけ』を得意としています。どの業種であっても取り組みやすい簡便な手法としてまとめ、職場や組織の変革のプロセスとして設計しております。活力ある組織づくりにお役に立てれば幸いです。


株式会社 日本経営理念研究所 コンサルタント

平 潤一郎氏

【平 潤一郎氏プロフィール】
(たいら じゅんいちろう)ソニー中国にマーケティングマネージャーとして活躍する。ソニー中国全土のブランディングを構築。その後、日本トイザらスにてCRMマネージャーを務める、2013年、株式会社TANDEN設立。同社を経営しつつ、現在、日本経営理念研究所にて中堅企業から上場企業の組織の活性化と組織開発を行うコンサルタント。

インタビュー

11/19(水)
15:00 -
16:10
パネルセッション[E]

成長企業の経営者が語る
「社員のやる気を引き出し、組織を強くする仕掛け」

企業の業績は、組織を構成する人材が生み出す価値により大きく左右します。厳しい時こそ、社員全員が力を発揮する仕掛けづくりを考えなければなりません。そこで本セッションでは、社員のやる気を引き出し、強い組織をつくることに成功している注目の経営者が登壇。具体的なエピソードも交えて、企業を成長させるためのポイントをお話しいただきます。パネリストは「より多くの人が、より成長し、より長く働ける環境を提供する」というコンセプトの下にさまざまな人事施策を実践し、人を活かす風土を実現している、サイボウズ社長の青野慶久氏。そして一度経営難を経験するも、現場を重視しながら社員全員の成長を実現してホッピーブームを再興させた、ホッピービバレッジ社長の石渡美奈氏。ファシリテーターは企業の経営戦略研究の第一人者、一橋大学の米倉誠一郎教授です。強い組織をつくるために企業は何をすべきか、その極意を見つけてください。
(協賛:日本経済新聞社)

■ファシリテーター

米倉 誠一郎氏(一橋大学 イノベーション研究センター 教授)

■パネリスト

青野 慶久氏(サイボウズ株式会社 代表取締役社長)
石渡 美奈氏(ホッピービバレッジ株式会社 代表取締役)



一橋大学 イノベーション研究センター 教授

米倉 誠一郎氏

【米倉 誠一郎氏プロフィール】
(よねくら せいいちろう)1981年一橋大学大学院社会学研究科修士課程修了。1990年、ハーバード大学にてPh.D.(歴史学)を取得し、1997 年より一橋大学イノベーション研究センター教授。1999年~2001年および2008年~2012年3月まで、同センター長。2012年3月よりプレトリア大学ビジネススクール (GIBS) 日本研究センター所長を兼務。企業経営の歴史的発展プロセス、とくにイノベーションを中心とした経営戦略と組織の史的研究を主たる研究領域としている。経営史を専門とする一方で、関心領域を広く保ち、学際的であることを旨としている。季刊誌『一橋ビジネスレビュー』編集委員長、及びアカデミーヒルズにおける日本元気塾塾長でもある。『経営革命の構造』(岩波新書)、『創発的破壊:未来をつくるイノベーション』(ミシマ社)など、著書多数。


サイボウズ株式会社 代表取締役社長

青野 慶久氏

【青野 慶久氏プロフィール】
(あおの よしひさ)1971年、愛媛県今治市生まれ。大阪大学工学部情報システム工学科卒業後、松下電工入社。1997年、サイボウズを愛媛県松山市に設立、取締役副社長に就任。マーケティング担当としてウェブグループウェア市場を切り開く。その後、「サイボウズ デヂエ」「サイボウズ ガルーン」など、新商品のプロダクトマネージャーとしてビジネスを立ち上げ、事業企画室担当、海外事業担当を務める。2005年4月に代表取締役社長に就任。息子二人、二度の育児休暇を取得。


ホッピービバレッジ株式会社 代表取締役社長

石渡 美奈氏

【石渡 美奈氏プロフィール】
(いしわたり みな)1968年東京都生まれ。立教大学文学部卒業後、日清製粉(現:日清製粉グループ本社)に入社。人事部に所属し、93年に退社。広告代理店でのアルバイトを経て、祖父が創業したホッピービバレッジに入社。広報宣伝を経て、2003年、取締役副社長に就任。著書に、『社長が変われば会社はかわる!』(阪急コミュニケーションズ)、『社長が変われば社員は変わる!』(あさ出版)、『ホッピーの教科書』(日経BP社)、『技術は真似できても、育てた社員は真似できない』(総合法令出版)。趣味はクラシック鑑賞・万年筆集め。早稲田大学大学院商学研究科修士課程修了、経営学修士(MBA)。現在、慶應義塾大学大学院システム・デザイン・マネジメント学科(SDM)在学中。


11/19(水)
15:30 -
18:30
特別セッション[SS-2]

【『日本の人事部』人事エグゼクティブ定期会合 第一回】
人事部長が担う「戦略的人材マネジメント」
~経営の視点(人材の戦略的育成・活用)から考える~


特別セッションイメージ

『日本の人事部』ではこのたび、日本の「人事」の実情を真摯に捉え、人事エグゼクティブの皆さまが必要とされるさまざまな知識や情報を集積・発信し、日本企業の人・組織の活性化、次世代の育成に向けた新たな活動を開始いたします。まずは、一橋大学大学院教授の守島氏を講師としてお招きし、人事エグゼクティブの皆さまを対象としたセッションを二回に渡り、開催いたします。現在の日本企業の人事部門には、経営と連動して戦略的に人材を活用していくことが求められています。それを先頭に立って推進するのが人事部長です。本イベントにて開催する第一回は、人事部長がどのように「人材の戦略的育成・活用」を実現すればいいのか、経営の視点から考えます。「守島氏による講演」「参加者同士のディスカッション」の二部構成で実施します。

※第二回は「人事部長が担う『戦略的人材マネジメント』~人・組織の視点(人材の活性化、強い現場の構築)から考える~」をテーマに、2015年2月に開催予定です。

■参加対象

人事担当役員・人事部長限定 ※参加対象以外の方のご参加はお断りします。

■定員

30名 ※お申込多数の場合は抽選となります。

■講師・ファシリテーター

守島基博氏(一橋大学大学院商学研究科教授)

■その他

・本セッションの講演やディスカッションの内容を『日本の人事部』Webサイト、冊子等に掲載する予定です。
・皆さまから弊社の企画・運営へのご意見やご提案を頂戴したいと存じます。



一橋大学大学院 商学研究科 教授

守島 基博氏

【守島 基博氏プロフィール】
(もりしま もとひろ)人材論・人材マネジメント論専攻。1980年慶応義塾大学文学部卒業、同大学院社会研究科社会学専攻修士課程修了。86年米国イリノイ大学産業労使関係研究所博士課程修了。人的資源論でPh.Dを取得後、カナダ国サイモン・フレーザー大学経営学部助教授。90年慶應義塾大学総合政策 学部助教授、98年同大大学院経営管理研究科助教授・教授を経て、2001年より現職。主な著書に『人材マネジメント入門』『人材の複雑方程式』『21世紀の“戦略型”人事部』『人事と法の対話』などがある。



11/19(水)
16:25 -
17:25
特別講演[F-1]

2014内定者の実態から、2015新入社員研修をリ・デザインする

完全な売り手市場となり、内定辞退が当たり前となった2015採用。教育研修への影響を「2014内定者の実態」最新レポートを読み解きながら、「2015新入社員研修」を“リ・デザイン”する肝をお伝えします。素直・まじめで言われたことをしっかりやる強みの反面、心理的・感覚的に対応できなそうだとブラック認定しがちな昨今の新人。年々変化する学習スタイルに合わせ、研修やOJTが意味ある機会になるよう、企画の幅を広げていただきます。


株式会社ファーストキャリア 代表取締役社長

若鍋 孝司氏

【若鍋 孝司氏プロフィール】
(わかなべ こうじ)株式会社ニチレイ人事部にて制度改革・研修業務に従事。株式会社セルムを経て、2006年に株式会社ファーストキャリアを設立、代表取締役社長に就任。企業における本質的な若手人材育成の実現を推進している。著書:「20代でファーストキャリアを築ける人、築けない人』『草食系男子×肉食系女子、どちらが育つか?』

インタビュー

11/19(水)
16:25 -
17:25
特別講演[F-2]

なぜあの会社は提案コンペを勝ち取れるのか?
~共感型営業人材を育てる研修とは~

営業力は、企業にとって重要なポイント。ところが・・・「提案営業で差別化を図りたいが、競合も提案型営業をしているため受注率が上がらない」「経営層に対してのアプローチを励行したいが、なかなか上手くいかない」こんな悩みをよくお聞きします。本講演では競合の課題解決型の提案を打破し、提案コンペを勝ち取れる新スタイルの提案営業手法とその成功事例。更には、ツールから営業の育成手法までをご紹介いたします。


株式会社アルヴァスデザイン 代表取締役

高橋 研氏

【高橋 研氏プロフィール】
(たかはし けん)早稲田大学大学院 理工学研究科修了。新卒入社した株式会社ファンケルを経て、2006年よりエム・アイ・アソシエイツ株式会社に入社。研修およびコンサルティングの営業を実施しながら自らも講師、コンサルタントとして約14,000名の営業人材開発を支援。2013年より現職。

インタビュー

11/19(水)
16:25 -
17:25
特別講演[F-3]

大人の発達障害、採用と既存社員での対応法

「大人の発達障害」という言葉を聞いたことはございますか?「そうではないかという事例を社内・組織内で見聞きしたことがある」「これから対応について検討しようと考えていた」そのような企業・自治体の人事ご担当者様向けに、弊社で実施した調査結果に基づき、基本的なお話をメインにさせていただきます。どのように対応すべきか、各社で聞かれた問題意識も一部、共有しつつ、情報交換できればと考えています。


株式会社マネジメントベース 代表取締役

本田 宏文氏

【本田 宏文氏プロフィール】
(ほんだ ひろふみ)鹿児島県生まれ、慶應義塾大学修士課程修了。(株)野村総合研究所にて15年間、人材と組織に関する診断・コンサルティングに従事。2006年に、人材と組織のアセスメント、各種コンサルティングを専門とする(株)マネジメントベースを設立。現在に至る。

インタビュー

11/19(水)
16:25 -
17:25
特別講演[F-4]

最新事例から学ぶ「健康人材リーダーシップ」推進のための3つの柱とは

いま経営人材・営業人材の健康維持・増進に積極的に関与する「健康経営」が急速に注目されています。社員の健康維持・増進がリーダーシップやビジネスパフォーマンスに繋がるだけではなく、今後「健康人材育成」への取り組みがステークホルダーの企業評価や格付を左右すると予想されます。本講演では、当社独自プログラムによる最新事例と「健康人材リーダーシップ」推進のためのカギである3つの仕掛けを中心にご紹介いたします。


株式会社ボディチューン 代表取締役 一般社団法人日本スポーツ&ボディ・マイスター協会 代表理事

阿部 雅行氏

【阿部 雅行氏プロフィール】
(あべ まさゆき)東京都生まれ、明治大学経営学部卒。富士銀行入行、みずほHD、みずほコーポレート銀行で営業・企画・経営戦略部門、グロービス等教育ベンチャーを経て現職。元体重90キロ経験から2005年より健康人材リーダーシップに関する活動や研究を展開。早稲田大学大学院スポーツ科学研究科 修士修了。博士課程在籍。


11/19(水)
16:25 -
17:25
特別講演[F-5]

「5・6・7理論」とは?自信が持てる「交渉力」を身に付ける
~7つの交渉タクティクス(戦術)演習~

交渉は日常的に誰もが行っています。しかし、交渉に自信のないビジネスパーソンを多く見かけます。交渉理論を体系的に理解し実践すれば、交渉は決して難しいものではありません。今回は、即効性のある「タクティクス演習」を中心に行い「交渉力」をあげる秘訣を体感してもらいます。最後に、研修成果の最大化が図れ、高い「投資対効果」が実現できる「交渉力&行動習慣化:融合研修」のエキスをご紹介させていただきます。


株式会社NRIJ 代表取締役社長 認定コンサルタント

観音寺 一嵩氏

【観音寺 一嵩氏プロフィール】
(かんおんじ いっこう)衣料品専門店チェーンで不動産関係の対外折衝責任者を長く務める。中小企業診断士の資格取得後、経営コンサルタントとして独立。2002年、英国のPMMS社から『戦略的交渉力』ライセンスを取得し、(株)NRIJ設立。同社代表取締役社長に就任。著書は『絶妙な交渉の技術』『戦略的交渉力』など。

インタビュー

11/19(水)
16:25 -
17:25
特別講演[F-6]

ビジネスメール教育の専門家が語る、
年間100時間削減して生産性を高める3つの施策

非効率なメール利用が、組織の生産性を著しく低下させています。どうでもいいことをCCで共有したり、自分の保身のためにCCを乱用する。身に覚えはありませんか?メールの利用時間が増加していても、本人はメールに時間をかけていることに気付かず、管理職もその問題意識が欠如しています。本講演では、ビジネスメール教育の専門家として効果を出し続けている3つの施策をご紹介し、業務改善のポイントをお伝えします。


株式会社アイ・コミュニケーション 代表取締役 一般社団法人日本ビジネスメール協会 代表理事

平野 友朗氏

【平野 友朗氏プロフィール】
(ひらの ともあき)筑波大学人間学類(認知心理学)卒業。メールスキル向上指導、組織のメールのルール策定、メールの効率化による業務改善や生産性向上などを手がけ、企業などへのコンサルティングや講演研修回数は年間70回を超える。著書は21冊を超え、メールマナー等に関する取材を300回以上受けるビジネスメール教育の第一人者。

インタビュー

11/19(水)
16:25 -
18:30
特別セッション[SS-3]

【パネルトーク&ディスカッション】これからの「男性の働き方」を考える


特別セッションイメージ

現在は、多くの企業が「女性活躍推進」に関する施策を実行しています。このような時代に、働く「男性」はどのような問題を抱えているのでしょうか。女性活躍を推進するためには、男性の意識や働き方も変えなければならないはずです。今回のセッションでは、「男性学」の旗手、「なでしこ銘柄」ご担当者、「元祖イクボス」の三人をお迎えし、「男らしさ」「イクメン」「イクボス」「女性活躍の支援」などをキーワードに、男性の意識・働き方の改革について議論します。

■定員

約30名 ※お申込多数の場合は抽選となります。

■パネリスト

田中俊之氏(武蔵大学社会学部 助教)
福地真美氏(経済産業省 経済産業政策局 経済社会政策室長)

■パネリスト・ファシリテーター

川島高之氏(大手総合商社系列 社長、NPO法人コヂカラ・ニッポン 代表、NPO法人ファザーリング・ジャパン 理事)



武蔵大学 社会学部 助教

田中 俊之氏

【田中 俊之氏プロフィール】
(たなか としゆき)武蔵大学社会学部助教、博士(社会学)。専門は男性学・キャリア教育論。単著に『男性学の新展開』(青弓社)、共著に『大学生と語る性』(晃洋書房)、『ソシオロジカル・スタディーズ』(世界思想社)、『揺らぐ性・変わる医療』(明石書店)などがある。


経済産業省 経済産業政策局 経済社会政策室長

福地 真美氏

【福地 真美氏プロフィール】
(ふくち まみ)1997年東京大学法学部卒業、通商産業省(現経済産業省)入省。2004年米国タフツ大学フレッチャースクールにおいて国際関係論修士。経済産業省において、航空機産業の振興、エネルギー需給見通しの策定、経済協力政策や石油・天然ガス確保政策等を担当。2010年から在マレーシア日本国大使館に赴任し、経済連携協定、インフラ輸出、企業のビジネス環境整備支援等を行う。2014年7月から現職。ダイバーシティ経営企業100選や、東京証券取引所との共同事業であるなでしこ銘柄事業など、女性をはじめとした多様な人材がいきいきと活躍できるような社会の環境づくりに取り組む。


大手総合商社系列 社長
NPO法人コヂカラ・ニッポン 代表
NPO法人ファザーリング・ジャパン 理事

川島 高之氏

【川島 高之氏プロフィール】
(かわしま たかゆき)1987年、慶応大学を卒業し三井物産(株)に入社、現在は系列上場会社の社長。地元の小・中学校のPTA会長、少年野球のコーチなども務めてきた。また、イクメン関連のNPO法人ファザーリング・ジャパンの理事、子ども教育関連のNPO法人コヂカラ・ニッポンの代表でもある。子育てや家事の経験(ライフの視点)、商社勤務や会社社長の経験(ビジネスの視点)、PTA会長やNPO代表の経験(ソーシャルの視点)という3つを融合させた講演を、各地で展開中。また、NHK「クローズアップ現代」をはじめ多数のメディアに登場。「元祖イクボス」としても知られる。



11/19(水)
17:40 -
19:00
基調講演[F]

「力のあるマネジャー」育成の科学
わかっていること、これからできること

「力のあるマネジャー育成」をいかに行っていくかは、「新入社員の戦力化」とならんで、多くの企業が人事課題にかかげる内容です。本講演では、マネジャー育成(Management Development)研究・実践の最前線をご紹介し、このことのヒントをさぐります。「プレーヤーからマネジャーへの円滑な移行をどのように行うのか」「多様な職場メンバーを率いるマネジャーをいかに育成していけばいいのか」など、研究と実践事例をまじえてご紹介できる予定です。

中原淳先生の「サイン会」開催決定! 著書を30名様にプレゼント!
講演に参加された方の中から抽選で30名様に、中原先生の著書『駆け出しマネジャーの成長論:7つの挑戦課題を科学する』をプレゼントします!
基調講演終了後、会場内の交流ラウンジで中原先生の「サイン会」を開催します。書籍販売コーナーで中原先生のご著書を購入された方が対象となります。この貴重な機会をどうぞお見逃しなく!


東京大学 大学総合教育研究センター 准教授

中原 淳氏

【中原 淳氏プロフィール】
(なかはら じゅん)1975年、北海道旭川市生まれ。東京大学教育学部卒業、大阪大学大学院人間科学研究科、米国・マサチューセッツ工科大学客員研究員等をへて、2006年より現職。大阪大学博士(人間科学)。「大人の学びを科学する」をテーマに、企業・組織における人々の学習・コミュニケーション・リーダーシップについて研究している。専門は経営学習論(Management Learning)。単著に『職場学習論』(東京大学出版会)、『経営学習論』(東京大学出版会)、『研修開発入門 会社で「教える」、競争優位を「つくる」』(ダイヤモンド社)、『駆け出しマネジャーの成長論:7つの挑戦課題を科学する』(中央公論新社)など。共編著に『企業内人材育成入門』(ダイヤモンド社)、『プレイフル・ラーニング』(三省堂)など多数。働く大人の学びに関する公開研究会 Learning barを含め、各種のワークショップをプロデュースしている。

11/20(木)テーマ:組織変革と人材マネジメント
11/20(木)
10:00 -
11:00
特別講演[G-1]

大手企業の事例に見る 女性活躍推進のスベる施策・刺さる施策の共通点とは?

アベノミクスを背景に「女性活躍推進」への機運が高まっています。しかし、管理職比率向上を目指し女性社員に発破をかけた結果、反発を受けた・しり込みされたというケースは後を絶ちません。女性活躍推進の課題を「本人の意識」や「女性の特殊性」に矮小化していては、どんな施策も上滑りするばかりです。本講演では、大手企業が行いがちな施策を例に、それら施策が上滑りする理由と、刺さるアプローチのポイントを解説します。
(協賛:株式会社アクシア)


ライフ・ポートフォリオ 代表

前原 はづき氏

【前原 はづき氏プロフィール】
(まえはら はづき)早稲田大学第一文学部卒業。リクルート、教育研修業界を経て、2009年ライフ・ポートフォリオ設立。『企業と働き手の本音と信頼をつなぐ』をミッションに、女性活躍推進を中心テーマとしてにライフ&キャリア研修やダイバシティ・マネジメントに関する研修を行う。社会構造の変化を踏まえた人材開発の考え方を提唱。


11/20(木)
10:00 -
11:00
特別講演[G-2]

次世代型アウトソーシングへの取組み
~今後の給与業務と、マイナンバーへの対応策~

給与業務を外注する際、不安や疑問から中々検討が進まないことはありませんか?本講演では、「計算結果精度」「ベンダー側の不透明な業務プロセス」「従業員の利便性」等、オペレーション/システム両面から皆様の不安を解決し、進化させた「次世代型アウトソーシング」をご紹介。また、機密性の高い情報を堅牢な環境下で管理し続けるノウハウと経験を生かした「マイナンバー対応支援」にも触れてまいります。


株式会社ペイロール 代表取締役社長兼CEO

湯淺 哲哉氏

【湯淺 哲哉氏プロフィール】
(ゆあさ てつや)大学卒業後、大手情報機器企業に入社。退社後に記帳代行を事業とするビジネスを立ち上げ、1997年には事業主体を給与業務のアウトソーシングに移行。現在は日本で初めて給与業務に特化した「フルスコープ型アウトソーサー」として、業界を問わず多くの大手企業にサービスを提供している。

インタビュー

11/20(木)
10:00 -
11:00
特別講演[G-3]

ミドルマネジメントを輝かせて、価値創造組織へ変革させる具体的方法とは?

あらゆる企業が、挑戦し、価値創出できる風土作りが求められている現在、その鍵を握るのは現場のミドルマネジャーたちです。しかし彼らは、過去の成功体験に囚われて、挑戦も創造もできていないのが現状ではないでしょうか?どうすればミドルマネジャーを輝かせて、組織を活性化することができるのか?この人事部及び経営者共通のテーマについて、豊富な事例を元に具体的な解決方法をお伝えします。


株式会社ワークハピネス シニアコンサルタント

増岡 健史氏

【増岡 健史氏プロフィール】
(ますおか けんじ)大手小売業での月商数億円のフロアマネージャーを経て、2002年ワークハピネスの立ち上げに参画。IT企業、大手マスコミ系の子会社など数多くの組織改革プロジェクトをプロジェクトマネージャーとして成功に導く。
多業種・様々な規模の組織に入り込み、実行者として改革を推進する中で身に付けてきた心理学と組織論を合わせたノウハウは、一線を画す。


11/20(木)
10:00 -
11:00
特別講演[G-4]

なぜ営業研修は成果につながらないのか?人事部がおさえるべき効果に繋がる取組み方

多くの業界において国内市場は縮小傾向にあり、他社との競争が激化しております。勝ち残るために営業力強化に取り組んでおり、その一つの選択肢が営業研修となっている会社も多いと思います。その営業研修、思い描いていたような成果が出ておりますか?一時的な効果ではなく、継続的な成果を出す為にはポイントが4つあります。営業から距離がある人事部門だからこそ的確に手を打てます。その為にポイントを理解しましょう。


ソフトブレーン・サービス株式会社 取締役会長 一般財団法人 プロセスマネジメント財団 理事

小松 弘明氏

【小松 弘明氏プロフィール】
(こまつ ひろあき)1984年三和銀行(現三菱東京UFJ銀行)入行。00年、ソフトブレーン㈱に入社、専務取締役就任。創業者宋文洲と共に5年で東証一部に上場。06年ソフトブレーン・サービス㈱取締役会長(現職)。2万社を超える企業経営者からの相談を受け、営業プロセス構築に関するコンサルティングで経営者からの支持も高い。

インタビュー

11/20(木)
10:00 -
11:00
特別講演[G-5]

イノベーションを生み出す働き方~価値を生み出すプロジェクト~

従来、日本企業の多くは、階層型組織構造の中で階層ごとの戦略を策定・実行してきました。一方で、事業環境の変化が激化し戦略が短命化する昨今、企業全体の変革を目指した部門横断的な戦略策定・実行を急務とする企業が増えています。しかし残念ながら、これらの取り組みの多くは、期待どおりの成果を生み出すことができていません。なぜ失敗するのか、どうすれば成功に導くことができるのか。弊社の考察と事例をご紹介します。


株式会社シグマクシス プリンシパル

有我 篤行氏

【有我 篤行氏プロフィール】
(ありが あつゆき)外資系コンサルティング会社を経て、現在ビジネスコンサルティング会社 シグマクシスのHCM プリンシパル。組織改革、経営管理制度構築、プロフェッショナル人事制度の構築、ワークスタイル変革など多くの企業の組織・人事制度改革のコンサルティング実績・経験を有する。

インタビュー

11/20(木)
10:00 -
11:00
特別講演[G-6]

タレントマネジメントで会社を変える
―最新のITを活用すれば人事はここまでできる

人事や人材育成の分野でも、ITの活用が不可欠な時代になってきた。一般的に導入されている人事・給与システムと最近のタレントマネジメントシステムなどとの本質的な違いを、IT的視点と最新の人材育成システムの事例を交えながら解説することにより、今求められている人事・人材育成戦略と、そのリアルタイム効果を示す。


サムトータル・システムズ株式会社 代表取締役社長

平野 正信氏

【平野 正信氏プロフィール】
(ひらの まさのぶ)IBMの開発エンジニア、日経マグロウヒル社(現日経BP社)記者、ハイペリオン日本法人代表、レッドハット・アジア担当VPなどを経て現在に至る。記者としての人脈、ソフトウエア全般、会計、人事などのITソリューションなどの豊富な経験を生かし、業界のビジョナリーとして活躍。明快な説明に定評がある。

インタビュー

11/20(木)
10:00 -
12:00
ワークショップ[WS-6]

※[WS-6]はパンフレット記載内容から変更になりました。社員のメンタルヘルス管理と生産性・人材育成にむけた改善を実現。成果の出るライン・セルフケア、職場復帰成功とは?

40年間の「総合心理教育研究所メンタルヘルスの実践」と「カナダストレス研究所との共同研究」で生まれ、20年間のTHQストレス診断から紐解く「成果の出るライン・セルフケア研修と94.3%職場復帰成功率のノウハウ」について共有いたします。
「HRM」「リーダーシップ」「社員」が行わなければならないこと、行っても効果がないこと、行ってはいけないことについて、13の指針ポイントを実践ワークショップでご紹介します。


株式会社総合心理教育研究所代表取締役 グロービス経営大学院大学教授

佐藤 隆氏

【佐藤 隆氏プロフィール】
(さとう たかし)日本鋼管病院にて、日本のメンタルヘルス対策草創期の実務に携わる。東海大学短期大学部学科長を経てグロービス経営大学院大学教授となる。300社以上の企業を対象にメンタルヘルスに関する調査研究を実施。ハンス・ セリエ財団カナダストレス研究所、財団法人パブリックヘルスリサーチセンター客員研究員等を務める。


11/20(木)
10:00 -
12:00
ワークショップ[WS-7]

人財分析を活用した組織活性化とタレントマネジメント

人財分析の方法を体験していただき、データを通した人財傾向の把握、活用のしかたをご案内します。また、どのような組合せが活力をもたらすかを体験的に学習していただきます。これらを通じて、組織の活性化やタレントマネジメントへの展開をご理解いただけるようご案内いたします。
※本ワークショップお申込みの方に「パーソナルスキャン」のトライアル版を実施いただきます。


株式会社M-ITソリューションズ 代表取締役社長

金澤 健郎氏

【金澤 健郎氏プロフィール】
(かなざわ たてお)国内大手コンサルタント会社にて代表取締役副社長を務めた後、2010年にM-ITソリューションズを創業し、代表取締役に就任。企業の事業推進を戦略・組織・人財の面から支援し、約1,000社に上る実績を有する。マネジメント・コンサルタント)、全日本能率連盟 人財マネジメント資格認定委員会委員長などを歴任。

インタビュー

11/20(木)
11:15 -
12:35
パネルセッション[G]

女性活躍推進のために、人事が知っておくべき「子育て支援の大改革」とは

2015年4月、消費税率引き上げによる増収分を活用し、子育て支援の充実を図る「子ども・子育て支援新制度」がスタートします。これにより全国に保育園・こども園・小規模保育など多様な取組が進み、待機児童の解消、働く女性の職場復帰の促進が期待されます。本講演では、制度改革を詳しく解説し、企業内保育所が今後どのように作りやすくなるかという事例も交えながら、こうした情報をいち早く社内に還元し、仕事と子育ての両立問題に直面する社員のモチベーションアップにつなげるヒントをご紹介します。


株式会社ワーク・ライフバランス 代表取締役社長

小室 淑恵氏

【小室 淑恵氏プロフィール】
(こむろ よしえ)900社以上へのコンサルティング実績を持ち、残業を減らして業績を上げる「働き方見直しコンサルティング」に定評がある。2児の母として子育てをしながら効率の良い働き方を実践。『6時に帰るチーム術』など著書多数。消費増税集中点検会合、内閣府「子ども・子育て会議」他複数公務を兼務。金沢工業大学客員教授。

内閣府 参事官(子ども・子育て支援新制度担当)

長田 浩志氏

【長田 浩志氏プロフィール】
(ちょうだ ひろし)平成2年4月 厚生省入省。滋賀県(出向)、厚生労働省雇用均等・児童家庭局、大臣官房会計課、社会保険庁(出向)、日本年金機構(出向)などを経て、平成24年9月より現職。小1の男の子と3歳の女の子の父親。

インタビュー

11/20(木)
12:45 -
14:45
ランチ・ミーティング[LM-2]

株式会社ワーク・ライフバランス 小室淑恵氏とのランチ・ミーティング
※参加費用3,000円(食事代込)が必要です。(特別会員は無料)


前回のランチ・ミーティングの様子

パネルセッションを終えたばかりの小室氏をゲストにお迎えし、限定30名によるランチ・ミーティングを開催します。パネルセッションの内容について質問したり、皆さんが抱えている課題についてアドバイスをお願いしたり……。小室氏と参加者の皆さんで女性活躍推進やワーク・ライフバランスについて考え、ディスカッションするための場です。少人数限定企画のため、お早めにお申込みください!

■参加費

3,000円 (『日本の人事部』特別会員の方は無料)

※事務局にて昼食をご用意いたします。
※参加料は、当日受付にてお支払いください。



株式会社ワーク・ライフバランス 代表取締役社長

小室 淑恵氏

【小室 淑恵氏プロフィール】
(こむろ よしえ)900社以上へのコンサルティング実績を持ち、残業を減らして業績を上げる「働き方見直しコンサルティング」に定評がある。2児の母として子育てをしながら効率の良い働き方を実践。『6時に帰るチーム術』など著書多数。消費増税集中点検会合、内閣府「子ども・子育て会議」他複数公務を兼務。金沢工業大学客員教授。



11/20(木)
13:45 -
14:45
特別講演[H-1]

人材・タレントマネジメントシステム導入・活用に、
失敗する理由・成功する鍵

人材・タレントマネジメントシステム導入で、成否を分けているものは何なのか。
・ パッケージと戦略(人材・タレントマネジメント)の関係。
・「 プロセスの効率化」と「戦略人事の遂行と質の向上」のバランス。
・ 真の「人材データの一元化」の認識と実現のためのハードル。
・ 意思決定につながる「可視化」に必要な要素。
を中心に、実際の成功事例・失敗事例を紹介しながら、ポイントを整理していきます。


インフォテクノスコンサルティング株式会社 セールス・マーケティング事業部長

大島 由起子氏

【大島 由起子氏プロフィール】
(おおしま ゆきこ)株式会社リクルート、Hewlett-Packard Australia LtdのAsia Pacific Contract Centreを経て、2004年より現職。企業の人材マネジメントにおけるIT活用推進の支援を行う。著書:『破壊と創造の人事』(楠田祐・共著) ディスカヴァー・トゥエンティワン

インタビュー

11/20(木)
13:45 -
14:45
特別講演[H-2]

産業医・心療内科医が教える本当のメンタルヘルス
―陥りがちな罠と今すぐ出来る対策―

ストレスチェックが法律により義務化され、企業側の対策がより一層重要になるメンタルヘルス対策。産業医(企業支援)と心療内科医(患者対応)という2つの役割をこなしつつ、社員のヘルスケアサービスを提供するベンチャーを経営する現役医師が、あるべきメンタルヘルス対策と企業が陥りがちな3つの罠について提示します。今からすぐに取り組める対策も提示し、実務に役立つ実戦的な人事責任者の方必見の講演内容です。


株式会社iCARE 代表取締役 共同最高経営責任者(産業医・一般内科医・心療内科医)

山田 洋太氏

【山田 洋太氏プロフィール】
(やまだ ようた)金沢大学医学部卒。沖縄県立中部病院、久米島の離島医療を経て2012年3月慶應義塾大学大学院経営管理研究科(MBA)修了。心療内科ではすでに1万名以上のメンタル患者と関わり、現在は産業医としても活動しながら株式会社iCAREの代表取締役も務める。ビジネスと医療を繋ぐメンタルヘルスのスペシャリスト。

インタビュー

11/20(木)
13:45 -
14:45
特別講演[H-3]

採用が変われば組織が変わる
~組織変革を加速させる「人材採用」の新たなカタチ~

300社を超える様々な業種規模の組織開発のコンサルティングを実施した中で、最も大きな変化を生み出す方法が「新卒採用」の抜本的変革でした。新卒採用の実行プロセス、選考方法を変えるだけで、優秀な人材を採用できるだけでなく、既存社員の意識や行動が変わる機会になります。組織をダイナミックに変革させ、収益の向上、離職率の低下、モチベーションの向上、関係性強化につながる新卒採用の新たなスタイルをお伝えします。


株式会社Legaseed 代表取締役 株式会社ジョブシミュレーション 取締役

近藤 悦康氏

【近藤 悦康氏プロフィール】
(こんどう よしやす)アチーブメント(株)勤務後独立。中小企業に年間2万名の応募を実現し、NHK、テレビ東京に取り上げられた常識を覆す人材採用と組織活性の仕組みを創る。業種規模問わず300社以上にコンサルティングを実施。研修受講生は延べ60,000名以上。独自開発した人材採用、育成のメソッドで数々の業績向上の実績をもつ。

インタビュー

11/20(木)
13:45 -
14:45
特別講演[H-4]

【経営者必見】500名以下の企業に必要なマーケティング人材育成法
「売上を倍増させる3つの視点」

売上を上げる人材を育てたい!と考える経営者は多くいます。しかし営業研修等を実施しても、ビジネス環境が大きく変わった今、それだけでは売上が上がりづらくなっています。この環境変化に対応するために現場のリーダーが、マーケティングを理解し、売上アップに必要な本質的な課題について自発的に取り組む文化を作ることが、企業存続に欠かせない要素です。本講演は、その実現のヒントをお伝えする経営者必見の講演です。


株式会社ミスター・エム 代表取締役 マーケティング人材育成コンサルタント

村松 勝氏

【村松 勝氏プロフィール】
(むらまつ まさる)広告代理店(株)電通ワンダーマン・ケイトージョンソン(現・電通ワンダーマン)を経て、2007年㈱ミスター・エムを設立。現在、マーケティング人材の育成を中心に活動中。主な書籍に丸善丸の内本店等にて週間ランキング1位の「儲ける会社!が知っている 結果の出るマーケティングのやり方・使い方(明日香出版社・2011年10月発売)」がある。

インタビュー

11/20(木)
13:45 -
14:45
特別講演[H-5]

中小・中堅企業必聴!「業績を回復させた企業に学ぶ人材マネジメントの有効方策」

2016年4月、労働時間でなく成果で給与を支給するホワイトカラーエグゼンプションが始まります。自立(律)して成果に責任を持つ社員の育成競争が本格化するのです。しかし現実は、管理職が高い目標を設定したがらない、次の管理職候補が育たない、若手社員が管理職になりたがらない、目標未達の常態化など厳しい状況です。こうした状況を打破した企業の鋭い着眼と有効方策を紹介しながら人材マネジメントのあり方を考えます。


株式会社日本経営システム研究所 代表取締役社長

中村 壽伸氏

【中村 壽伸氏プロフィール】
(なかむら ひさのぶ)学習院大学法学部卒業、銀行勤務を経て現職。20名クラスの小規模企業を上場企業に育て上げた実績多数。高業績、高労働生産性を実現させる、組織・人事の専門家。近著「経営者は昇進・昇格人材をどのように見分けているのか」(日本生産性本部・平成26年6月出版)など、著書・専門誌への論文多数。

インタビュー

11/20(木)
13:45 -
14:45
特別講演[H-6]

学生の入社意思を醸成する対話のデザイン
~15卒上位校学生調査に見る動機形成~

学生は就職活動を行う中で、どの様な情報に影響を受け、何を判断の軸として検討し、何を切っ掛けに自らの入社先を選択して行くのでしょうか?本講演においては2015卒上位校学生に対して行った調査結果を元に、学生の企業に対する印象が形づくられるプロセスや入社の意思決定を行う際の心理変化のプロセスを浮き彫りにし、企業がどの様にコミュニケーションを図って行くべきかについてお話させて頂きます。


株式会社マイナビ HRリサーチセンター HRM研究ユニット 主任研究員

神谷 俊氏

【神谷 俊氏プロフィール】
(かみや しゅん)2007年、同社に入社後は、多数の新卒採用のコンサルテーションに携わり、継続的な改善成果を残す。その後、人事領域全般のコンサルティングを行う部署を設立。現在は、同部署においてコンサルタントとして企業講演・研修へ登壇する一方で、同社リサーチ部門にて学生の心理変化に関する調査を主軸に研究を行っている。

インタビュー

11/20(木)
13:45 -
14:45
特別講演[H-7]

採用から雇用へ!!
障がい者雇用を通した組織改革と人材のマネジメント手法

障がい者雇用については、採用から定着へと課題が変化してきている企業様が少なくありません。課題解決には、障がい者の方にどのように活躍してもらえるかのマネジメントが重要な鍵となります。障がい者雇用を企業の競争力作りに活かしてきた弊社実例をもとに、障がい者人財と業務のアセスメント手法から人財活用による組織力強化の方法までをお話します。


株式会社フロンティアチャレンジ ※旧株式会社インテリジェンス・ベネフィクス 受託企画グループマネージャー

佐藤 謙介氏

【佐藤 謙介氏プロフィール】
(さとう けんすけ)新卒で(株)インテリジェンスに入社後、法人営業として企業の採用活動のサポートを行う。その後、独立を経て2010年より行政機関にて神奈川県内の障がい者雇用アドバイザーとして従事。2012年5月に(株)インテリジェンス・ベネフィクスに参加し、特例子会社の事業運営、また外部企業への障がい者雇用のアドバイスを行う。

インタビュー

11/20(木)
15:00 -
16:10
パネルセッション[H]

「リーダー論」に新たな波を起こす二人のキーパーソンが語る
“次代を担うリーダーに求められる条件”

グローバル化、IT化がスピードを増す現在、企業には激しい変化に柔軟に対応できる力が求められています。そのためには組織を引っ張っていくリーダーの存在が重要ですが、これからの時代を支えるリーダーには、どのような能力や行動が必要なのでしょうか。本セッションでは、ベストセラー『ストーリーとしての競争戦略:優れた戦略の条件』の著者で、組織や競争戦略の研究を通じて一流のビジネスリーダーを数多く知る一橋大学大学院教授の楠木建氏と、日本における「フォロワーシップ論」の提唱者のひとりで、次世代リーダー育成などに取り組む、日本ラグビーフットボール協会コーチングディレクターの中竹竜二氏が登壇。「リーダー論」に新たな波を起こしている二人のキーパーソンが、リーダーに求められる条件について熱いディスカッションを展開します。

楠木建先生の著書を20名様にプレゼント!
セッションに参加された方の中から抽選で20名様に、楠木先生編著による書籍『「好き嫌い」と経営』をプレゼントします!


一橋大学大学院 国際企業戦略研究科 教授

楠木 建氏

【楠木 建氏プロフィール】
(くすのき けん)1964年東京生まれ。専攻は競争戦略とイノベーション。企業が競争優位を構築する論理について研究している。一橋大学大学院商学研究科博士課程修了(1992)。一橋大学商学部専任講師、同大学同学部助教授、同大学大学院国際企業戦略研究科准教授を経て、2010年から現職。1997年から2000 年まで一橋大学イノベーション研究センター助教授を兼任。1994-1995年と2002年、ボッコーニ大学経営大学院(イタリア・ミラノ)客員教授を兼任。著書として『ストーリーとしての競争戦略:優れた戦略の条件』(2010、東洋経済新報社)、『経営センスの論理』(2013、新潮社)、『戦略読書日記』(2013、プレジデント社)、『「好き嫌い」と経営』(2014、東洋経済新報社)などがある。


(公財)日本ラグビーフットボール協会 コーチングディレクター
株式会社TEAM BOX 代表取締役

中竹 竜二氏

【中竹 竜二氏プロフィール】
(なかたけ りゅうじ)1973年、福岡県生まれ。早稲田大学入学後ラグビー蹴球部に入部。4年次には主将を務め全国大学選手権準優勝。卒業後渡英し、レスタ―大学大学院社会学部修了。01年株式会社三菱総合研究所入社。06年早稲田大学ラグビー蹴球部監督に就任し、07年度から2年連続で全国大学選手権を制覇。10年4月より日本ラグビーフットボール協会コーチングディレクターに就任。12年度はラグビーU20日本代表監督を兼任。日本における「フォロワーシップ論」の提唱者のひとりとして、次世代リーダーの育成・教育や組織力強化、成人向けの学びの環境づくりに貢献。企業コンサルタントとしても活躍中。主な著書に『自分で動ける部下の育て方—期待マネジメント入門』(ディスカヴァー新書)、『部下を育てるリーダーのレトリック』(日経BP)など。

11/20(木)
15:30 -
18:00
特別セッション[SS-4]

企業と大学でテーブルを囲んで語り合う
「2016年度新卒採用、企業・大学・学生はどう動くか?」 ※企業側のお申込受付は終了しました。大学キャリアセンターの方のお申込のみ受け付けています。


特別セッションイメージ

就活開始が後ろ倒しとなる2016年度、採用市場はこれまで以上に多様化する模様です。今回のセッションでは、新卒採用に関する4つのテーマを軸にテーブルを囲んで語り合います。議長は、それぞれのテーマに見識ある方を大学・企業からお招きし、各8名程度の少人数で開催します。それぞれが情報発信者として集い意見交換することで、創発的なアイデアが生まれ、次のチャレンジへつなげる――そんな場所になることを期待しています。各ミーティングを2ラウンドずつ開催しますので、第1ラウンド・第2ラウンド各1つずつご希望のテーマを選び、合計2ラウンドのミーティングにご参加いただけます。(第1・第2ラウンド共、内容は同じです)。当日の進行については、お申込み確定後に詳細をお知らせします。

■参加対象

企業の採用ご責任者、大学キャリアセンター

■定員

約30名 ※応募多数の場合抽選となります

■ミーティングテーマ&ファシリテーター

A. 学生(内定)~新人・若手の「キャリア形成」をいかに支援できるか
田中 潤氏(株式会社ぐるなび 執行役員 管理本部 人事部門長)
小島 貴子氏(東洋大学 理工学部生体医工学科 准教授)
B. 企業と学生、双方にとって本当に有意義な「インターンシップ」は実現するのか
木下 梨紗氏(日本GE株式会社 GE Capital 人事本部 HRマネージャー)
鈴木 正仁氏(首都大学東京 学生サポートセンターキャリア支援課キャリア支援係 インターンシップ担当係長)
C. 未来の活躍人材、見極めは可能?「自社らしく勝つ」ための採用戦略を考える
杉浦 二郎氏(三幸製菓株式会社 システムマネジメント部 人事課 課長)
服部 泰宏氏(横浜国立大学大学院国際社会科学研究院 准教授)
D. 複数内定をもつ学生に「選ばれる」会社とは。学生はいかに決断するのか
淡野 健氏(学習院大学 キャリアセンター担当事務長)
金丸 美紀子氏(テックファーム株式会社 コーポレート本部 人事部 部長)
田中潤氏 photo
田中潤氏
小島貴子氏 photo
小島貴子氏
木下梨紗氏 photo
木下梨紗氏
鈴木正仁氏 photo
鈴木正仁氏
杉浦二郎氏 photo
杉浦二郎氏
服部泰宏氏 photo
服部泰宏氏
淡野健氏 photo
淡野健氏
金丸美紀子氏 photo
金丸美紀子氏
11/20(木)
15:30 -
19:00
特別セッション[SS-5]

社員の「教養」を高めるために、人事はどうすればいいのか

最近はさまざまな場面で、ビジネスマンが「教養」を高めることの重要性について聞きます。前回の「HRカンファレンス」でも「人事担当者にとって必要な教養」をテーマにセッションを実施し、多くのご好評の声をいただきましたが、今回は第2弾として「社員の教養をどのように高めるのか」をテーマに取り上げます。「社員にどう説明すれば、教養の重要性を理解してもらえるのか」「具体的にはどんな教養が必要なのか」など、川上真史先生の講演と参加者によるディスカッションを通じて、3時間たっぷり「教養」について考えます。音楽、歴史、スポーツなど、さまざまな切り口から新たな知見も得ることができ、あなたの知的好奇心をきっと刺激するはず。人気企画のため、ご希望の方は早めにお申込みください!


ビジネス・ブレークスルー大学大学院 教授 / ボンド大学大学院 非常勤准教授 / 明治大学大学院グローバル・ビジネス研究科 兼任講師(社会心理学) / 株式会社タイムズコア 代表

川上 真史氏

【川上 真史氏プロフィール】
(かわかみ しんじ)京都大学教育学部教育心理学科卒業、産業能率大学総合研究所研究員、ヘイコンサルティンググループコンサルタントを経て、1997年よりタワーズワトソンコンサルタント。2005年4月よりビジネス・ブレークスル大学院大学専任教授、ボンド大学非常勤准教授。2013年4月より明治大学大学院グローバルビジネス研究科兼任講師。2003年~2010年早稲田大学文学学術院心理学教室非常勤講師。人事、人材領域のコンサルティング活動に加え、心理学的な見地からの新しい人材論についての研究、開発を行うことで、次世代の人材についての考え方も世の中に提唱する。主な著書に、『会社を変える社員はどこにいるか』『できる人採れてますか』『自分を変える鍵はどこにあるか』『コンピテンシー面接マニュアル』『仕事中だけうつになる人たち』『20代で大切にしておきたいこと』がある。


11/20(木)
16:25 -
17:25
特別講演[I-1]

企業が取り組むべき、ノンネイティブ・コミュニケーション時代のビジネス英語とは

グローバル化が進み、英語を母国語としないノンネイティブ同士のコミュニケーション機会が増加しています。またIT技術の進化に伴い、テレビ会議・電話会議などが増え、英語でのコミュニケーションを難しくする要素も増えてきています。本講演では、ビジネスミーティングにおける英語コミュニケーションに関する調査から見えてきた課題や事例と共に、人事が今後取り組むべき、社員のスピーキング力アップのヒントをご紹介します。


一般財団法人国際ビジネスコミュニケーション協会 IP事業本部長

安藤 益代氏

【安藤 益代氏プロフィール】
(あんどう ますよ)国際ビジネスコミュニケーション協会におけるTOEICプログラムの企業・学校向けマーケティング、普及、実施責任者として、企業・学校におけるリスニング、リーディング、スピーキング、ライティング4技能の測定とグローバル人材育成をサポート。17年の国際教育、学校経営コンサルティング経験を持つ。

インタビュー

11/20(木)
16:25 -
17:25
特別講演[I-2]

自主自立型人材を育成する新研修プログラム
~新人・若手の行動変容を習慣化する秘訣~

会社の未来を担う新人・若手を、どうしたら「自ら考え、自ら動き、自ら目標達成できる」人材に育成することができるのか。本講演では、弊社が28年間研究してきたノウハウをもとに体系化した「入社から3年間で会社を背負う『自主自立型人材』へと育てていくための育成モデル」と「研修効果は続かないという常識を打ち破る新しい研修メソッド」をご紹介させていただきます。


アチーブメント株式会社 組織変革コンサルタント / マネジャー

和泉 大氏

【和泉 大氏プロフィール】
(いずみ ひろし)大学卒業後、文化系NPO・環境系ベンチャーを経て大手上場IT企業に入社。入社後わずか10ヶ月、当時グループ最年少で子会社の取締役に就任し、経営者として組織作りに携わる。アチーブメント入社後は、管理職層の意識改革や理念浸透のコンサルティングを手掛けるほか、自ら研修講師として新人・若手の育成を担当している。


11/20(木)
16:25 -
17:25
特別講演[I-3]

5年先・10年先を見据えた賃金制度の見直し方
~具体的な見直し例を複数ご紹介~

足元の景気や企業業績は好調ではあるものの、5年先・10年先の将来を見据えると、「少子高齢化」という構造的問題によって日本経済や日本企業を取り巻く環境は非常に厳しくなると考えられます。この少子高齢化という現象が企業の人事的側面に及ぼす影響は、極めて大きいものがあります。本講演では、中長期的な観点からの持続的経営に資する賃金制度のあり方について、複数の具体例を交えながら解説いたします。


株式会社新経営サービス 人事戦略研究所 シニアコンサルタント

岩下 広文氏

【岩下 広文氏プロフィール】
(いわした ひろふみ)国内事業会社にて人事・総務等の実務に従事。その後、人事アウトソーシング会社及び外資系大手コンサルティングファームにて人事コンサルティング業務に従事した後、現職。人事コンサル歴は11年超であり、人事制度構築や退職金制度設計だけでなく、組織・人事面における幅広いテーマでのコンサルティング経験を有する。

インタビュー

11/20(木)
16:25 -
17:25
特別講演[I-4]

組織の課題は、社員の健康管理から!
心身共に健康に働くための正しいランチ支援とは?

現在、健康的な組織づくりに取り組む企業が増えています。毎日の昼食は、身体はもちろん心の健康面においても大変重要です。福利厚生食事券「チケットレストラン」は、ランチの重要性を認識し、低予算で昼食補助をしたいと考える企業様の、「食堂」に代わる理想的なソリューション。働く皆様のランチパートナーです。ヨーロッパでの企業の食への取り組みを元に、日本でも起こりうる問題や対策を事例を踏まえてご紹介いたします。


株式会社バークレーヴァウチャーズ CEO / 代表取締役

ローラン・ガシェ氏

【ローラン・ガシェ氏プロフィール】
(ローラン ガシェ)フランス出身、フランスINSEADのAMP卒。フランスとラテンアメリカにて、ユニリーバ、Accorグループ、Edenred社などのグローバル企業で、エンジニアリング、プロジェクトマネージャー、購買マネージャー、ビジネス開発、CFO、およびCEO等 数々のエグゼクティブを経験。2012年7月より現職。

インタビュー

11/20(木)
16:25 -
17:25
特別講演[I-5]

人事の生産性向上に向けたBPO活用術 経験豊富なアウトソーサーを使い倒す

人事制度やプロセスは個社によって異なるものであり、いくら標準化を進めても統一できるものではありません。つまり、完全な標準化は無理ということを前提に、アウトソーサーの標準機能やプロセスをどれだけたくさん取り込んでいけるかが生産性向上のカギになります。アウトソーサーは何百社という経験を通じて多種多様な企業の制度・プロセスに精通しています。アウトソーサーを上手に使って生産性向上を図る方法を解説します。
(協賛:HOYAサービス株式会社)


エイチアールワン株式会社 代表取締役社長

武谷 啓氏

【武谷 啓氏プロフィール】
(たけや けい)1986年4月 住友信託銀行入社 福岡支店
1990年4月 通商産業省出向
1992年4月 住友信託銀行 東京中央営業部
1994年6月 住友信託銀行 人事部
2002年5月 人事サービス・コンサルティング株式会社 代表取締役社長
2009年10月 エイチアールワン株式会社 代表取締役社長

インタビュー

11/20(木)
16:25 -
17:25
特別講演[I-6]

現場担当が主導で進めた、人事の業務改革!ITを活用した取り組み方とは

人事戦略上、人事情報をしっかり整備して人材の適材適所を実現することは不可欠。現場で有効活用できる人材データベースの構築は、経営の基盤でもあります。本講演では、システムの老朽化に伴う手作業の増大、法改正・内部統制対応、タレントマネジメントなどの課題に、人事部門がいかにして課題を洗い出し、劇的な業務効率の改善を実現していったのかを、実際に改革に携わった部門責任者をお招きしてご紹介します。


C&Cビジネスサービス株式会社(JBCCホールディングス グループ企業) 執行役員 人事総務担当

小野 勝氏

【小野 勝氏プロフィール】
(おの まさる)日本ビジネスコンピューター株式会社(現JBCCホールディングス株式会社)入社後、人事部門にて社員研修の企画・実施。その後、採用・人事制度構築等人事業務全般に従事。現在は人事総務全体の責任者としてグループ全体の人事総務業務のサポートを行うと共に、コーポレートスタッフとしてグループ人事総務施策に従事。


スーパーストリーム株式会社 マーケティング企画部 技術支援課

中井 雄一郎氏

【中井 雄一郎氏プロフィール】
(なかい ゆういちろう)エス・エス・ジェイ株式会社(現スーパーストリーム株式会社)入社後、マーケティング部門にてSuperStream会計・人事給与の販促企画およびアライアンス企画に従事。現在は技術支援課にて、人事給与システムのスペシャリストとして様々な企業へ提案活動を行う。

インタビュー

11/20(木)
17:40 -
19:00
基調講演[I]

少子高齢化社会、労働力減少時代に必要な働き方とは
~がんと向き合いポジティブに仕事をしてきた経験から考える~

2005年に大腸がんを摘出、肺や肝臓への転移を経て4度の手術を行った、鳥越俊太郎氏。闘病の経過を自らレポートし、医療のあり方について提言してきたほか、70代となった現在も体を鍛え、健康を維持しています。そのポジティブな生き方や働き方は多くの人たちに勇気を与えていますが、鳥越氏はどのようにがんと向き合ってきたのでしょうか。また、なぜこれほど精力的に仕事をこなすことができるのでしょうか。本講演では、「がんになったら仕事はどうするのか」「闘病から復帰後の仕事の仕方とは」など、鳥越氏が自らの経験に基づく考えを紹介。今後労働力が減少していく中で、「社員が病気や家族の介護で職場を離れることになったらどうすればいいのか」「職場復帰後はどのような点に注意すべきなのか」など、企業の重要課題について会場の皆さんと共に考えます。


ジャーナリスト

鳥越 俊太郎氏

【鳥越 俊太郎氏プロフィール】
(とりごえ しゅんたろう)1940年3月13日生まれ。福岡県吉井町(現うきは市)出身。京都大学文学部卒業後、毎日新聞社に入社。新潟支局、大阪社会部、東京社会部、「サンデー毎日」編集部に所属し、外信部(テヘラン特派員)を経て1988年4月より「サンデー毎日」編集長。1989年に退職して以降、テレビ朝日系列「ザ・スクープ」「サンデージャングル」でキャスターを務めるなど、テレビメディアに活動の場を移した。2005年、ステージ4の大腸がんが発覚、肺や肝臓への転移を経て4度の手術を行った。2010年から始めたスポーツジムに加え2012年にはホノルルマラソン完走を果たすなど健康的なライフスタイルを貫いている。現在もさまざまなメディアで「ニュースの職人」として活躍中。


※プログラムは予告なく内容などを変更することがございますので、予めご了承ください。

本カンファレンスに関するお問合せ
  • 日本の人事部「HRカンファレンス」事務局
  • 〒107-0052 東京都港区赤坂4-1-30 AKABISHI-2ビル
  • E-mail:hrc@jinjibu.jp
プライバシーマーク